映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

マキノノゾミの経歴|キムラ緑子との離婚と復縁経緯や理由から最初の結婚の馴れ初めまで

マキノノゾミの顔画像

俳優をはじめ、演出家、脚本家など、実に多岐にわたって活躍していることで知られている、マキノノゾミさん。

女優のキムラ緑子さんの旦那ということでも、有名な存在ですよね。

そこで、ここでは、マキノノゾミさんの人物像に迫るため、プロフィールを見ていきたいと思います。

おどろくべきことに、キムラ緑子さんとは、いったん、離婚していた、マキノノゾミさん。

マキノノゾミさんの、キムラ緑子さんとの最初の結婚の馴れ初め、離婚、復縁の経緯や理由とは、どのようなものだったのでしょうか。

それではさっそく、ご覧ください。

1.マキノノゾミの経歴

マキノノゾミさんは、1959929日、静岡県の出身で、20209月現在の年齢は、61歳となっています。

学歴は、浜松日体高校、同志社大学文学部。

1984年、劇団M.O.Pを立ち上げたマキノノゾミさんは、舞台俳優として、演劇活動を始めていきました。

俳優としては、映画では、『遠くでずっとそばにいる』に出演。

ドラマでは、『55歳からのハローライフ』、『プラスティック・スマイル』、『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』などに出演しています。

脚本家としては、2002年、NHK連続テレビ小説『まんてん』の脚本を手がけたことがキッカケとなって、好評に。

このほか、『虹を架ける王妃』、『疾風のように』、『ある日、嵐のように』などといった作品の脚本も担当していました。

受賞歴もすごく、芸術選奨文部大臣新人賞、京都府文化賞功労賞、読売文学賞、鶴屋南北戯曲賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、紀伊国屋演劇賞個人賞、菊田一夫演劇賞などを受賞。

また、マキノノゾミさんは、こういった創作方面だけにとどまらず、日本劇作家協会常務理事としても活動しています。

さらに、くわしくは後でご紹介しますが、プライベートでは、女優のキムラ緑子さんと、結婚し、離婚したものの、復縁し、現在に至っていました。

2.キムラ緑子の経歴

そんなマキノノゾミさんの嫁のキムラ緑子さんのことも見ていきましょう。

キムラ緑子さんは、19611015日、兵庫県の出身で、20209月現在の年齢は、58歳となっています。

学歴は、洲本市立加茂小学校、洲本市立青雲中学校、兵庫県立洲本高校、同志社女子大学学芸学部。

『スター誕生!』のオーディションを受けたこともあったという、キムラ緑子さん。

やがて、大学生だったころに、後に結婚するマキノノゾミさんの舞台がキッカケで、同志社大学のサークルの第三劇場に入って、演劇をスタートし、マキノノゾミさんの主宰していた劇団のM.O.P.で、舞台女優として活動していきました。

その後、キムラ緑子さんは、舞台以外に、映画、ドラマにも出演していくことに。

次第に、カメレオン女優と称され、注目を集めていきます。

そして2013年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』での演技によって、女優としてブレイク。

そんなキムラ緑子さんは、これまでに、映画では、『パッチギ!』、『嫌われ松子の一生』、『おとうと』、『銀魂2 掟は破るためにこそある』など。

ドラマでは、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』、『いつかまた逢える』、『悪夢ちゃん』、『ごちそうさん』、『偽装の夫婦』、『僕のヤバイ妻』などに出演してきました。

3.マキノノゾミとキムラ緑子との最初の結婚の馴れ初め

このようなマキノノゾミさんとキムラ緑子さんは、最初の結婚は、どのような馴れ初めだったのでしょうか。

それはずばり、すでにご紹介しましたように、キムラ緑子さんが、マキノノゾミさんの舞台がキッカケで、同志社大学のサークルの第三劇場に入ったことでした。

なにしろ、演出家と女優の馴れ初めですから、そういうことになりますよね。

しかし、おどろいたのは、キムラ緑子さんのほうから、マキノノゾミさんに一目ぼれしていたということ。

やがて、マキノノゾミさんが劇団M.O.Pを立ち上げると、キムラ緑子さんは、さっそく、これに舞台女優として参加することになったのでした。

その後、1992年になって、マキノノゾミさんとキムラ緑子さんは、はれてゴールインとなります。

4.マキノノゾミとキムラ緑子との離婚、復縁の経緯や理由

ここまではおめでたい流れでしたが、それでは、せっかく結婚したのに、マキノノゾミさんとキムラ緑子さんが離婚した、そして復縁した経緯や理由とは、何だったのでしょう。

離婚した原因は、不仲ではなく、意外なものでした。

旦那が演出家だから活躍できるといわれたことがキッカケで、キムラ緑子さんのほうから、実力本位で女優活動を続けるため、2005年、離婚したというのです。

ところが、ケンカ別れではないため、離婚したとはいえ、マキノノゾミさんとの関係自体は良好で、2010年、復縁となったとか。

不思議な話ではありますが、とにかく寄りが戻せてよかったですね。


マキノノゾミさんも、キムラ緑子さんも、それぞれ、演劇方面で活躍している有名人。

しかし、プライベートは、あまりにも変わったものだったようですね。

もっとも、キムラ緑子さんもすっかり認められましたし、今後は夫婦そろって、添い遂げることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です