無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

真田ナオキの経歴|ハスキーボイスになった衝撃の理由と吉幾三がデビュー曲れい子を譲った理由

真田ナオキのロゴ画像

今回は、演歌歌手の真田ナオキさんについて、さまざまな話題を取り上げていきたいと思います。

 

はたして、真田ナオキさんとは、どういった経歴の持ち主だったというのでしょうか?

気になりますから、これからチェックしていきましょう。

さて、そんな真田ナオキさんといえば、ハスキーボイスであることでも知られています。

それでは、真田ナオキさんがハスキーボイスになった理由とは、どういうものだったのでしょうか。

そこには、実に衝撃的な理由があったといいますが

また、吉幾三さんがデビュー曲の「れい子」を譲った理由についても、ご紹介してまいります。

城之内早苗のおニャン子時代の顔画像城之内早苗の経歴|おニャン子時代の若い頃と現在の歌唱動画比較|旦那の木村忠寛との馴れ初め 彩青の滝をバックにした画像彩青(りゅうせい)の歌手経歴が凄い|歌謡界の天才は細川たかしの弟子|銀次郎旅がらすの動画 新浜レオンの画像新浜レオンの経歴学歴|父親は伯方の塩CM高城靖雄|ミスター大東イケメン画像 丘みどりの高畑充希激似顔画像丘みどりの経歴|アイドル時代の高畑充希に激似画像がかわいい|人気曲や紅白での歌唱曲を調査

1.真田ナオキの経歴

真田ナオキさんは、19891222日、埼玉県の出身で、現在の年齢は30歳となっています。

血液型はO型。

趣味は野球です。

一般的に、演歌歌手といえば、子供のころからめざしてトレーニングしてきたような印象が強いのではないでしょうか。

しかし、真田ナオキさんの場合は異なっていて、小学生、中学生のころは、野球と空手に熱中していて、とくに演歌歌手志望というわけではありませんでした。

なお、そうとうなスポーツ少年で、野球と空手以外においても、ボクシング、水泳、ゴルフにも積極的に取り組んでいたのです。

こうした次第ですので、真田ナオキさんの場合、初めて買ったCDも、演歌ではなく、なんと、モーツァルトだったのでした。

演歌歌手が初めて買ったCDがクラシックだったとはおどろきでしょう。

さらに、就職も、当初は、演歌の世界とはまったく関係のない建築関係だったのです。

周囲から歌手になるよう言われていたといいますが、あくまで真田ナオキさんにその気はなかったとのこと。

ところが、東日本大震災の発生を受け、たくさんの歌手たちが被災地を訪問する姿から、自身も歌手になろうと考えるようになっていったのでした。

そして演歌歌手としての師匠である吉幾三さんと出会ったことがキッカケで、2016年、シングル「れい子」のリリースによって、とうとう演歌歌手としてデビューをはたします。

以後、シングルでは、「別れの夜明け」、「酔いのブルース」、アルバムでは、『メイド イン ナオキ』をリリースしていきます。

また、テレビ番組においても、『WOWOW PLUS MUSIC-深夜1時の音楽タイム』などに出演してきました。

2018年には、全国の主要都市をめぐるライブツアーを敢行し、20205月には、初となるワンマンライブが実施される予定となっています。

デビューしてからたったの4年にもかかわらず、これだけの活躍を見せていたとは、真田ナオキさんの今後が非常に楽しみですよね。

2.真田ナオキのハスキーボイス

さて、演歌歌手といえば、しぶいものから甘いものまで、いろんな声質を持った人が存在します。

森進一さんのようにハスキーボイスという例も見られますが、実は、真田ナオキさんもそうだったのでした。

外見からしてハスキーボイスっぽい森進一さんとは違って、真田ナオキさんの場合、透明感がありそうなイケメンですから、これはそうとう意外だといえるでしょうね。

しかし、真田ナオキさんの場合、生まれながらのハスキーボイスというわけではありませんでした。

ハスキーボイスは、後天的に見につけたものだったというわけですね。

しかも、真田ナオキさんがハスキーボイスになった背景には、なんとも衝撃的な理由があったのでした。

それについては、次でくわしく見てまいりましょう。

 

3.真田ナオキがハスキーボイスになった衝撃の理由

それでは、真田ナオキさんがハスキーボイスになった理由とは、いったい、どのようなものだったのでしょうか?

それはなんと、自発的なトレーニングによって、声を改造したという、仰天してしまうようなもの。

村田英雄さんにも、浪曲を歌うために、海辺で叫ぶことによって自分の声をつぶしたという、おどろきのエピソードがありますが、真田ナオキさんも似たような感じだったのです。

村田英雄さんとおなじことをしたほか、日本酒でうがい、唐辛子を食べるといった荒行に及んだとか。

一般人には理解できない修行といえますが、その結果、あのような声を手に入れられて、真田ナオキさんも苦労した甲斐がありましたね。

 

4.真田ナオキに吉幾三がデビュー曲れい子を譲った理由

真田ナオキさんは、先述のとおり、シングル「れい子」でデビューしました。

しかし、この曲は、師匠の吉幾三さんから譲られたものなのでした。

「れい子」は、吉幾三さんがみずから作詞作曲を担当。

というのも、吉幾三さんは、真田ナオキさんなら歌えると認めてくれたそうで、彼の声の男らしい力強さに惹かれたのだとか。

あれだけの大物をうならせた声だけに、これからも真田ナオキさんの活躍から目が離せそうにありません。

城之内早苗のおニャン子時代の顔画像城之内早苗の経歴|おニャン子時代の若い頃と現在の歌唱動画比較|旦那の木村忠寛との馴れ初め 彩青の滝をバックにした画像彩青(りゅうせい)の歌手経歴が凄い|歌謡界の天才は細川たかしの弟子|銀次郎旅がらすの動画 新浜レオンの画像新浜レオンの経歴学歴|父親は伯方の塩CM高城靖雄|ミスター大東イケメン画像 丘みどりの高畑充希激似顔画像丘みどりの経歴|アイドル時代の高畑充希に激似画像がかわいい|人気曲や紅白での歌唱曲を調査

真田ナオキさんは、ヴィジュアル的には、アイドルのようなイケメンです。

にもかかわらず、ハスキーボイス、その理由、師匠の吉幾三さんからの絶賛と、ギャップがすごいですよね。

2020年以降も、ますます活躍していってくれることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です