映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

鈴鹿央士(すずかおうじ)の経歴|広瀬すずにスカウトされた経緯と出演ドラマや映画を調査

鈴鹿央士の顔画像

広瀬すずさんは、もはやだれでも知っている有名女優ですが、そんな彼女にスカウトされた俳優がいるということをご存知でしょうか。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんという人物で、広瀬すずさんと所属事務所もいっしょとのこと。

これはそうとうレアなケースだと思いますので、鈴鹿央士(すずかおうじ)さんとはどういう俳優なのか、迫っていきたいと思います。

そこで、鈴鹿央士(すずかおうじ)さんの経歴、広瀬すずさんにスカウトされた経緯について、見ていきましょう。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんのこれまでの出演ドラマや出演映画も、あわせてご覧ください。

1.鈴鹿央士(すずかおうじ)の経歴

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんは、2000111日、岡山県の出身で、20209月現在の年齢は、20歳となっています。

本格的に芸能活動を開始したのは2018年と、新人俳優なのですが、デビューに至った経緯があまりにも変わっていて、注目を集めていたのでした。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんの所属芸能事務所はフォスターなのですが、その女優部門であるフォスタープラス所属の広瀬すずさんからスカウトされて、芸能界入りとなったというのですね。

なかなか起こりえないシチュエーションだけに、いやでも興味を抱かざるを得ないでしょう。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんが広瀬すずさんからスカウトされた経緯については、次でくわしく確認していくことにします。

さて、鈴鹿央士(すずかおうじ)さんが広瀬すずさんからスカウトされたのは2016年、まだ高校生だったころのことなのですが、その後、2018年から、フォスターに所属して、芸能活動をスタートすることになりました。

ちなみに、「鈴鹿央士(すずかおうじ)」は実名ではなく、スカウトした先輩女優である「広瀬すず」にちなんだ芸名だそうです。

そんな鈴鹿央士(すずかおうじ)さんは、芸能活動だけではなく、同時に東京都内の大学にも進学し、学業も両立しているとのこと。

かなり多忙なことでしょうね。

が、それだけにとどまらず、2018年には、MEN’S NON-NO専属モデルオーディションでグランプリとなって、モデルデビューもしました。

俳優としては、2019年、NHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演によって、デビューしています。

もちろん、NHK連続テレビ小説『なつぞら』といえば、広瀬すずさんがヒロインを演じたことであまりにも有名な作品ですから、とことん彼女との縁は深いようですね。

その後、鈴鹿央士(すずかおうじ)さんは、同年、『蜜蜂と遠雷』で映画デビュー。

映画『蜜蜂と遠雷』では、日本アカデミー賞新人俳優賞、報知映画賞新人賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を一気に受賞し、注目されることになりました。

ほか、ドラマでは、『おっさんずラブ-in the sky-』、『MIU404』、映画では『決算! 忠臣蔵』に出演しています。

2.鈴鹿央士(すずかおうじ)が広瀬すずにスカウトされた経緯

このように、異色としかいいようがない経歴の持ち主だった、鈴鹿央士(すずかおうじ)さん。

やはり、広瀬すずさんからスカウトされるという状況が想像しづらいですが、どういう経緯だったのでしょうか。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんは、2016年、翌年に公開された、生田斗真さん主演、広瀬すずさん共演の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』のロケにエキストラとして出演したことがキッカケで、広瀬すずさんに発掘されたとのこと。

ロケが当時通っていた高校で実施されたため、在学生としてエキストラ出演したというもので、広瀬すずさんとはほとんど接触もなかったといいます。

ところが、こうした状況で、広瀬すずさんがマネージャーにスカウトするよう勧め、そのままされたのだとか。

聞いたこともないようなケースだけに、スカウトを知ったときは、鈴鹿央士(すずかおうじ)さんもさぞかしおどろいたことでしょうね。

3.鈴鹿央士(すずかおうじ)の出演ドラマ

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんの出演ドラマといえば、NHK連続テレビ小説『なつぞら』ですよね。

広瀬すずさん演じる戦災孤児の奥原なつが、北海道でたくましく育ち、東京へ出てアニメーターになるというストーリー。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんが演じたのは、町田義一役。

奥原なつが勤めるマコプロダクションの後輩社員で、制作進行という役どころでした。

4.鈴鹿央士(すずかおうじ)の出演映画

一方、鈴鹿央士(すずかおうじ)さんの出演映画とくれば、やはり、出世作となった、『蜜蜂と遠雷』。

恩田陸さんの直木賞受賞作の同名小説が原作で、若いピアニストたちを描く音楽ドラマです。

鈴鹿央士(すずかおうじ)さんが演じたのは、風間塵役。

ホフマンという音楽家から推薦された新人ピアニストで、独特な演奏で衝撃を与えていくという役どころでした。


鈴鹿央士(すずかおうじ)さんは、俳優デビューから2年にしては、そうとう期待の俳優だったようですね。

広瀬すずさんのスカウトもさることながら、実力的にも注目されるべきでしょう。

2020年の動きも見逃さないようにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です