中川晃教の経歴学歴|出身地や身長と歌唱力から天才と言われる理由とデビュー曲動画まで調査

中川晃教の顔画像ソロアーティスト

シンガーソングライターであり、俳優としても活躍している中川晃教さんについて、取り上げていきたいと思います。

経歴、学歴、出身地、身長など、そのプロフィールはどのようなものだったのでしょうね。

中川晃教さんといえば、その歌唱力も評判ですが、天才と言われる理由とは、なんだったのでしょう。

ここでは、そんな中川晃教さんのデビュー曲の動画も見ていきたいと思います。

それではさっそく、中川晃教さんの各種の話題についてご覧ください。

1. 中川晃教の経歴学歴、出身地、身長

中川晃教さんは、1982115日、宮城県の出身で、201912月現在の年齢は、37歳となっています。

身長は165センチ。

シンガーソングライターと俳優という、まったく異なったジャンルにおいて、それぞれ活躍してきました。

中川晃教さんがデビューした経緯とは、徳間ジャパンのプロデューサーに発掘されたという異色のもの。

シンガーソングライターとしては、2001年、シングル「I WILL GET YOUR KISS」のリリースによって、デビュー。

以後、シングルでは、「I say good-bye」、「White Shiny Street」、「マタドール」、「セルの恋」、「終らないクリスマス」など。

アルバムでは、『中川晃教』、『himself』、『オアシス』、『砂漠』、『decade』などをリリースしました。

一方、俳優としては、中川晃教さんは、舞台での活躍が圧倒的に多く、『モーツァルト!』、『SHIROH』、『The Who’s Tommy』、『女信長』、『死神の精度』、『私の頭の中の消しゴム』、『SAMURAI 7』、『ジャージー・ボーイズ』などに出演。

とくに『モーツァルト!』は、舞台デビュー作であったにもかかわらず、大絶賛を受け、自身にとっての代表作となったのですね。

が、中川晃教さんの活躍は、もちろん舞台だけではありません。

ドラマでは、2009年、『コンカツ・リカツ』への出演によってデビューしました。

その他、NHK大河ドラマ『天地人』、『精霊の守り人最終章』などに出演しています。

映画では、2015年、『恋するヴァンパイア』への出演によってデビューしました。

受賞歴も、日本有線大賞新人賞、文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、読売演劇大賞最優秀男優賞、菊田一夫演劇賞演劇賞など、そうそうたるものになっていました。

中川晃教さんの学歴も気になりますが、中学校以降についてはみんな明らかになっていますね。

中学校は仙台市立五城中学校、高校は東北高校、大学は東北文化学園大学だったのです。

仙台市立五城中学校は、宮城県仙台市青葉区東照宮にあり、神永昭夫さんや武藤真一さんの母校。

東北高校は、宮城県仙台市青葉区小松島にあり、ダルビッシュ有さんや荒川静香さんや羽生結弦さんや宮里藍さんの母校。

東北文化学園大学は、宮城県仙台市青葉区国見にあり、FLAVIOさんの母校となっています。

2. 中川晃教の歌唱力

これまでに数々の名曲を世に送り続けてきた、中川晃教さん。

イケメンぶりもさることながら、その圧倒的な歌唱力も話題になって来ました。

とくに注目されていたのが、積水ハウスのCMソング。

いつも出演者が固定化されずに変わっていく積水ハウスのCMソングにおいて、中川晃教さんは2017年の作品に出演しています。

中川晃教さんが歌っていたのは「LOVE IN THE HOUSE」という曲で、日本語ではなく英語で歌っていました。

聴いたことがないという方は必聴ですね。

3. 中川晃教が天才と言われる理由

中川晃教さんは、ネットで検索すると、サジェストに「天才」などと出てきます。

「天才」という文字がタイトルに入った舞台にでも出演したのかと思ったら、ずばり、中川晃教さん自身が天才扱いされていたとのこと。

その理由は何だったのでしょうか。

中川晃教さんは、シンガーソングライターとしても、俳優としても、それぞれ天才とされていました。

シンガーソングライターとしては、ハイトーンでクリアなボイスが、俳優としては、『ジャージー・ボーイズ』における演技が、とくに天才的だと称賛されていたようですよ。

二足の草鞋ながら、双方で高く評価されるとは、本当にすばらしいことでしょう。

4. 中川晃教のデビュー曲動画

中川晃教さんのシンガーソングライターとしての記念すべきデビュー曲は、2001年リリースのシングル「I WILL GET YOUR KISS」でしたね。

こちらの動画も話題になっていましたが、たしかにすごいものでした。

持ち前のハイトーンでクリアなボイスですが、声量も多く、なおかつ奏でるピアノの美しさも際立っていたからです。

デビュー作でいきなりこれですから、その後の活躍ぶりにも納得というものでしょう。

中川晃教さんの2020年以降の動きからも目が離せませんね。


ご覧のとおり、中川晃教さんは、イケメン、高歌唱力、高演技力という、一流の人物なのでした。

天は二物を与えずといいますが、三物を与えられた人が現実に存在したとはおどろきです。

きっと中川晃教さんは、これからもたぐいまれな才能でファンを楽しませてくれるに違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました