>> 【注目】本は聴こう!今なら無料トライアル!詳しくはこちらをクリック <<

ReN(長渕蓮)の歌手経歴|レーサーを辞めた理由と今後の音楽活動やテレビ出演予定を調査

ReN(長渕蓮)のロゴ画像

みなさんは、ReN(長渕蓮)さんというシンガーソングライターをご存知でしょうか?

この記事では、そんなReN(長渕蓮)さんについて、さまざまな話題をお届けしていきたいと思います。

はたして、ReN(長渕蓮)さんとは、どういった経歴の持ち主だったというのでしょうか。

実は、そんなReN(長渕蓮)さんには、レーサーだったという意外な過去があったのです。

そこで、ReN(長渕蓮)さんがレーサーを辞めた理由とは何だったのか、見てまいりましょう。

ReN(長渕蓮)さんの今後の音楽活動、テレビ出演予定がどうなっていたのかも調べてみましたので、あわせてご覧ください。

1.ReN(長渕蓮)の歌手経歴

ReN(長渕蓮)さんは、1994228日、東京都の出身で、20207月現在の年齢は、26歳となっています。

名前、シンガーソングライターという職業的に、もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ReN(長渕蓮)さんの父親は、あのシンガーソングライターの長渕剛さんなのでした。

ちなみに、ReN(長渕蓮)さんの母親は、女優の志穂美悦子さんで、姉も女優の長渕文音さん。

つまり、ただのシンガーソングライターではなく、有名な芸能一家の出身者だったのですね。

シンガーソングライターで、父親が長渕剛さんとくれば、さぞかし音楽好きな子供時代を送ったに違いない、といったイメージを持たれることでしょう。

しかし、実際のReN(長渕蓮)さんは、幼かったころから車が好きで、レーサーをめざしていくことに。

わずか12歳にしてレーシングカートをし始めたReN(長渕蓮)さんは、2006年、オートパラダイス御殿場で、APGシリーズチャンピオンに。

その後、2010年には、全英カート選手権でベストルーキーアワード、瑞浪選手権で瑞浪MAXシリーズチャンピオンとなります。

さらに、2012年には、フォーミュラ・ピロータ・チャイナでシリーズ5位、2013年には、フォーミュラ・マスターズ・チャイナでシリーズ4位、2014年には、フォーミュラ4FCクラスでシリーズ8位となりました。

しかし、そんなReN(長渕蓮)さんは、2015年、レーサーを引退して、以降はシンガーソングライターとして活躍していくことに。

ReN(長渕蓮)さんの音楽活動は精力的なもので、2015年には、百戦蓮磨2015と称して、1年で100回以上にも及ぶライブを実現。

さらに、FUJIROCKFESTIVAL’15にも出演しました。

2016年には、初のアルバムである『Lights』をリリースしています。

そして2017年になると、とうとう初めての全国ワンマンツアーが敢行されて、いきおいは激しくなっていきました。

そんなReN(長渕蓮)さんの活動は2018年以降、ますます顕著になっていき、同年には、「Aurora」が『AbemaTV オリジナルドラマ 進出記念作品#声 だけ天使』の主題歌にタイアップされたのです。

また、ReN(長渕蓮)さんは、『人生が変わる1分間の深イイ話2時間 SP』において、松本潤さんから「いま会いたい人」として紹介され、ますます知名度が上がっていくことに。

2020年以降も、ReN(長渕蓮)さんの活躍がどのようになっていくというのか、ますます必見となることは間違いないでしょう。

2.ReN(長渕蓮)がレーサーを辞めた理由

さて、ReN(長渕蓮)さんといえば、すでに取り上げましたように、かつてはレーサーとして、そうとうな実績を残していたものの、辞めてしまっていたのでした。

はたして、その理由とは、どういったものだったのでしょうか。

ReN(長渕蓮)さんは、2014年、GAZOO Racing 86/BRZ Raceで腰椎を負傷してしまい、その影響によって、レーサーを辞めることとなったのですね。

本人が好き好んでシンガーソングライターに転向したのならともかく、こういった事情だったとは、お気の毒でした。

しかしながら、結果的にシンガーソングライターとして芽が出て、本当によかったですね。

きっと音楽活動にもレーサー時代の経験は生かされることでしょう。

3.ReN(長渕蓮)の今後の音楽活動

これだけ活躍していたReN(長渕蓮)さんの、2020年以降の音楽活動も気になりますよね。

新型コロナウイルスの影響で、今後の音楽活動の詳細は分かりませんでしたが、20207月現在、いろいろ動きはあったようです。

『王様のブランチ』のエンディングテーマに「We’ll be fine」が起用されることになったほか、同曲は、英語版の「We’ll be fine (English Version)」もデジタル配信されることに。

また、「We’ll be fine (Acoustic Version)」もリリースされることになったといいますから、めざましいですね。

ReN(長渕蓮)さんの音楽活動は前途洋々といえるのではないでしょうか。

4.ReN(長渕蓮)のテレビ出演予定

ReN(長渕蓮)さんのテレビへの出演はどうなっていたのでしょうか。

こちらも未定でしたが、2019年は大活躍でした。

COUNT DOWN TV』、『Love music』、『あさイチ』、『スッキリ』などといった番組で生パフォーマンスをしていたのです。

2020年は世相的に、積極的な活躍にはむずかしい点もありますが、ぜひ、各種番組に元気な姿で登場してほしいですね。


ReN(長渕蓮)さんは、長渕剛さんの息子ということを差し引いても、そうとう注目のミュージシャン。

元レーサーという過去も刺激的ですし、ますます動きが見逃せませんよね。

また、近いうちに、テレビでお目にかかれるのを楽しみにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です