無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

小島慶子元アナの経歴とオーストラリア移住理由は?夫と息子の名前や顔画像と毒親と呼ばれる理由も

小島慶子のロゴ画像

今回は、小島慶子元アナに関する各種話題をお届けしていきたいと思います。

 

小島慶子さんの経歴はどのようなものだったというのでしょうか?

さて、小島慶子さんといえば、オーストラリアに移住したということでも有名になっています。

それでは、その移住した理由とは、いったい…?

ここでは、小島さんのプライベートについてもフォーカスしていきたいと思います。

結婚した夫や息子に関すること、そして毒親とは…?

さっそくご覧ください。

1. 小島慶子元アナの経歴

まずは、小島慶子さんの経歴がどうなっているのかを確認していきたいと思います。

小島慶子さんは、1972年7月27日生まれの47歳。

その育ちは、きわめて国際色豊かなものとなっていたのでした。

生まれはオーストラリアのパースで、その後、シンガポール、香港を経て、日本の東京都へとやってきたのですね。

小学生以降は、日本で育っていました。

帰国子女という経歴は、小島さんが働いてくうえでは、かなりプラスになったに違いありません。

さて、そんな小島元アナは、中学と高校は学習院、大学も学習院大学法学部政治学科を卒業という、あまりにもセレブな経歴の持ち主でした。

しかし、本当にすごいのはむしろここからです。

小島慶子さんは、1995年にTBSに入社して、アナウンサー(30期生)としての人生を歩み始めていきます。

やがて、日立『世界・ふしぎ発見!』のミステリーハンターとなって、有名になっていくことに。

ほかに、TBS時代には、『オールスター感謝祭』、『時事放談』などに出演したことによって、おおいに活躍しました。

その後、小島さんは、2010年、15年在社したTBSを退社。

独立後も、『ゴロウ・デラックス』、『ノンストップ!』といった番組に出演しています。

これから先も、そんな小島慶子さんの活躍に期待していきましょう。

2. 小島慶子元アナのオーストラリア移住理由は?

ここまで、小島慶子元アナの公的な経歴について見てきたわけですが、ここからはプライベートな部分にも迫ってまいりましょう。

なんといいましても、小島さんのプライベートな話題といえば、オーストラリアへの移住が挙げられるかと思います。

経歴のところでご紹介しましたように、小島さんは育ちこそ日本だったものの、オーストラリアのパースの生まれでした。

そのオーストラリアのパースへと2014年、再移住していたのですね。

それでは、小島さんが生まれ故郷へと戻ることに決めた理由とは、いったい、何だったのでしょうか?

調べてみましたが、それまで働いていた夫が退職したのがキッカケだったそうです。

小島慶子さんには、この夫のあいだに子供もいますので、家族そろって心機一転ということでしょうね。

それにしましても、日本からオーストラリアへ移住しても普通にやっていけるわけですから、小島さんはそうとうな国際感覚の持ち主なのでしょう。

 

3. 小島慶子元アナの夫と息子の名前や顔画像

小島慶子元アナが日本から古巣のオーストラリアのパースへと移住したのは、夫が原因でした。

では、この夫とは、いったいどういう人物だったのでしょう?

女性の芸能人や著名人の夫といえば、同じく芸能人、著名人か、会社経営者というイメージが大きいですよね。

しかし、小島慶子さんの夫は異例でした。

もともと、番組制作会社に勤務していたものの、退社後は無職になっていたのです。

要は専業主夫ということだとか。

名前や顔画像も気になるところですが、あいにく一般人なので顔までは分かりませんでした。

でも体型はわかりました。

小島慶子と夫の画像

がっちりというか、ゆったりした体型ですね。

小島慶子さんは、そんな夫とのあいだには、2人の息子が生まれています。

しかしながら、この息子たちについても、やはり、名前や顔画像などといった目立った情報は出てきませんでした。

ですが雰囲気の分かる画像はあります。

小島慶子と息子たちの画像

いい写真ですよね。

顔は隠してますが、二人の子供が笑顔であるのは間違いないでしょう。

いつの日か、小島さんの夫や子供に関する話題がもっと明らかになってくればいいですね。

 

4. 小島慶子元アナが毒親と呼ばれる理由

小島慶子元アナといえば、ネットで調べていて目に留まったこととして、「毒親」というキーワードがありました。

毒親というのは、子供にとってためにならない困った親のことですが、小島さんも息子たちとってそういう親だったというのでしょうか?

もしそうだったら問題でしょうが、実はまったく逆だったみたいですね。

小島慶子さんではなく、その母親が毒親だったのです。

なんと、小島さんは、そんな母親と7年間も関係を断っていたこともあったといいます。

こういったことは『解縛』という著書で明かされていました。

まさかこんな生い立ちがあったとは、なかなかショッキングですよね。

小島慶子アナが毒親でなかったのは何よりですけどね。


小島慶子元アナには、すばらしいキャリアがあった半面、かなり複雑な背景もあったのですね。

毒親から脱却し、オーストラリアで夫や息子と暮らすことができて幸いでした。

とはいえ、小島慶子アナ自身も、くれぐれも息子たちとの関係には気を付けてほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です