映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

スカパラのゲストボーカルまとめ|奥田民生やさかなクンとチバユウスケに甲本ヒロトからaikoまで

日本を代表するスカバンドである、「スカパラ」こと、東京スカパラダイスオーケストラ。

スカパラ自体はどなたであっても、まず、ご存知のことでしょうね。

それでは、スカパラにゲストボーカルがいたということはどうかといいますと、なかなか浸透率は低いのではないかと見られます。

そこで、これまでにスカパラのゲストボーカルにはどういう人たちがいたのかを、まとめていきたいと思います。

本業がミュージシャンという人から、それ以外まで、顔ぶれのほうは実にはばひろかったようですよ。

11人、じっくりと確認していきましょう。

さかなクンとスカパラのロゴ画像さかなクンとスカパラのコラボ理由|黒いハコフグ帽子や元吹奏楽部サックスの腕前さかなクンのロゴ画像さかなクンの経歴|母親の教育が方針凄すぎた|帽子のハコフグの由来や敬称は付けるべき?

1.スカパラのゲストボーカル

スカパラは、北原雅彦さん、GAMOさん、大森はじめさん、沖祐市さん、谷中敦さん、川上つよしさん、茂木欣一さん、NARGOさん、加藤隆志さんからなるスカバンド。

この他、元メンバーとして、武内雄平さん、林昌幸さん、ASA-CHANGさん、クリーンヘッド・ギムラさん、寺師徹さん、杉村ルイさん、青木達之さん、冷牟田竜之さんがいました。

1985年、ASA-CHANGさんをメインに結成された、スカパラは、1990年、シングル「MONSTER ROCK」のリリースによって、デビューします。

以後、メンバーの加入、脱退を繰り返しながら、「栄光へのカウントダウン」、「ROCK MONSTER STRIKES BACK」、「銀河と迷路」、「A Quick Drunkard」といった名曲を発表していったことによって、すっかり、日本を代表する人気グループの1つに成長していきました。

さて、そんなスカパラには、メンバーだけではなく、ゲストボーカルがいて、グループを盛り上げてきていたのです。

それは、奥田民生さん、さかなクンさん、チバユウスケさん、甲本ヒロトさん、aikoさんなどとなっていました。

みんな単独でもそうとう活躍している人たちばかりですから、すごいですよね。

それでは、これらスカパラのゲストボーカルの面々について、1人ずつ、さらにくわしく見てまいりましょう。

2.奥田民生

奥田民生さんは、1965512日、広島県の出身で、20202月現在の年齢は、54歳となっています。

1987年、奥田民生さんは、ユニコーンのボーカルとして、アルバム『BOOM』のリリースによって、デビュー。

ユニコーンが解散した後は、1994年、シングル「愛のために」のリリースによって、ソロデビューし、一躍、人気ミュージシャンとなったのでした。

PUFFYの音楽プロデューサーや、井上陽水さんとのユニット結成といった活動でも、とても著名です。

3.さかなクン

さかなクンさんは、197586日、神奈川県の出身で、20202月現在の年齢は、44歳となっています。

子供のころから魚類好きで、東京海洋大学に進学しようとしたものの失敗したという、意外な過去の持ち主だった、さかなクンさん。

高校時代からテレビ出演しており、魚類の専門家として有名になっていったさかなクンさんは、とうとう、入学に失敗した東京海洋大学の客員准教授に就任。

その後、内閣総理大臣賞、名誉博士を贈られるなど、すっかり魚類の権威となっています。

4.チバユウスケ

チバユウスケさんは、1968710日、神奈川県の出身で、20202月現在の年齢は、51歳となっています。

1996年、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのボーカルとして、シングル「世界の終わり」のリリースによって、デビュー。

以後、ROSSORAVENTHE MIDWEST VIKINGSMidnight BankrobbersStar CasinoThe Birthdayなど、多数のバンドにおいて、活動してきました。

これまでに所属してきたバンドでは、作詞家としても活躍しています。

5.甲本ヒロト

甲本ヒロトさんは、1963317日、岡山県の出身で、20202月現在の年齢は、56歳となっています。

1987年、THE BLUE HEARTSのボーカルとして、シングル「リンダリンダ」のリリースによって、デビュー。

以後、THE BLUE HEARTSは、若者を中心としたリスナーのあいだで、爆発的な人気を博していくものの、1995年に解散。

が、甲本ヒロトさんは、それからも、↑THE HIGH-LOWS、ザ・クロマニヨンズといったバンドのボーカルとして重きをなしています。

6.aiko

aikoさんは、19751122日、大阪府の出身で、20202月現在の年齢は、44歳となっています。

1998年に、シングル「あした」のリリースによって、デビュー。

もっぱら、同世代の女性たちを中心にして、またたくまにトップレベルの人気女性歌手の1人となっていきました。

オリコンが実施した好きなアーティストランキングにおいても、性別、年代を問わず、その人気の高さを誇示していくことになった、aikoさん。

代表曲である「カブトムシ」「花火」などをはじめとして、たくさんのヒット曲を世に放ってきています。

さかなクンとスカパラのロゴ画像さかなクンとスカパラのコラボ理由|黒いハコフグ帽子や元吹奏楽部サックスの腕前さかなクンのロゴ画像さかなクンの経歴|母親の教育が方針凄すぎた|帽子のハコフグの由来や敬称は付けるべき?

まさか、スカパラのゲストボーカルが、こんな豪華な顔ぶれになっていたなんて、とてもビックリしてしまいましたね。

奥田民生さん、チバユウスケさん、甲本ヒロトさん、aikoさんはともかく、さかなクンさんは想像外でしたが。

こうした人たちがいて成り立っていたスカパラだけに、メンバーもゲストボーカルもともに、応援していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です