映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

女性漁師チームのメンバー|田中りみと西地絵美と松村ありすの年齢や役割を調査

女性漁師チームの画像

2020913日、2330~、TBS系にて、『BACKSTAGE』が放送されることになっています。

今回の『BACKSTAGE』の内容とは、女性だけの漁師チームが大物を狙うというもの。

これまでにたくさんの働く人々を紹介してきた『BACKSTAGE』だけに、女性だけの漁師チームというものがどういう存在なのかが、とても気になってきますよね。

そこで、この記事ではさっそく、そんな『BACKSTAGE』について、いろんな話題を見てまいりたいと思います。

BACKSTAGE』に取り上げられる女性漁師チームのメンバーとは、どのような人々だったのでしょうか?

それでは田中りみさん、西地絵美さん、松村ありすさんについて、それぞれの年齢や役割を見ていきましょう。

1.女性漁師チームとは

BACKSTAGE』は、いろんな方面において働いている人々を紹介してきた、TBS系のテレビ番組。

今回は、2020913日、2330~、放送されることとなっていました。

そのおもだった内容とは、女性だけの漁師チームに密着していくというものです。

秘密兵器を使って大物の魚を狙うとか、魚が売れないピンチをどうやって乗り越えるか、といった問題が取り上げられていくそうですよ。

舞台となっていくのは、なんと、女性を船に乗せない習慣があったという港町。

そんな港町では、女性漁師たちが活躍していて、漁に出ること自体はもちろんのこと、獲った魚をどうやって加工していくかまで、関わっていたのです。

また、2020年といえば、説明するまでもなく、新型コロナウイルスによって、いろんな業界に悪影響が出てしまったわけですが、こうした状況において、彼女たちが試行錯誤しながら努力していく姿も描かれることになっていました。

実に惹きつけられる感じですから、これはぜひ、視聴しておきたいところでしょう。

さて、そんな『BACKSTAGE』では、主役となっていた女性漁師チームの面々がピックアップされるわけなのですが、こちらはどのような人々だったというのでしょうか。

BACKSTAGE』の女性漁師チームとは、田中りみさん、西地絵美さん、松村ありすさん。

いずれも、大変、魅力あふれる面々なのでした。

それでは、そんな『BACKSTAGE』の女性漁師チームのメンバーである、田中りみさん、西地絵美さん、松村ありすさんのことを、これから11人、確認していきたいと思います。

さっそく、ご覧ください。

2.女性漁師チームのメンバー|田中りみの年齢や役割

BACKSTAGE』の女性漁師チームのメンバーの1人目は、田中りみさん。

田中りみさんは、三重県熊野市の甫母漁港で漁に取り組んでいる、女性漁師チームのリーダー。

2020年現在の年齢は40歳です。

父親も祖父も、おなじく漁師をしていたという、田中りみさん。

そのため、自身も子供のころから漁師になりたかったといいますが、あいにく、女性が船に乗ってはいけない習慣があったため、最初は、そんな自身の夢を認めてもらえませんでした。

ところが、どうしても漁師をやりたくて、ほかの漁港で漁師として働き、付き合いがあった西地絵美さん、松村ありすさんとともに、女性漁師チームを始めることになったというわけです。

3.女性漁師チームのメンバー|西地絵美の年齢や役割

BACKSTAGE』の女性漁師チームのメンバーの2人目は、西地絵美さん。

西地絵美さんは、女性漁師チームのムードメーカー的な存在。

年齢がいくつなのかは分かっていません。

当初は、いったん、故郷から東京に上京して、飲食関係をはじめ、テレビ局の仕事などで働いていたとのことでした。

そしてその後、ふたたび、三重県熊野市へとUターンすることになって、漁業に携わっていくことに。

現在では、水産庁が推進しているという水産女子としても活動しているといいます。

女性漁師チームのリーダーの田中りみさんともども、さらなる活躍が楽しみですね。

4.女性漁師チームのメンバー|松村ありすの年齢や役割

BACKSTAGE』の女性漁師チームのメンバーの3人目は、松村ありすさん。

松村ありすさんに関することは、年齢も役割も、くわしく分かっていませんでした。

ただし、松村ありすさんは、女性漁師チームのメンバーのなかでは、最年少とのこと。

それだけに、田中りみさんや西地絵美さんからは、かわいがられていることでしょうね。

女性漁師チームのなかでは、潤滑油のような役割を果たしているのではないかと思われます。


BACKSTAGE』の女性漁師チームのメンバーは、田中りみさんも、西地絵美さんも、松村ありすさんも、みなさん、とても存在感がある人たちだったようですね。

そうとう保守的な地域でありながら、これまで女性として漁を展開するのはなかなか大変だったものと思います。

しかしながら、田中りみさんも、西地絵美さんも、松村ありすさんも、それぞれ、地域のためにも、日本全国のためにも、さらにがんばっていただきたいものですよね。

2020913日には、『BACKSTAGE』を視聴して、そんな女性漁師チームのメンバーの雄姿を確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です