すゑひろがりずお菓子和風変換|ハッピーターンが寿返しでブラックサンダーは?一覧を調査

すゑひろがりずのロゴ画像有名人

202038日(日)19:00〜21:00に放送される『R1ぐらんぷり2020』に、人気お笑い芸人が複数登場するということで、視聴者の熱い視線が注がれています。

そんななか、ここでは、決勝に進出するすゑひろがりず南條さんのコンビ「すゑひろがりず」について、見ていきたいと思います。

すゑひろがりずといえば、既存のお笑い芸人とは一風異なった独特としかいいようがない芸風によって、有名。

ずばり、お菓子和風変換なるネタの持ち主だったのですが、いったい、どのような内容だったというのでしょうか。

ハッピーターンが寿返しとは何なのか、そしてブラックサンダーの和風変換は

そのあまりにもシュールすぎるネタの一覧をぜひ、あなたもご確認ください。

[tagpost id=”656″ num=”20″]

1.すゑひろがりずの経歴

202038日に放送される『R1ぐらんぷり2020』の決勝に進出するお笑い芸人の1組に、すゑひろがりずがいます。

そこで、そんなすゑひろがりずについて、さっそく、そのプロフィールを見ていきたいと思います。

すゑひろがりずは、三島達矢さんと南條庄助さんからなるお笑いコンビ。

三島達矢さんは、1982102日、大阪府の出身で、現在の年齢は38歳歳

すゑひろがりずではボケの担当で、ネタ作りもしています。

趣味は浮世絵、和歌、特技は津軽三味線という、お笑い芸人とは思えない、なかなかしぶい人物なのでした。

南條庄助さんは、198263日、大阪府の出身で、現在の年齢は38歳歳

最終学歴は大阪外国語大学卒業です。

こちらも、趣味は寺社巡り、特技はヌンチャク、インドネシア語という、やはりお笑い芸人らしからぬもの。

2020年3月10日(日)19:00〜のフジテレビ「R-1グランプリ」決勝に進出しました。

そんな三島達矢さんと南條庄助さんは、元々は別のお笑いコンビで活躍していましたが、ガンセキオープンというお笑いトリオを結成し、その後、1人が辞めて、「ドロスス」というお笑いコンビになります。

そして、「みなみのしま」を経て、すゑひろがりずに改称となったのでした。

すゑひろがりずは、『1グランプリ』では、2019年に、決勝進出。

そして『キングオブコント』では、2014年、2015年に、準決勝進出をはたしました。

これまでに出演してきたテレビ番組は、『『ぷっ』すま』、『アメトーーク』、『おはスタ』、『ナカイの窓』、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』、『FNS27時間テレビ』などとなっています。

2020年も、すゑひろがりずのさらなる活躍から目が離せなくなっていくのではないでしょうか。

2.すゑひろがりずのお菓子和風変換ネタとは

すゑひろがりずといえば、お菓子和風変換なるネタの持ち主だったのですが、いったい、どのような内容だったというのでしょうか。

ネーミングからすぐに想像できそうな感じではないだけに、実に興味深いですよね?

実はこれは、各種のお菓子の名前を完全に和風に変えたらどうなるのかを披露していくという、あまりにもマニアックで個性的なネタだったのですね。

と、このように説明したところで、まだあまりイメージが湧かないという方もいらっしゃることでしょう。

そこで、次で、お菓子和風変換ネタの具体例を挙げていきたいと思いますので、ぜひ、ご覧ください。

3.ハッピーターンが寿返しでブラックサンダーは?

さあ、すゑひろがりずのお菓子和風変換ネタの具体的なものを見ていきましょう。

数あるネタのなかでもとくに有名なのが、ハッピーターンとブラックサンダー。

ご存知の通り、ハッピーターンは、亀田製菓のせんべい。

そしてブラックサンダーは、有楽製菓のチョコレートですよね。

で、これらをすゑひろがりずが和風変換してみると

ハッピーターンは「寿返し」、ブラックサンダーは「漆黒のいかずち」になる、というわけなのでした。

「寿返し」はいたってシンプル、「漆黒のいかずち」は逆にかなり凝っていますが、それぞれ、異なった味わいがあって、ユニークすぎますよね。

4.すゑひろがりずのお菓子和風変換ネタ一覧

しかし、すゑひろがりずのお菓子和風変換ネタはまだまだありましたので、それぞれの一覧を見てみましょう。

ミルキーは「乳玉(ちちだま)」、カントリーマアムは「ふるさとの母君」、ポテロングは「長芋」、ホームパイは「お屋敷焼き」。

そして、サッポロポテトバーベQ味にいたっては、「蝦夷芋焚き火飯味(えぞいもたきびめしあじ)」。

どれもこれもシュールですが、さすがに、「蝦夷芋焚き火飯味」は、原形をまったくとどめておらず、驚愕ですね。

さらに驚くことに寿返し(亀田製菓ハッピーターン)は実際に販売、乳玉とふるさとの母君と御屋敷焼き(不二家ミルキーとカントリーマアムとホームパイ)、蝦夷芋焚き火飯味(カルビーサッポロポテト)に関しては、和風名にプリントした実物のお菓子を御礼の品としてプレゼントされていました。

なんとも手間のかかる贈り物ですが、それだけお菓子メーカーとしても自社商品をたくみに盛り上げてくれてさぞ感謝しているのでしょう。

なお、すゑひろがりずは、お菓子和風変換ネタしかネタがないわけではありません。

このネタからはずいぶんぶっ飛んでいたものの、子供には見せられないようなハードな下ネタまであったのでした。

コンビ名に加え、芸風がは幅広いということで、息の長いお笑いコンビになってほしいですね。

[tagpost id=”656″ num=”20″]


すゑひろがりずは、これまでのお笑いの概念を変えるような、革新的なお笑いコンビといえるでしょう。

202038日に放送される『R1ぐらんぷり2020』では南條さんの奮闘が期待されます。

そして今後もコンビとしてはぜひ、あらたなお菓子和風変換ネタを炸裂させてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました