半沢直樹が一挙配信中!今なら2週間無料で視聴!詳しくはこちら!

明石ガクトの経歴学歴|ワンメディアの事業内容や会社の場所|年収や嫁と子供の有無を調査

今回は、会社経営者の明石ガクトさんについて、ピックアップしていきたいと思います。

会社経営者とくれば、どうしても経歴や学歴は気になってくるわけですが、明石ガクトさんの場合は、どうなっていたのでしょうか?

明石ガクトさんが経営する会社はワンメディアといいますので、その事業内容はどのようなものなのか、会社の場所はどこにあったのかも調べてみました。

また、会社経営者であれば、やはり年収がどれくらいあるのかは見逃せませんから、こちらもチェックしていきましょう。

さらに、この記事では、明石ガクトさんの嫁と子供など、プライベートにも迫ってみました。

[the_ad id=”3395″]

1.明石ガクトの経歴

明石ガクトさんは、1982年、静岡県の出身で、2020年現在の年齢は、38歳となっています。

生まれた月日までは、残念ながら、分かっていませんでした。

ネーミング的に、実名ではないのではないかと思いましたが、やはり本名は「明石岳人」といって、読みだけはいっしょだったのですね。

会社経営者で、実名以外の名称を表記しているのは、きわめてめずらしいパターンだといえるでしょう。

もっとも、明石ガクトさんがどうしてそうしているのかという理由については、判明しておりません。

ちなみに、明石ガクトさんの趣味はサウナに行くことだそうで、このことによって、ビジネスの疲れを解消しているとのことでした。

上京して、大学を卒業したのち、エキサイトに就職したという明石ガクトさんは、大学時代の後輩といっしょになって、2014年に、スポットライトという会社を設立して、独立。

その後、スポットライトは、ホワイトメディアを経て、ワンメディアと改称して、現在に至っています。

若干、30歳くらいで起業して、現在まで第一線で活躍していたとは、明石ガクトさんは、生まれつき、よほど経営の才覚に恵まれていたのでしょう。

これからも、明石ガクトさんの事業のほうがうまくいけばいいですね。

2.明石ガクトの学歴

そんな明石ガクトさんですが、これまでに通ってきた学校がどこだったのかは、分かっていたのでしょうか?

小学校、中学校、高校については、分かっていませんでした。

ところが、大学は上智大学だったといいます。

そうとうな高学歴ですから、高校の偏差値も高かったのでしょうし、ひょっとしたら、小学校や中学校も名門私立とかだったのかもしれませんね。

ちなみに、上智大学からは、著名人がたくさん出ていました。

政治家では、細川護熙元首相。

歌手では、青山テルマさん。

タレントでは、阿部亮平さん、岡本圭人さん、マリウス葉さん、西田ひかるさん。

アナウンサーでは小林麻央さん。

俳優、女優では、ジュディ・オングさん、吉田鋼太郎さんなど。

こうした人たちと母校がいっしょだなんて、明石ガクトさんがうらやましいですね。

3.明石ガクトのワンメディアの事業内容や会社の場所

続いては、明石ガクトさんが経営しているワンメディアについても、見てまいりましょう。

すでにお伝えしました通り、ワンメディアは、明石ガクトさんが、エキサイトから独立後、2014年に、スポットライトとして設立され、以後、ホワイトメディア、ワンメディアと改称されて、6年、運営されています。

そんなワンメディアの資本金は、なんと、2億823万6000円。

零細企業ではなく、大きな企業のようですね。

気になる事業内容のほうは、ソーシャルエンタメコンテンツの企画・制作・配信、インフルエンサーネットワーク事業となっていました。

何やらむずかしそうに聞こえますが、ようは、IT、動画関係のビジネスだそう。

なお、明石ガクトさんは、動画界のカリスマとの異名を持っているといいますので、経営者としては、そうとうなやり手のようですよ。

ワンメディアのコンセプトは、新しい動画産業を作るというものらしいですが、明石ガクトさんならできるに違いありません。

そんなワンメディアの会社の場所は、東京都目黒区中目黒1-9-3。

立地もとてもいいといえるでしょう。

4.明石ガクトの年収や嫁と子供

これだけすばらしい活躍をしていた明石ガクトさんは、年収のほうはどうなっていたのでしょうか?

本人が明かしていなかったため何とも言えませんが、ワンメディアの資本金は2億823万6000円ですから、おそらく、数千万円はいっているとみていいでしょう。

一方、明石ガクトさんの嫁や子供も気になりますが、どうなっていたのでしょうか。

嫁に関するくわしい情報はありませんでしたが、本人が結婚していたと語っていたため、離婚していなければ、いることはたしかなようですね。

子供の有無までは分かりませんが、結婚している以上、いる可能性はあるでしょう。

[the_ad id=”3395″]

 


以上、明石ガクトさんについてご紹介してきましたが、そうとうな実業家だといえるでしょう。

新型コロナウイルスで外出できないなか、動画は必要不可欠なコンテンツの代表格。

それだけに、明石ガクトさんの今後のさらなる活躍を期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です