無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

岩橋玄樹のキンプリ復帰時期はいつ?現在の症状や様子と目撃遭遇情報を調査

岩橋玄樹のロゴ画像

King & Princeといえば、2018年にデビューしたジャニーズ事務所の6人組大人気アイドルグループ。

 

デビュー曲であるシンデレラガールは、センター平野紫耀君が主演を務めるドラマの主題歌となり、発売当日だけで30万枚以上を売り上げ、現在に至るまで累計80万枚以上のセールスを記録しています。

そんなKing & Princeですが、デビューした年の年末、メンバーである岩橋玄樹君が休養することを発表します。

数ヶ月後に復帰することとなったのですが、復帰発表の直後、すぐに復帰を取り消す発表がなされるなど二転三転しました。

現在も岩橋君は休養したままで、今は5人での活動を続けています。ファンが気になる岩橋君の現在はどのようなものなのでしょうか。

1.King & Prince岩橋玄樹とはどんな人物?

King & Prince2018年にメジャーデビューしたジャニーズ事務所の6人組グループです。

デビューの際hレコード会社であるユニバーサルミュージックに新レーベル「Johnnys’Universe」を設立し、破格の対応でデビューしました。

King & Princeは、平野紫耀、永瀬廉、高橋海人からなるMr.Kingと岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹からなるPrinceという二つのグループが合体してできたグループ。

元々Mr.King vs Mr.Princeとして期間限定で結成され、その後3人と3人に分かれ活動することとなります。

センターである平野君が前社長であるジャニー喜多川社長にデビューさせてほしいと直談判しに行こうと提案。その際デビューするなら6人がいいという希望をジャニー社長が叶える形となりました。

ザ・ジャニーズらしいキラキラアイドル王道路線でデビューを果たしたのですが、その中でも岩橋君はちょっとクセのあるキャラ。

その発言や行動により不思議な人だと思われがちですが、誰よりもアイドルに誇りを持ち、プロ意識が高く、グループのアクセントとなる存在です。

ジャニーズジュニア時代はMojyoの「恋人にしたいJr.ランキング1位」(実質人気ランキング)を5年連続獲得し、見事殿堂入りを果たしています。

現在ジャニーズ事務所の副社長を務める滝沢秀明氏も、自身の引退前のラジオでKing & Princeに触れ、キンプリのバランスには岩橋君の立ち位置がとても重要だと話していました。

2.パニック障害を告白

201810月に岩橋君は自身がパニック障害を患っていることを告白し、11月初旬から活動を休止することを発表しました。

同時期に放送されたドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」の中では、自身の口で説明。

小学生の頃からジャニーズということでいじめに合い、感情のコントロールが上手くできなくなっていたそう。

パニック障害の症状は仕事を始めてからではなく、子供のころからだったといいます。

感情のコントロールが上手くできないことは、メンバーの神宮寺君だけが知っており、色々と助けてもらったと仲間への感謝の言葉も述べていました。

 

3.復帰を発表するもすぐに取り消し

201811月から活動を休止していた岩橋君ですが、20192月、徐々にではありますが一時活動を再開すると発表します。

翌月3月に発売されるセカンドシングルへも参加する予定でしたが、2月の下旬、活動再開を取り消し、引き続き加療すると発表されます。

再度不安定な状況に陥ったためであると発表されましたが、この時期、とある週刊誌が岩橋君と知人の外国人男性が、立ち寄ったコンビニで店員とトラブルとなり、警察沙汰になっていたことを掲載。

そのことが大きな原因ではないかと噂もあり、ファンは不安な日々を過ごしていました。

 

4.メンバーの誕生日にメール

休養を発表してから、結果現在に至るまで、岩橋君の復帰の発表はなく目途も立っていません。

デビューから岩橋君休養までの日々よりも、岩橋君が休養してから現在までの日々の方が長くなってしまい、お茶の間はすっかり5人のKing & Princeを見慣れてしまいました。

岩橋君が姿を現すことはなく、SNSの目撃情報もどれも信憑性があるものはありません。

ですが、メンバーである永瀬廉君が、自身のラジオで岩橋君の話をしてくれました。永瀬君の誕生日、0時ぴったりに岩橋君から誕生日おめでとうとメールが来たとのこと。

またジャニーズジュニアである少年忍者の青木滉平君も、誕生日に岩橋君からメールをいただいたと雑誌で告白。

ファンの前にはまだ姿を見せてはくれませんが、メンバーや後輩たちとの交流は相変わらず順調に続いているようです。

上手く付き合っていかなくてはならないというこの病気。岩橋君には焦ることなく復帰時期を見極め、無理のない活動ができるようサポートしてあげてほしいと思います。


パニック障害は短期間で完治するような病気ではないといいます。岩橋君幼少期からこの病気を付き合っているため、長期間に渡り苦労したことでしょう。

仕事は休養することになりファンは寂しい思いをしていると思いますが、焦ることなくじっくりと治療することが大切ですので、騒ぐことなく見守ることが重要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です