無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

伊勢崎賢治東京外国語大学教授の経歴|妻や子供や年収からトランペットを吹く動画と著書まで

伊勢崎賢治のロゴ画像

ここでは、学者の伊勢崎賢治さんに関する話題をお届けしていきたいと思います。

 

東京外国語大学教授を務めている、伊勢崎賢治さん。

そんな伊勢崎賢治さんの経歴や著書とは、いったい、どのようなものだったのでしょうか?

伊勢崎賢治さんの嫁、子供といった家族に関することや、年収がいくらだったのかも、とても興味深いですので、調べてみました。

なお、伊勢崎賢治さんといえば、トランペットを吹くという、あまり学者らしくない、実に意外すぎる趣味もあったとか。

そこで、伊勢崎賢治さんのトランペットを吹く動画のほうも見てまいりましょう。

坂田信弘の経歴と教え子一覧|古閑美保や上田桃子と笠りつ子に原江里菜の現在の年収を調査 西郷孝彦のロゴ画像西郷孝彦校長の経歴|校則なしでSNSトラブルが減った対策や著書を調査 笈川幸司のロゴ画像笈川幸司先生の芸人時代|コンビ名や相方の名前と現在の職業から当時の芸風と辞めた理由を調査

1.伊勢崎賢治東京外国語大学教授の経歴と著書

まずは、伊勢崎賢治さんの経歴について、チェックしていきましょう。

伊勢崎賢治さんは、1957年7月6日、東京都の出身で、現在の年齢は62歳となっていました。

写真を拝見する限りでは、還暦を超えているようには見えず、せいぜい40代くらいに見えなくもありませんね。

そんな伊勢崎賢治さんは、学者としては、異色ともいえる経歴となっていました。

1984年には、インドにある世界でもトップレベルのスラムにあえて住んで、コミュニティー・オーガナイザーとして活動を展開。

もっとも、この活動のほうは、残念ながら、1987年に、当局から国外退去命令を受けてしまったことで、中断してしまい、帰国を余儀なくされてしまいます。

が、その後、伊勢崎賢治さんは、1988年には、NGOのプラン・インターナショナルに就職して、シエラレオネ、ケニア、エチオピアに行って、それぞれ、農村の総合開発を担当していきました。

こうした活躍もあって、伊勢崎賢治さんは、国際的に多岐にわたって活躍していくことに。

1997年には、日本フォスター・プラン協会国際援助部長となって、1998年には、財団法人笹川平和財団調査役、主任研究員となって、中東問題に取り組んでいったのですね。

さらに、1999年には、国際連合平和維持局ニューヨーク本部主催DDR特別運営委員会日本政府代表、2000年には、国際連合東ティモール暫定行政機構上級民政官になり、2001年には、国際連合シエラレオネ派遣団にくわわり、国際連合事務総長副特別代表上級顧問兼武装解除・動員解除・社会復帰部長に就任。

国際紛争などの解決に積極的に携わっていきました。

このように国際経験豊富だった伊勢崎賢治さんは、2002年には、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授となり、学者に転身。

2006年には、東京外国語大学大学院地域文化研究科平和構築・紛争予防学講座教授、2009年には、東京外国語大学大学院総合国際学研究科国際協力専攻平和構築・紛争予防専修コース教授に就任し、現在に至っています。

ふつう、学者といえば、研究者としてのイメージが強いため、これだけ世界をまたにかけて活動していたとは、目からウロコというものでしょう。

そんな伊勢崎賢治さんには、

  • 『本当の戦争の話をしよう: 世界の「対立」を仕切る』
  • 『新国防論』
  • 『テロリストは日本の「何」を見ているのか』

といった著書があります。

 

2.伊勢崎賢治東京外国語大学教授の学歴

このような伊勢崎賢治さんだけに、学歴も気になりますが、こちらも実にグローバルなものでした。

高校は、東京都立立川高校。

大学は、早稲田大学理工学部建築学科。

そして大学院は、早稲田大学大学院理工学研究科都市計画専攻修了。

さらに、インドのボンベイ大学大学院社会科学研究科博士前期課程修了となっていたのです。

伊勢崎賢治さんは、経歴でも学歴でも、実に、インドと縁が深かったのですね。

 

3.伊勢崎賢治東京外国語大学教授の妻や子供や年収

このような経歴だけに、伊勢崎賢治さんの家族も興味深いですよね。

はたして、伊勢崎賢治さんに嫁、子供はいたのでしょうか?

調べてみたところ、くわしいことは不明でしたが、嫁と長男がいると、本人が語っていました。

紛争に関わる活動をしてきただけに、家族のくわしいことは明かさないようにしているのかもしれませんね。

一方、伊勢崎賢治さんの年収も知りたいですが、こちらは非公表。

もっとも、東京外国語大学教授の年収は、約980万円だとか。

伊勢崎賢治さんの場合は、一般的な学者よりも活動範囲も広いため、もっと稼いでいるのかもしれませんけどね。

 

4.伊勢崎賢治東京外国語大学教授のトランペットを吹く動画

めずらしいタイプの学者といえる伊勢崎賢治さんですが、実は、さらに意外な一面を持っていました。

なんと、トランペットを吹くというのですね。

海外で活動していたときに部下のアイルランド人が吹いていたのに魅せられ、ハマりだしたとのこと。

ジャズトランペッターとしての活動も展開しているといいますから、すごすぎます。

演奏する動画もありましたが、圧巻ですね。

興味がある方はぜひ、ご覧ください。

坂田信弘の経歴と教え子一覧|古閑美保や上田桃子と笠りつ子に原江里菜の現在の年収を調査 西郷孝彦のロゴ画像西郷孝彦校長の経歴|校則なしでSNSトラブルが減った対策や著書を調査 笈川幸司のロゴ画像笈川幸司先生の芸人時代|コンビ名や相方の名前と現在の職業から当時の芸風と辞めた理由を調査

伊勢崎賢治さんは、グローバルな経歴、学歴、おまけにトランペットと、既存の学者とは異なった、興味深い人物でした。

こうした人がさらに出てくれば面白いですよね。

これからも国際平和のため、尽力してほしいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です