キングヌー(King Gnu)メンバーの経歴学歴|名前や出身地とパート楽器から人気代表曲を調査

キングヌーのメンバーの画像バンド

2019年の『NHK紅白歌合戦』といえば、注目すべき初出場組が目立っていて、例年に増して、放送されるのが待ちきれませんよね。

さて、今回は、そんな『NHK紅白歌合戦』初出場組のなかから、キングヌー(King Gnu)をピックアップしていきたいと思います。

名前を聞いたことがある方はたくさんいることと思いますが、いったい、キングヌー(King Gnu)とは、どのようなアーティストだったのでしょうか。

それでは、キングヌー(King Gnu)のプロフィール、メンバーの経歴、名前、出身地、パート楽器、学歴、キングヌー(King Gnu)の人気代表曲について、さっそく目を通していきましょう。

1. キングヌー(King Gnu)のプロフィール

まずは、キングヌー(King Gnu)のプロフィールについてご覧ください。

キングヌー(King Gnu)は、常田大希さん、勢喜遊さん、新井和輝さん、井口理さんの4人からなるロックバンド。

これらに加えて、かつて、まだキングヌー(King Gnu)という名義ではなかったころには、石若駿さんも在籍していました。

キングヌー(King Gnu)は、2013年、常田大希さんが石若駿さんを誘ったことがキッカケで、Mrs.Vinciとして、その音楽活動をスタート。

その後、バンド名はSrv.Vinciを経て、キングヌー(King Gnu)へと変わっていくことに。

この間、石若駿さんが脱退し、勢喜遊さん、新井和輝さん、井口理さんが加入しています。

そんなキングヌー(King Gnu)は、2017年に現在の名義となって、2019年、とうとうアルバム『Sympa』のリリースによって、念願のメジャーデビュー。

同年にはさらに、シングル「白日」もリリースして、同曲は、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌になったため、注目されることになります。

ほか、『NHK紅白歌合戦』への初出場も決まるなど、まさに絶好調の1年間となりました。

さらに、キングヌー(King Gnu)は、2019年には、「飛行艇」、「傘」と立て続けにシングルをリリースして、ファンを狂喜させています。

これでは、『NHK紅白歌合戦』での動きがどうなっていくのかが、ますます気になりますよね。

2. キングヌー(King Gnu)のメンバーの経歴、名前、出身地、パート楽器

ここからは、そんなキングヌー(King Gnu)の個々のメンバーについても、追っていきたいと思います。

まずは、現役メンバー。

常田大希さんは、1992515日、長野県出身の27歳。

キングヌー(King Gnu)のリーダーで、プロデューサー。

担当は、ギター、ヴォーカル、チェロ、キーボード、トラックメイキングです。

勢喜遊さんは、199292日、徳島県出身の27歳。

担当は、ドラム、サンプラー、コーラスです。

新井和輝さんは、19921029日、東京都出身の27歳。

担当は、ベース、シンセベース、コントラバス、コーラスです。

井口理さんは、1993105日、長野県出身の26歳。

担当は、ヴォーカル、キーボードです。

続いては、元メンバー。

石若駿さんは、1992816日、北海道出身の27歳。

担当は、ドラム、シンセベースでした。

こんなキングヌー(King Gnu)のメンバーたちは、学歴がすごいことになっていましたので、次でご覧ください。

3. キングヌー(King Gnu)のメンバーの学歴

音楽性もすばらしかったキングヌー(King Gnu)なのですが、盛んに話題になっていたこととして、メンバーたちの学歴のすごさがありました。

とにかく、新旧あわせて名門出身メンバーが多かったのですね。

常田大希さんは、高校は東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、大学は東京藝術大学音楽学部。

井口理さんは、大学は東京藝術大学音楽学部。

さらには、石若駿さんも、高校は東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、大学は東京藝術大学音楽学部だったのです。

これだけでもたいしたことでしょうが、石若駿さんにいたっては、東京藝術大学音楽学部を首席で卒業していました。

こんなグループはなかなか見かけるものではありませんから、驚愕してしまいますよね。

これだけ優秀なメンバーが集まったのでは、洗練された音楽が作られていくことでしょう。

4. キングヌー(King Gnu)の人気代表曲

NHK紅白歌合戦』への出場が期待されるキングヌー(King Gnu)ですが、その人気代表曲には、どのようなものがあったのでしょうか。

まずは、先ほどもご紹介しましたように、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌になった、「白日」。

ほか、ブルボン「アルフォート」のCMソングになった、「傘」。

ANA「ひとには翼がある」篇のCMソングになった、「飛行艇」。

アニメ『BANANA FISH』のエンディングテーマになった、「Prayer X」。

アサヒ「ドライゼロスパーク」の CMソングになった、「Sorrows」などといった曲が挙げられていました。

このなかから『NHK紅白歌合戦』で披露される曲が決まるのは濃厚ではないかと思いますね。


キングヌー(King Gnu)は、アーティストとしての実績もさることながら、学歴もすごいということで、仰天でした。

2019年の邦楽界を代表する存在の1つといえるでしょう。

はたして、『NHK紅白歌合戦』では、どんな曲を歌うことになるのか、じっくりと見守っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました