ユニクロのエアリズムマスクが買えない?楽天で夏場快適マスクをチェック

千鳥ノブ(早川 信行)の母親がお笑い芸人になるのを反対した理由を調査

千鳥ノブのロゴ画像

もっとも人気のあるお笑いコンビの1つとして、千鳥がいますよね。

 

今回は、そんな千鳥のノブさんについて、お届けしていきたいと思います。

テレビで見かける機会が少なくない、活動がいたって順調になっていた、ノブさん。

ところが、そんなノブさんには、とても想像もできないような過去がありました。

なんと、お笑い芸人をめざしていたところ、母親にそれを反対されていたというのですね。

はたして、ノブさんとその母親のあいだに、何があったというのでしょうか。

気になりましたので、さっそく、ノブさんが母親にお笑い芸人になるのを反対された理由を調べてみました。

ぜひ、ご覧ください。

【関連】

1.千鳥のプロフィール

まずは、千鳥のプロフィールを見ていきましょう。

千鳥は、大悟さんとノブさんからなるお笑いコンビです。

所属事務所は吉本興業。

お笑いコンビとしてのキャッチフレーズは、岡山の漫才番長となっていました。

その芸風は、地元である岡山県の岡山弁と大阪弁が混ざった言語を使った、チンピラ風という、独特のものです。

そんな大悟さんとノブさんは、高校がいっしょで、友人として交際がスタート。

その後、大悟さんとノブさんは、2000年、千鳥を結成することになり、その活動は、2020年現在、実に20年になっていました。

そんな千鳥がこれまでに出演してきたテレビ番組は、『いろはに千鳥』、『チャンスの時間』、『千鳥のロコスタ』、『街頭TV 出没!ひな壇団』、『にちようチャップリン→そろそろ にちようチャップリン』、『相席食堂』、『テレビ千鳥』、『パラ×ドキッ!』、『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』、『クイズ!THE違和感』など。

これまでの受賞歴は、ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞、NHK上方漫才コンテスト優秀賞、上方漫才大賞大賞、GQ Men of the Year2018コメディアン・オブ・ザ・イヤー賞などとなっています。

その他、千鳥は、2011年には岡山県観光特使、2015年にはおかやま晴れの国大使に起用されるなど、お笑い以外に、故郷への貢献でも活躍していました。

さらには、岡山県知事の伊原木隆太さんとともに、もんげーボーイズというユニットまで結成しています。

非常にマルチに活動していた千鳥から、これからも目が離せなくなりそうですね。

2.千鳥ノブ(早川 信行)のプロフィール

続いては、そんな千鳥のノブさんのプロフィールに移りたいと思います。

ノブさんは、19791230日、岡山県の出身で、20206月現在の年齢は、40歳となっています。

本名は早川信行。

岡山県立笠岡商業高校時代に、大悟さんと出会ったという、ノブさん。

やがて、岡山県立笠岡商業高校を卒業してからは、シャープの工場で働くことになったものの、すでにお笑い芸人になっていた大悟さんに誘われて、退社したうえで、千鳥として活動することに。

ノブさんは、千鳥では、ツッコミとして、そのお笑いの才能を発揮していきました。

以後、ノブさんは、『林修のニッポンドリル』、『競馬血統研究所』、『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』、『世界の何だコレ!?ミステリー』、『川島&ノブ ウダ馬なし』、『ぐるぐるナインティナイン』、『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』などといったテレビ番組に出演して、活躍。

さらにノブさんの父親も、地元の岡山県芳井町において、町議会議員選挙に出馬し、当選するなど、親子そろって活躍しています。

これからも、ノブさんにも、その父親にも、それぞれジャンルは異なるものの、人々のために尽くしていってほしいですね。

 

3.千鳥ノブ(早川 信行)の母親がお笑い芸人になるのを反対していた

さて、ノブさんは、今でこそお笑い芸人として成功していましたが、母親がお笑い芸人になるのを反対していたという過去も。

もっとも、ノブさんは、ずいぶん反対され、説得も受けたものの、結局、折れなかったといいます。

そのため、得られた協力は、アパートを借りる、通帳への入金といった、必要最小限のものにとどまったということでした。

それでは、ノブさんがここまで反対されたのは、はたして、どういう理由からだったのでしょうか。

続きで見ていきましょう。

 

4.千鳥ノブ(早川 信行)の母親がお笑い芸人になるのを反対した理由

ノブさんは、お笑い芸人をめざすにあたって、上述のとおり、勤務先を退社していました。

やはり母親としては、せっかく定職に就いたのに、やめてしまうのが心配だったようですね。

また、ノブさんを送り出すにあたっては、借金をしない、薬物をしない、女性関係に気を付ける、ということを念押ししたとのこと。

ノブさんにとってはめんどうだったでしょうが、結局、反対は、息子想いゆえのことだったのでしょうね。

【関連】

まさか、ノブさんのお笑い芸人転身をめぐって、こんな内幕があったとは、仰天でした。

たしかに、どこの親でも、子供にはふつうに堅実にやってほしいとは思うでしょうけどね。

結果的にノブさんはうまくいけてよかったですが、親子関係もうまくいっていればいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です