おうち時間充実してますか?|映画、ドラマ、アニメが今なら31日間無料で視聴できます!詳しくはこちら!

小野賢章(おのけんしょう)の声優経歴|キャラクターとアニメタイトル一覧

小野賢章のイケメンな顔画像

小野賢章(おのけんしょう)さんが、2020814日、19002054、日本テレビ系で放送される『音が出たら負け!』に出演することになっています。

小野賢章さんといえば、日本を代表する声優で、さまざまなアニメで活躍してきたことで、あまりにも有名な人物。

しかし、それだけにとどまることなく、俳優としても活動しているというマルチな一面もありました。

そこで、小野賢章さんのこれまでのプロフィールを見ていきましょう。

小野賢章さんが演じてきたアニメのキャラクター、アニメ作品も調べてみましたので、ご覧ください。

1.小野賢章(おのけんしょう)の声優経歴

小野賢章(おのけんしょう)さんは、2020814日、19002054、日本テレビ系で放送予定の『音が出たら負け!』に出演が決まっています。

『音が出たら負け!』は、MCがバナナマン、進行が尾崎里紗さん、挑戦者が出川哲朗さん、劇団ひとりさん、森泉さん、滝沢カレンさん、はじめしゃちょーさん、松丸亮吾さん、カズレーザーさん、四千頭身、ぺこぱ、中澤佑二さん、丸山桂里奈さん、村上佳菜子さん、乃木坂46NMB48、小野賢章さん、加藤将さん、しゅんしゅんクリニックPさん、末吉9太郎さん、きつねとなっています。

小野賢章さんは体を張ってゲームに挑むといいますから、楽しみですね。

そんな小野賢章さんは、1989105日、福岡県の出身で、現在の年齢は30歳となっていました。

4歳で子役としてデビューしたという、小野賢章さん。

小学生時代に劇団四季のミュージカル『ライオン・キング』のオーディションに合格し、出演したことによって、注目されることになります。

そして、映画『ハリー・ポッター』シリーズにおいて、主人公であるハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフさんの日本語吹き替え声優として、すっかり有名な存在となりました。

アニメについては、後ほどご紹介しますが、俳優として出演してきた作品は、映画は、『包帯クラブ』、『王様ゲーム』、『お前ら全員めんどくさい!』など。

ドラマは、NHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』、『みにくいアヒルの子』、『しにがみのバラッド。』、『探偵学園Q』、『渡る世間は鬼ばかり』、『腐女子、うっかりゲイに告る。』などとなっています。

そんな小野賢章さんは、2015年には、愛媛県伊予市のますます伊予市ふるさと観光大使に起用されるなど、声優、俳優以外のジャンルでも活躍。

また、プライベートにおいても、声優の花澤香菜さんと202078日に結婚し、話題になりました。

2.小野賢章(おのけんしょう)の学歴

さて、小野賢章(おのけんしょう)さんの学歴のほうは、はたして、どうなっていたというのでしょうか?

こちらは調査してみましたが、詳細は分かっていません。

高校は東京都内の学校だったと言われていましたが、学校名は不明。

一方、大学のほうは、進学していなかったそうです。

大学に進学しなかったおかげで、仕事に打ち込む時間が増えたでしょうから、こちらは幸いでしたね。

3.小野賢章(おのけんしょう)の出演したアニメタイトル一覧

続いては、小野賢章(おのけんしょう)さんがこれまでに出演してきたアニメを確認していきましょう。

テレビアニメでは、『黒子のバスケ』、『ポケットモンスター XY』、『遊☆戯☆王ARC-V』、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』など。

アニメ映画では、『鬼神伝』、『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』、『映画 聲の形』、『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』、『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』、『映画 プリキュアスーパースターズ!』など。

どれも有名な作品ばかりでおどろきですよね。

所帯持ちとなったこともありますから、今後ますますの活躍を見守っていきましょう。

4.小野賢章(おのけんしょう)の演じたキャラクター一覧

小野賢章さんが声優としてこれまでに演じてきたアニメのキャラクターには、どういったものがあったのでしょうか?

よく知られているものだけでも、そうとうありました。

テレビアニメでは、『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役、『ポケットモンスター XY』のアラン役、『遊☆戯☆王ARC-V』の榊遊矢役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のジョルノ・ジョバァーナ役など。

アニメ映画では、『映画 聲の形』の永束友宏役、『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』の黒子テツヤ役、『映画 プリキュアスーパースターズ!』のクローバー役など。

これからあらたに演じるキャラクターも楽しみですね。


小野賢章さんは、アニメだけではなく、各ジャンルで実力を発揮していて、壮観ですね。

2020年の動きからも目が離せません。

『音が出たら負け!』も見逃さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です