引地洋輔(ひきちようすけ)の現在|結婚相手と子供の名前や顔画像からラジオと復興活動まで調査

引地洋輔のアップ画像

今回は、RAG FAIRのメンバーとして知られている引地洋輔さんについて、ピックアップしていきたいと思います。

引地洋輔さんとは、どのようなプロフィール、経歴だったのでしょうか?

結婚相手の奥さんや子供についても、名前や顔画像などを調べてみました。

一方、そんな引地洋輔さんの現在の仕事も気になりますよね?

ラジオや福島における復興活動とは…?

それではさっそく、これら引地洋輔さんに関する話題を見ていきましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/rag-fair-member-genzai/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/tsuchiyareo-ragfair-genzai/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/araikenichi-kekkon-kodomo/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/katouyoshiyuki-genzai-kekkon/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/okumuramasayoshi-okkun/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/kanoutakamasa-ragfair-genzai/]

1.引地洋輔のプロフィールと経歴

RAG FAIRといえば、日本を代表するアカペラグループとして、とてもよく知られている存在です。

『力の限りゴーゴゴー』の『ハモネプ』への出演によって、おおいにブレイクしました。

RAG FAIRの2019年5月現在のメンバーは、土屋礼央さん、引地洋輔さん、荒井健一さん、加藤慶之さんからなります。

脱退したメンバーとしては、さらに、加納孝政さん、奥村政佳さんがいました。

奥村政佳さんは、2019年、参院選出馬のためにRAG FAIRを脱退して、話題に。

そんななか、今回取り上げる引地洋輔さんとは、いったい、どういったプロフィール、経歴の持ち主だったのか、ご確認ください。

引地洋輔さんは、1978年3月20日、福島県出身の41歳

身長は170センチ、体重は54キロ、血液型はB型です。

RAG FAIRには結成時から在籍して入り、リーダーを務めています。

担当はベース

また、絶対音感を持っているということでも、有名な人物なのでした。

ちなみに、最終学歴は埼玉大学教養学部卒業ですが、RAG FAIRとしてデビューしてからも在学していたため、卒業するまでに8年もかかってしまったという、そうとうな苦労人でもあったのですね。

そんな引地洋輔さんといえば、あのトイレが好きだという、変わった趣味の持ち主としても知られています。

なんと、日本トイレ協会なる組織のメンバーだったといいますから、おどろきですよね。

調べてみなければ、人間も分からないものです。

2.引地洋輔の結婚相手や子供は?

RAG FAIRのメンバーとして、結成時から活躍してきた、引地洋輔さん。

歌手としての活動ももちろんですが、プライベートのほうもとても気になってきますよね?

そのなかでもとくに結婚相手の奥さんはいるのかどうか、そして、いるなら子供は生まれているのかどうかも、とても知りたいところでしょう。

そこでさっそく、引地洋輔さんの家族について調べてみました。

実は、引地洋輔さんは既婚者でした。

年齢的に当たり前でしょうが、芸能人だけに、興味深いですよね。

引地洋輔さんが奥さんと結婚したのは、2012年のこと。

お相手は一般人だったそうで、あいにく、名前や顔画像は不明でした。

子供に関することも出てきません。

RAG FAIRのメンバーには、子持ちの人もいるため、生まれていないのでしょうか?

本当はいるのに、あえて伏せている可能性もありそうですけどね。

3.引地洋輔の現在の仕事は?

RAG FAIRの引地洋輔さんは、2001年のデビューですから、かなりベテランの域ですよね。

これはRAG FAIRメンバー全員に言えることですが。

肝心のRAG FAIRの露出はだいぶ減りましたが、現在の仕事はどうなっていたのでしょうか。

引地洋輔さんは、ミュージシャンだけではなく、ラジオパーソナリティーとしても活躍していました。

2018年4月から、NHK福島ラジオ第1の『こでらんに5』で、火曜日を担当していたのですね。

引地洋輔さんは、「ふくしまSONGS」という、福島の音楽を紹介するコーナーで活躍していました。

福島のミュージシャンやライブを取り上げたり、番組にゲストを呼んだりもするとか。

なお、福島といえば、引地洋輔さんは、まったく異なった点でも関わっていたようですよ。

このことについては、次でご確認ください。

4.引地洋輔の福島復興活動が凄い

RAG FAIRの引地洋輔さんの出身地である福島といえば、2011年の東日本大震災の爪痕がいまだに残っていますよね。

多くの著名人が福島において復興活動にたずさわってきたのは、記憶に新しいところです。

さて、引地洋輔さんも、福島出身者ですので、その1人だったというわけなのでした。

復興活動といってもピンキリですが、引地洋輔さんの場合は、自身の故郷でもあるため、かなり本格的なもの。

まずは、ミュージシャンとして、『福島フェス』という福島PR音楽イベントに参加していました。

さらに、WAEチャリティープロジェクトという金銭面での支援活動にも携わっていたのです。

引地洋輔さんみたいな著名人がかかわってくれれば、福島の被災者もさぞかし心強いことでしょう。

これからもさらに故郷の復興活動に尽力してほしいですよね。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/rag-fair-member-genzai/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/tsuchiyareo-ragfair-genzai/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/araikenichi-kekkon-kodomo/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/katouyoshiyuki-genzai-kekkon/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/okumuramasayoshi-okkun/] [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shounenki.jp/kanoutakamasa-ragfair-genzai/]

ということで、今回は、RAG FAIRの引地洋輔さんに関する情報をお届けしてまいりました。

引地洋輔さんは、ずいぶん注目すべき点が多い人だったのですね。

とくに、福島の復興活動はすばらしいものがありましたが、これからも公私ともに、引地洋輔さんの活躍を見守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です