映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

阿部花映ヨーグルト研究家の経歴|勤務先やお店と年齢から死のうとした過去まで大調査

阿部花映の顔画像

2020915日、20572200TBS系で、『マツコの知らない世界』が放送される予定です。

これまでに、いろんなジャンルのプロが紹介されてきた、『マツコの知らない世界』。

今回、取り上げられるのは、阿部花映さんという女性で、ヨーグルト研究家とのことでした。

ふだんの生活に欠かせないヨーグルトだけに、どういう女性なのかが気になって来ますよね。

そこで、阿部花映さんの経歴を調べてみました。

勤務先やお店はどこで、年齢はいくつなのでしょうか。

また、阿部花映さんには、なんと、死のうとした過去もあったといいますから、こちらも確認していきたいと思います。

1.阿部花映ヨーグルト研究家の経歴と年齢

『マツコの知らない世界』は、2020915日、20572200TBS系において、放送されることになっています。

MCはマツコ・デラックスさん、ゲストは、阿部花映さん、くぱぱさん、くままさんでした。

今回、取り上げられるのは、ヨーグルトの世界とロボットペットの世界。

このうち、ヨーグルトの世界で登場するのが阿部花映さんです。

ヨーグルトの世界で登場するだけあって、阿部花映さんはヨーグルト研究家。

そこで、そんな阿部花映さんのプロフィールを見ていきましょう。

阿部花映さんは、徳島県の出身で、2020年現在の年齢は、38歳です。

芸能人ではないため、当たり前ですが、生年月日は明らかになっておりません。

最終学歴は、東京農業大学卒業でした。

阿部花映さんは、食品関係メーカーに就職したものの、その後、レストラン運営会社に転職することになります。

実は、阿部花映さんは、まだ中学生だったころから、ヨーグルト専門店を開店することを夢見ていたといい、そのために転職したとのこと。

その後、念願のヨーグルト専門店を開店することを実現させたものの、会社員もしているという、二足の草鞋状態なのだとか。

さらに、腸内環境セミナーを開催していて、地元・徳島県の名物である阿波踊りにも関わっていました。

阿波踊りについては、もともと郷土愛が強く、徳島県をアピールしたいという想いから、ふるさと納税からスタートし、東京都内で活動している阿波踊りの団体を知って、するようになったといいます。

こうしたプロフィールを見る限りにおいては、阿部花映さんは、そうとう積極的な感じの女性だったようですね。

なお、阿部花映さんが勤務している会社、そして開店したヨーグルト専門店については、次でくわしく見ていくことにいたします。

2.阿部花映ヨーグルト研究家の勤務先

食品関係メーカーに就職した後、レストラン運営会社に転職していた、阿部花映さん。

それでは、現在の勤務先であるレストラン運営会社とは、どこだったのでしょうか?

阿部花映さんが勤務していたレストラン運営会社とは、株式会社クリスプでした。

株式会社クリスプは、2014年創業で、設立者は宮野浩史さん。

東京都港区三田1-1-12 レジディアタワー麻布十番905にあります。

運営しているレストランは、CRISP SALAD WORKSというお店でした。

経験よりデータを重視した経営、電子レンジで冷凍食品を温めて出さないといった、独特の経営理念を持っています。

このような会社であれば、阿部花映さんも、ヨーグルト専門店の開店をめざすうえで、大変、勉強になったことでしょう。

3.阿部花映ヨーグルト研究家のお店

では、阿部花映さんが開店させたお店とは、どういうところだったのでしょうか。

阿部花映さんは、Dear Mechnikovというお店を開店していました。

Dear Mechnikovは、東京都台東区浅草橋3-10-8 Little Japan 1Fにあります。

さすがヨーグルト研究家のお店で、なにかとこだわりは多かったようでした。

まず、原材料はミルクと乳酸菌だけで、よけいな成分は使用せず、もともとの素材の味を追求していたのです。

素材も、牛乳、豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクと、4種類。

さらに、お客の腸内環境を重視して、乳酸菌も4種類という徹底ぶりでした。

ここまでヨーグルトのことを考えているお店であれば、まず、来店して損をすることはないとみていいでしょう。

阿部花映さんには、今後とも、株式会社クリスプでも活躍しつつ、Dear Mechnikovでもさらにヨーグルトを追求していってほしいものですね。

4.阿部花映ヨーグルト研究家の死のうとした過去

阿部花映さんは、株式会社クリスプで活躍しながら、Dear Mechnikovも運営しているという、そうとうな働きぶりです。

が、一方で、阿部花映さんには、死のうとした過去もあったといいますから、ビックリですよね。

いったい、阿部花映さんに何があったのでしょうか。

実は、阿部花映さんは、親子関係がうまくいっていなかった時期があって、高校時代に、あらゆることへの意欲を失ってしまい、死にたいと思ってしまったとのこと。

しかし、結局、親と離れ、高校も辞めたうえで、大検に合格し、東京農業大学に入学したのでした。

大変だったとは思いますが、今日の阿部花映さんがいるのも、このときの努力のたまものでしょうから、今後もこの経験を生かしてほしいと思います。


阿部花映さんは、ヨーグルト研究家の名に恥じない、熱心な女性でした。

これからのさらなるヨーグルト研究が楽しみですね。

関心を持った方は、『マツコの知らない世界』のヨーグルトの世界をぜひ、視聴してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です