TENTIALのマスク|仕事用マスクの決定版が購入可能になりました

文音(あやね)の女優経歴とプロフィール|所属事務所や出演映画とドラマを調査

あなたは女優の文音(あやね)さんのことをご存知でしょうか?

 

実は、文音(あやね)さんは、ただの女優というわけではなく、超有名ミュージシャンの娘というプロフィールを持つ女性なのでした。

それはそうと、そんな文音(あやね)さんがどういう経歴の持ち主だったのかがとても気になりますよね。

そこでさっそく、文音(あやね)さんについて、いろいろと調べてみました。

また、この記事では、文音(あやね)さんの所属事務所がどこなのか、女優としてこれまでに出演してきた映画とドラマにはどういった作品があったのかもご紹介していきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

【関連】

1.文音(あやね)の女優経歴とプロフィール

文音(あやね)さんは、1988317日、東京都の出身で、20207月現在の年齢は、32歳となっています。

実は、文音(あやね)さんは芸能人一家の出身で、父親はシンガーソングライターの長渕剛さん、母親は女優の志穂美悦子さん、弟はシンガーソングライターの長渕蓮さんなのでした。

なお、長渕剛さんは俳優としても活躍していますので、本人も含めれば、家族に俳優、女優が3人もいることになります。

特技は、英語、クラシックバレエ、乗馬、ダンスで、特殊小型船舶操縦士の資格を取得していました。

そんな文音(あやね)さんは、英語に関心が強く、中学、高校時代には英語を専攻し、とくに高校時代には、スピーチコンテストで全国大会に出場するという快挙も達成しています。

やがて、明治学院大学国際学部を卒業した文音(あやね)さんは、その後、演劇の道へ。

2008年、映画『三本木農業高校、馬術部』にいきなり主演というかたちで出演したことによって、はなばなしい女優デビューを飾りました。

これによって、日本アカデミー賞新人俳優賞、報知映画賞新人賞を受賞し、女優として本格的に活動していくこととなったのです。

さらに、文音(あやね)さんは、演劇に対してストイックで、アメリカに留学までして、ニューヨークフィルムアカデミーacting for filmコースを卒業までしました。

その後、2014年から、現在の文音名義で活躍しています。

父親が長渕剛さんというだけでもすごいですが、あくまで本人の実力でこれだけの実績を挙げてきたのが分かるのが、実にすばらしいことでしょう。

なお、これまでに文音(あやね)さんが出演してきた映画、ドラマについては、後ほど、あらためてお届けしてまいります。

2.文音(あやね)の所属事務所

芸能人といえば、所属事務所がどこなのかも気になって来ますよね。

文音(あやね)さんの場合、どこに所属していたのでしょうか?

調べてみましたが、めずらしいことに、文音(あやね)さんのホームページに記載はなく、不明となっていました。

ひょっとしたら、個人事務所ということもありそうですね。

なお、文音(あやね)さんは、かつてはプロダクション尾木に所属していました。

プロダクション尾木に所属している芸能人には、石坂浩二さん、華原朋美さん、草刈麻有さん、小嶋陽菜さん、城之内早苗さん、高橋みなみさん、仲間由紀恵さん、峯岸みなみさん、宮澤エマさんなどがいます。

また、過去には、工藤静香さん、布施明さん、渡辺麻友さんなども所属していました。

 

3.文音(あやね)の出演映画

文音(あやね)さんがこれまでに出演してきた映画についても、確認していきましょう。

デビュー作は、先ほどもご紹介しましたように、2008年の『三本木農業高校、馬術部』。

その後、2012年には、『FASHION STORY -Model-』。

2015年には、『KIRI –「職業・殺し屋。」外伝』、『コンビニ夢物語』。

2016年には、『梟』、『八重子のハミング』、『イタズラなKiss THE MOVIE』。

2017年には、『イタズラなKiss THE MOVIE 2』。

2018年には、『ばぁちゃんロード』、『おみおくり』に出演。

そして2020年には、『いけいけ!バカオンナ』に出演予定となっていました。

なお、『三本木農業高校、馬術部』、『ばぁちゃんロード』、『いけいけ!バカオンナ』では主演となっています。

これからも文音(あやね)さんの出演作が拝めるのが楽しみでなりませんね。

 

4.文音(あやね)の出演ドラマ

続いては、文音(あやね)さんが出演してきたドラマです。

デビュー作は、2010年の『99年の愛~JAPANESE AMERICANS~』。

続いて、2011年には、『コヨーテ、海へ』、『シマシマ』。

2012年には、『D×TOWND×TOWN 特別篇 第二弾・痕跡や』。

2014年には、『SAKURA~事件を聞く女~』。

2017年には、『Home Sweet Tokyo』に出演しています。

なお、2020年には、『病室で念仏を唱えないでください』にも出演しました。

文音(あやね)さんは、映画だけではなく、ドラマも順調なようで、何よりですね。

【関連】

文音(あやね)さんは、このように、映画やドラマで大活躍を見せていました。

これからもきっと、すばらしい演技を見せてくれることでしょう。

主演映画『いけいけ!バカオンナ』も見逃さないようにしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です