鈴木哲夫政治ジャーナリストの経歴学歴|評判や出演テレビ番組|妻や子供と年収を調査

鈴木哲夫のロゴ画像有名人

今回は、政治ジャーナリストとして活躍している鈴木哲夫さんに関する話題をお届けしていきたいと思います。

政治の専門家として活動してきた鈴木哲夫さんですが、その経歴とは、はたして、どのようなものだったのでしょうか?

通っていた学校がどこだったのかも興味深いところですよね。

この記事では、そんな鈴木哲夫さんに対する世間の評判はどのようになっていたのかや、これまでに出演してきたテレビ番組も調べてみました。

また、結婚した嫁や子供はいるのか、稼いでいる年収はいくらくらいになっていたのかも追ってみましたので、ご覧ください。

[tagpost id=”899″ num=”20″]

1.鈴木哲夫政治ジャーナリストの経歴

鈴木哲夫さんは、1958718日、福岡県の出身で、20204月現在の年齢は、61歳となっています。

大学卒業後、1983年に、テレビ西日本に入社した鈴木哲夫さんは、報道部に勤務して、警察や地方自治体を取材していきました。

そんななか、雲仙普賢岳の噴火が勃発したため、こちらも取材しています。

鈴木哲夫さんは、やがてフジテレビに出向することとなって、フジテレビにおいては報道局政治部に勤務するようになりました。

ここから政界と関わっていくこととなり、自民党の最大派閥である経世会を担当して、橋本龍太郎さん、小渕恵三さん、梶山静六さんといった、大物政治家の番記者として活躍していきます。

その後、鈴木哲夫さんは、テレビ西日本、東京MXテレビと移籍していき、『東京NEWS』でニュースキャスターを務めたほか、東京ニュースセンター編集長、報道制作部長などとして活躍していきました。

さらに、東京メトロポリタンテレビジョン、株式会社衛星チャンネルと移籍していって、報道制作局報道部長などを務めます。

それからは、BS11に移籍することになって、報道制作部長、執行役員報道局長と、重要ポストを経験していくことに。

やがて鈴木哲夫さんは、2013年にBS11を退職し、これ以降、政治ジャーナリストとして独立することとなったのでした。

これまでに、著書としては、『若き政治家・下村博文』、『汚れ役~側近・飯島勲と浜渦武生の「悪役」の美学』、『最後の小沢一郎』、『安倍政権のメディア支配』、『戦争を知っている最後の政治家中曽根康弘の言葉』、『石破茂の頭の中』など。

連載などをしてきた雑誌には、サンデー毎日、アサヒ芸能、夕刊フジ、月刊公論などがありました。

そんな鈴木哲夫さんは、後であらためてご紹介していきますが、テレビ番組やラジオ番組など、メディア出演も多数となっていますので、これから、政治ジャーナリストとしてのさらなる実績が期待されますね。

2.鈴木哲夫政治ジャーナリストの学歴

そんな鈴木哲夫さんですが、学歴のほうはどうなっていたのでしょうか?

政治の専門家である以上、こちらも興味深いことですが、やはり、かなりの高学歴となっていました。

私立大学の文系としては最高峰といえる、あの早稲田大学法学部の卒業だったのですね。

早稲田大学の出身者としては、大物政治家といえば、石橋湛山さん、竹下登さん、海部俊樹さん、小渕恵三さん、森喜朗さん、福田康夫さん、野田佳彦さんなどといった、多数の首相経験者もいました。

ちなみに、早稲田大学といえば、政治家をめざすうえで登竜門とされる、雄弁会というサークルが有名で、これまでに、ここから大物政治家が多数輩出されています。

それだけに、鈴木哲夫さんの経歴的にみても、学歴としては、まさしく、もってこいだといえるでしょうね。

3.鈴木哲夫政治ジャーナリストの評判や出演テレビ番組

それでは、これまでに鈴木哲夫さんに寄せられた評判には、どういったものがあったのでしょうか。

調べてみますと、いい評判ももちろんありますが、小沢一郎さんにベッタリだという辛口な意見が見られました。

2012年、自民党が政権を奪還した衆議院議員選挙のさいにも、小沢一郎さんら、日本未来の党の躍進を予想し、外れていたそうです。

こうした評価を受ける政治ジャーナリストはほかにもいますけどね。

そんな鈴木哲夫さんの出演してきたテレビ番組には、『報道ランナー』、『BSフジLIVEプライムニュース』、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』など。

ラジオ番組には、『飯田浩司のOK! Cozy up!』などがあります。

4.鈴木哲夫政治ジャーナリストの妻や子供と年収を調査

最後に、鈴木哲夫さんの結婚した嫁、子供、年収なども見ていきましょう。

が、こちらは調べてみたものの、明かされていませんでした。

政治ジャーナリストですから、プライベートが分からないのはしょうがないかもしれませんけどね。

もっとも、年収は、あのメディア露出的に、そうとうなものだといえるかと思いますが。

[tagpost id=”899″ num=”20″]


鈴木哲夫さんは、これまでに、多数の政治家を直撃してきた、政治のプロ。

それだけに、これからも、政治に大胆に切り込んでいってほしいですね。

なにかと政権が批判される時勢だけに、よけいその活躍に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました