映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

電気グルーヴのメンバーと脱退者の2020年今現在|サンレコ特集号で全インタビュー掲載

電気グルーヴのアルバムの画像

日本を代表するバンドの1つである電気グルーヴについて、ピックアップしていきたいと思います。

これまでにさまざまな活躍を見せてくれた電気グルーヴですが、そんな彼らには、いったい、どのような歴史があったというのでしょうか。

メンバーや脱退者はどういった人たちだったのかについても、見ていきます。

さらに、この記事では、2020年に発売される電気グルーヴを特集したムック本についても、ご紹介いたしますので、ご覧ください。

1. 電気グルーヴのプロフィール

電気グルーヴは、1989年、石野卓球さん、ピエール瀧さん、若王子耳夫さん、高橋嵐さんによって結成されました。

そして1990年には、アルバム『662 BPM BY DG』のリリースによって、インディーズデビュー。

1991年には、シングル「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 300000000000) / TMN VS 電気GROOVE」のリリースによって、メジャーデビューとなりました。

以後、電気グルーヴは、電子音楽をメインとしながら、とても多様なジャンルをカヴァーしていって、「N.O.」、「Shangri-La」といった曲によって、人気バンドに成長していくことに。

1995年になると、ドイツでシングル「虹」をリリースしたことによって、海外における活動も多くなっていきます。

そんな電気グルーヴは、メンバーの加入、脱退は、めまぐるしいものがありましたが、2020年現在は、石野卓球さんとピエール瀧さんの2人によって活動しています。

2. 電気グルーヴのメンバーの2020年今現在

それでは、電気グルーヴのメンバーである石野卓球さんとピエール瀧さんについて、見ていきたいと思います。

石野卓球さんは、19671226日、静岡県の出身で、現在の年齢は52歳となっています。

ピエール瀧さんたちとテクノユニットである人生を結成して、音楽活動をスタート。

以後、1989年に、人生が解散したことによって、電気グルーヴ結成となりました。

そんな石野卓球さんは、やがてソロ活動も展開していって、話題に。

さらに他のアーティストのプロデューサーとしても活躍していき、篠原ともえさん、細川ふみえさん、木村カエラさんなどを担当しています。

キャラクター的には下ネタやきわどい言動が多いことでも知られており、後述のように、ピエール瀧さんがスキャンダルを起こしたときにも、問題発言があったりしました。

しかし、なんだかんだで、石野卓球さんは、2020年現在も順調に活動していますので、今年の動向にも注目ですね。

一方のピエール瀧さんは、196748日、静岡県の出身で、現在の年齢は53歳となっています。

人生を経て、電気グルーヴのメンバーとなりましたが、石野卓球さんとは異なり、俳優としての活動も顕著です。

『凶悪』、『くじけないで』、『そして父になる』、『アウトレイジ 最終章』といった映画、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』といったドラマなど、有名作品に数多く出演。

日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、報知映画賞助演男優賞、毎日映画コンクール男優助演賞など、受賞歴も多数となっていました。

が、そんなピエール瀧さんは、2019年、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、裁判でも有罪となって、執行猶予3年を言い渡されることに。

あまりにも多くの映画などに出演していたため、彼の出演シーンの取り扱いをめぐって騒動にもなりました。

2020年現在、まだ完全復活とはいいがたいですが、早期の社会復帰を願いたいですね。

3. 電気グルーヴの脱退者の2020年今現在

では、石野卓球さんとピエール瀧さん以外の電気グルーヴの脱退者は、2020年現在、どうなっていたのでしょう。

かつて電気グルーヴに在籍していたメンバーとしては、結成時メンバーで脱退した若王子耳夫さん、高橋嵐さんのほか、途中加入で脱退した砂原良徳(まりん)さん、CMJKさんがいました。

さらに、他のメンバーと1回顔を合わせただけの後藤さんというメンバーもいました。

これらのうち、2020年現在の活動がハッキリしていた人はいません。

しかし、多くのメンバーが脱退後も音楽活動を継続していますので、活躍しているのではないでしょうか。

どうでもいいですが、まりんが脱退したのはつい最近のような気がしていましたが、調べたところ1999年だったとは時間が経つのが早すぎますね。

4. サンレコ特集号で電気グルーヴの全インタビュー掲載

電気グルーヴといえば、2020214日、彼らを特集したムック本が発売されることになっていました。

タイトルは、『電気グルーヴのSound & Recording PRODUCTION INTERVIEWS 1992-2019』。

電気グルーヴのSound & Recording ~PRODUCTION INTERVIEWS 1992-2019 / 電気グルーヴ

電気グルーヴが2019年、結成から30周年を迎えたことで、発売となります。

これまでに『サウンド&レコーディング・マガジン』に掲載されてきた記事のほか、石野卓球さん、ピエール瀧さんのインタビューが掲載される予定です。

ピエール瀧さんはとくに近況が気になりますので、ファンならずともぜひ、手に取ってみてはいかがでしょうか。


電気グルーヴの話題というと、どうしても2019年のピエール瀧さんのスキャンダルを思い浮かべてしまうところでしょう。

しかし、不幸中の幸いで執行猶予で済みましたし、ピエール瀧さんには、薬物とは完全に決別したうえで、電気グルーヴとして本格始動してくれることを祈りたいですね。

あわせて俳優活動の再開も願いたいところです。

石野卓球さんには、そんな彼をしっかりと支えていってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です