>> 【注目】本は聴こう!今なら無料トライアル!詳しくはこちらをクリック <<

竜星涼がBL漫画の実写化映画に主演で登場!戦隊モノからの成長した演技の幅に注目

竜星涼BL

日本の戦隊モノといえば若手俳優の登竜門的なポジションでもあります。

例えば古くは「超獣戦隊ライブマン」でレッドを演じた嶋大輔さん、最近では「侍戦隊シンケンジャー」でレッドを演じた松坂桃李さん等は現在芸能界でも多方面で活躍をしていますね。

同じニチアサ枠(日曜朝)で放送されている仮面ライダーを含めると相当な人数の俳優を排出してきた枠ですが、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でキョウリュウレッドこと桐生ダイゴ役を演じた竜星涼さんがBL漫画の実写映画で主演を務めるという事で話題となっています。

今回は竜星涼さんの経歴や戦隊モノから現在に至る演技の幅について解説していきます。

1.竜星涼さんってどんな人?俳優としての経歴

名前:竜星涼

生年月日:1993年3月24日

出身地:東京都

竜星涼(りゅうせいりょう)さんですが、もの凄く独特な名前ですね。

横浜流星さんが本名で活動しているとの事で語感が似ている竜星涼さんも本名と思ってしまいますが、竜星涼というのは芸名で本名は非公開となっています。

三上竜星や川上竜星が本名としての説が存在します。

以前のインタビューで中学時代に走高跳が得意で助っ人で大会に出場したところ優勝して都大会にも出場したという話があり、2007年第60回東京都中学支部対抗大会で「三上竜星」という名前で記録がある事から三上竜星が本名だという説が出て来ました。

芸能人としては2009年に原宿でスカウトされ、2010年に現在所属している研音に所属、2010年4月のドラマ「素直になれなくて」でデビューを果たし、2012年3月に公開された「ライアーゲーム -再生-」で映画初出演となります。

映像作品で初主演を務めたのは若手俳優の登竜門である戦隊モノ「獣電戦隊キョウリュウジャー」で、「テセウスの船」や2017年NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演し、2020年は漫画原作の実写映画「ぐらんぶる」で主演をし、「弱虫ペダル」にも出演をしている事が記憶に新しい人もいるかと思います。

毎年様々な作品に出演する一方で2016年にパリコレデビューを果たし、2017年にも出演する等高身長とルックスでモデルとしても活躍しています。

2.戦隊モノから成長して演技の幅はどうなった?

俳優として活躍している竜星涼さんですが、「獣電戦隊キョウリュウジャー」での演技は、とりあえず好きな様に演じてから監督の指示に従って要らない物を引いていく作業と語り、その都度要望に応えていく演技だとしています。

また、危険なアクションシーンの撮影経験がとても楽しかったと語り、実際スタント使わないで自身で撮影に挑む時は楽しかった一方で、冬に水面に倒れるシーンの撮影は辛かったとも語っています。

俳優としての素養自体は俳優デビューとなった「素直になれなくて」のプロデューサーである中野利幸さんが「応用力や空気に馴染む早さ」を絶賛していて、「獣電戦隊キョウリュウジャー以降の作品への出演してキャリアを積む事で個性派俳優と称される事が多いです。

引用:moviecollectionjp 

竜星涼が飯テロに挑む、前代未聞の「極道×学園×美食」ドラマ『紺田照の合法レシピ』特報 より

特に感情表現が上手である事や高身長で抜群のスタイルを以てイケメンキャラを演じる事も少なくありませんが、Amazonプライムビデオ専用配信となっている極道が飯テロをする番組「紺田照の合法レシピ」ではコミカルな極道を演じていたり、最近上映された実写映画「ぐらんぶる」でも主演を務めていましたが、ほとんど服を着ていない主人公伊織を演じて笑いを誘ったりもして演技の幅がとても広くなっている事が分かります。

小綺麗な役からコミカル、果てはヨゴレの様な役まで抜群の演技力を以て演じている等、個性派俳優らしさが溢れていますね。

3.BL漫画原作の実写映画「リスタートはただいまのあとで」で主演に抜擢

 

抜群の演技力で高い評価を得ている個性派俳優の竜星涼さんですが、9月4日に漫画原作のBL(ボーイズラブ、つまりLGBTです)実写映画「リスタートはただいまのあとで」で主役である熊井大和を演じています。

「リスタートはただいまのあとで」は都会で挫折した青年が帰郷した先で農業に従事している青年との恋を描いた作品で、日本でLGBTというとネタが多めの笑える作品が多い中でのんびりした、それでいて丁寧に描かれた作品という評価です。

本作を演じるうえで竜星涼さんは「男同士のキス、恥ずかしいと思ったら芝居ができなくなる」と語っている等、演技に対してとても誠実に向き合っている事が分かりますね。

4.元気な役からカメレオン俳優に成長したきっかけは舞台

獣電戦隊キョウリュウジャー」では元気なキョウリュウレッドとして、以降はシリアスからコミカルな役を演じて演技の幅を広げている竜星涼さんですが、成長のきっかけとなったのは劇団☆新感線の舞台「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」を挙げています。

引用:Youtube DeviewOfficial

福士誠治&竜星涼が、 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』の見どころをアピール より

竜星涼さん自身当時は舞台稽古が始まるまで日舞の稽古を通して女形の着物の着こなしや所作を習い、とても大変な中にあって「実力不足は仕方ないから後悔しないように、自分のなかでやり尽くしてみよう」という姿勢で挑んできた結果、役者としての自信を得られた事を語っています。

この背景には竜星涼さん自身様々な役を自分なりに演じていく中で限界を感じていて、殻を破るきっかけを模索していたとしていて、映像作品ではないリアルタイムで演じる舞台が竜星涼さんには新鮮だったのでしょうね。

デビュー以降着実にキャリアを積み重ねている竜星涼さんですが、出演する作品毎に同じ演者とは思えない様な様々な演技を見せて「全くの別人に見える」という実力を発揮して個性派俳優としての地位を確立しています。

竜星涼さんはこれまで髪型に関してはおでこを全開にするオールバックがほとんどでしたが、「リスタートはただいまのあとで」では前髪を下ろした姿を見せ、「それによってかつてないかわいらしい自分を見せたい」として笑顔全開の純朴な青年を演じています。

これまでも様々な役を演じてきた竜星涼さんの役でもとりわけ珍しいキャラですが、それまでに数々の舞台やドラマへの出演で、今後も個性派俳優としては様々な役を演じていく竜星涼さんの活躍と成長に注目しましょう。

知ってました?

なんと0円で、当サイトでご紹介した作品を視聴する方法があるんです!!

それはネット配信サイト・ネットレンタルの無料トライアルを利用することです。

 

 

無料トライアル期間中に解約してもお金はかかりません!!

対象の作品だけでいいという方は、作品を見てから無料トライアル期間中に解約をするようにしてください。

 

 

作品ごとにサイトが異なるため、当サイトで調べておきました!!

なお作品への直接リンクではない場合にはアクセス先のサイトで作品名で検索をすることでご利用いただけます。

 

>>無料で「超獣戦隊ライブマン」を見る

>>無料で「侍戦隊シンケンジャー」を見る

>>無料で「獣電戦隊キョウリュウジャー」を見る

>>無料で「素直になれなくて」を見る

>>無料で「ライアーゲーム -再生-」を見る

>>無料で「テセウスの船」を見る

>>無料で「ひよっこ」を見る

>>無料で「紺田照の合法レシピ」を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です