小沢健二ライブツアーSo kakkoii 宇宙showsの会場と公演日時やアルバム収録曲の曲順を調査

小沢健二の顔画像

ミュージシャンとして活躍している小沢健二さんですが、このたび、彼に関するうれしいニュースが入って来ました。

なんと、実に13年ぶりとなるアルバムがリリースされたのですね。

13年といえば、小学校在学期間の倍以上ですから、ファンもさぞかし待ち望んでいたに違いなく、喜びを爆発させたことでしょう。

ここでは、そんな小沢健二さんについて、プロフィール、ライブツアー、ニューアルバムに関することを、さっそく見てまいりましょう。

1. 小沢健二のプロフィール

まずは、小沢健二さんとはどのようなミュージシャンなのか、そのプロフィールをチェックしていきたいと思います。

小沢健二さんは、1968414日、神奈川県の出身で、2019年現在の年齢は51歳

父親は文学者の小澤俊夫さん、母親は心理学者の小沢牧子さんという、とてもアカデミックな家系に生まれました。

学歴は、和光中学校、神奈川県立多摩高校を経て、大学進学をめざしますが、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京外国語大学に全部合格という快挙を達成し、東京大学に入って、同文学部を卒業しました。

このように両親譲りの秀才だった小沢健二さんは、大学時代からロリポップ・ソニックのメンバーとしてバンド活動を展開。

1989年に念願のデビューとなって、フリッパーズ・ギターに改名しますが、同バンドは1991年に解散してしまうことに。

その後、小沢健二さんはソロミュージシャンとして、1993年にシングル「天気読み」でデビューしました。

それからというもの、小沢健二さんは、「今夜はブギー・バック」 、「カローラにのって」、「強い気持ち・強い愛/それはちょっと」、「戦場のボーイズ・ライフ」、「痛快ウキウキ通り」、「大人になれば」、「流動体について」、「フクロウの声が聞こえる」など、ヒット曲を連発。

NHK紅白歌合戦』にも複数回出場するなど、すっかり人気者となっていったのでした。

渋谷系の王子様という独特の愛称でも親しまれましたが、その一方では、環境問題にも取り組むというシリアスな一面も見せています。

2. 小沢健二のライブツアーSo kakkoii 宇宙shows

冒頭でもお伝えしましたように、このたび、待望のニューアルバムをリリースした、小沢健二さん。

それをひっさげる形で、ライブツアーが敢行されることになりました。

その名も、「So kakkoii 宇宙shows」。

後であらためてご紹介しますが、アルバムのタイトルも『So kakkoii 宇宙』となっています。

So kakkoii 宇宙shows」では、小沢健二さんが、東京都、横浜市、大阪市、名古屋市、福岡市をそれぞれめぐって、トータルで7回ものライブが実施されることになっていました。

関東地方と西日本のファンの方であれば、比較的、小沢健二さんに会いやすい内容ですので、ありがたいですよね。

そんな「So kakkoii 宇宙shows」の会場と公演日時といった詳細については、次で取り上げてまいりますので、ご覧ください。

3. 小沢健二のライブツアーSo kakkoii 宇宙showsの会場と公演日時

続いては、「So kakkoii 宇宙shows」の会場と公演日時がどうなっていたのかを、それぞれ見ていきましょう。

ライブが行われる期間は、2020年の5月~6月。

この記事を執筆しているのは201911月ですから、まだ半年も後ということで、待ち遠しいですね。

So kakkoii 宇宙shows」の会場と公演日時は、時系列順には以下のようになっていました。

1回目は、2020530日に、神奈川県のパシフィコ横浜国立大ホール。

23回目は、2020634日に、大阪府のフェスティバルホール。

4回目は、2020612日に、愛知県の名古屋国際会議場センチュリーホール。

5回目は、2020614日に、福岡県の福岡サンパレスホール。

67回目は、202062021日に、東京都の東京ガーデンシアター。

東京都と大阪府は公演回数が2回になっていますから、地元在住の方のみならず、小沢健二さんのファンであれば、要注意ですね。

4. 小沢健二のアルバム収録曲の曲順

さて、小沢健二さんは、アルバム『So kakkoii 宇宙』をリリースしたわけですが、どのような作品だったのか、その内容を見ていきましょう。

アルバム『So kakkoii 宇宙』は、20191113日にリリース。

値段は3850円となっています。

小沢健二さんは、1993年の『犬は吠えるがキャラバンは進む』から、2006年の『Ecology of Everyday Life 毎日の環境学』まで5枚のアルバムを出していましたが、13年目の新作ということで、曲順も気になりますから、確認していきます。

「彗星」、「流動体について」、「フクロウの声が聞こえる(魔法的オリジナル)」、「失敗がいっぱい」、「いちごが染まる」、「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」、「神秘的」、「高い塔」、「シナモン(都市と家庭)」、「薫る(労働と学業)」となっていました。

このうち、「いちごが染まる」、「高い塔」、「失敗がいっぱい」、「薫る(労働と学業)」は新曲となっています。


ミュージシャンとしても、人間的にも魅力的な、小沢健二さん。

とても久しぶりのアルバムがリリースされたばかりということですので、間を置かずして購入したいものですね。

2020年に敢行予定のツアーにも、余裕がある人は、ぜひ、参加してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です