大谷映芳の経歴|テレビ朝日ディレクターから登山家に転身した理由|友寄隆英(ナスD)との関係

友寄隆英のロゴ画像有名人

登山家といいますと、ふつうの職業とは異なって、とても特別な印象を抱いてしまうものですよね。

今回は、そんな登山家である大谷映芳さんという人物について、いろいろと見ていきたいと思います。

大谷映芳さんのプロフィールとは、はたして、どういった感じのものだったというのでしょうか。

もともとは、大谷映芳さんはテレビ朝日のディレクターだったといいますから、登山家に転身した理由が何だったのかも、とても気になってしまいますよね?

ここではさらに、そんな大谷映芳さんと友寄隆英(ナスD)さんの関係についても、いっしょに確認していきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

[tagpost id=”610″ num=”20″]

1.大谷映芳のプロフィール

202038日、20532326まで、テレビ朝日にて、『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』が放送されることになっています。

番組内容は、あの世界の最高峰として知られているヒマラヤ山脈で暮らす人々に会うために、20人のスタッフたちが登山に挑戦するという、とてもハードなものだったのでした。

もちろん、そこにはたくさんの問題があって、スタッフたちは試練にさらされることになります。

タイトルの通り、収録は150日にも及んだといいますから、まさに圧巻といえるでしょう。

そんな『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』に登場するのが、この記事の主人公である大谷映芳さんです。

大谷映芳さんは、1947年、神奈川県の出身。

生まれた月日は分かっていませんが、20203月現在、年齢は72歳か73歳ということになりますね。

そんな大谷映芳さんは登山家ですが、もともとはテレビ朝日に勤務していて、あの『ニュースステーション』のディレクターでもあったのです。

登山家としては、これまでに、K2、ラカポシなどに挑んできました。

一方、ディレクターとしては、チベット、ブータン、ギアナ高地、パタゴニアなどの番組を制作しています。

また、ネパールに診療所を建設するなど、慈善活動も展開。

『辺境へ』、『ドルポ』、『森とほほ笑みの国ブータン』といった本も出していました。

大谷映芳さんは、このように、マスコミ関係者から登山家という、なかなかないような経歴の持ち主ということですので、『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』の放送がさらに待ち遠しくなりそうですね。

2.大谷映芳がテレビ朝日ディレクターから登山家に転身した理由

『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』での活躍が待たれる、大谷映芳さん。

では、そんな大谷映芳さんが、テレビ朝日のディレクターから登山家に転身したのは、いったい、どうしてだったのでしょうか。

大谷映芳さんは、もともとプライベートにおいても、登山が好きだったそうです。

そんななか、ディレクターとしてかかわった『ニュースステーション』において、自然関係を重視するということになっていって、仕事としても登山をするようになっていったようですね。

登山は命がけのものですし、非常に大変なことでしょうが、このように、好きなことを仕事に生かせるのは、本当に幸運なことではないでしょうか。

3.友寄隆英(ナスD)のプロフィール

さて、大谷映芳さんの出演が楽しみな『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』には、おなじくテレビ朝日のプロデューサーの友寄隆英(ナスD)さんも登場します。

友寄隆英(ナスD)さんは、兵庫県の出身。

嫁は料理研究家の森崎友紀さんです。

そんな友寄隆英(ナスD)さんは、もとは獣医師になりたかったそうでした。

が、その後、舞台俳優、フリーディレクターなどを経て、テレビ朝日のプロデューサーとなったのです。

これまでに手掛けてきた番組は、『『ぷっ』すま』、『いきなり!黄金伝説。』、『よゐこの無人島0円生活』、『陸海空 地球征服するなんて』など。

ナスDというニックネームは、染料を塗った後、身体がナスのような色に見えたのがキッカケだったとか。

大谷映芳さんももちろんですが、友寄隆英(ナスD)さんにも、おおいに注目していきましょう。

4.大谷映芳と友寄隆英(ナスD)の関係

『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』で共演することになった、大谷映芳さんと友寄隆英(ナスD)さん。

その関係も気になりますが、どういうものだったのでしょう。

2人の直接的な接点は分かりませんでした。

が、友寄隆英(ナスD)さんは、『陸海空 地球征服するなんて』において、アマゾンの部族を取材するなど、大谷映芳さん同様、活躍していました。

2人が共演することになったのは、その経歴のワイルドさという共通点ゆえだったのでしょうね。

[tagpost id=”610″ num=”20″]


大谷映芳さんも、友寄隆英(ナスD)さんも、ふつうのテレビ局社員とは異なり、かなりマッチョな感じがします。

それだけに、『天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間』で見られる雄姿が楽しみです。

放送当日は見逃すことがないよう、注意しておきましょう。

コメント

  1. ない より:

    番宣かっ!

タイトルとURLをコピーしました