TENTIALのマスク|仕事用マスクの決定版が購入可能になりました

佐藤健のLINEは本人が既読と返信|登録方法や期間と料金を調査|電話できるシュガーとは

佐藤健のロゴ画像

若手イケメン俳優として大人気で、映画やドラマで観ないことはない状態になっている、佐藤健さん。

 

なんと、そんな佐藤健さんとLINEができるという、ファンなら垂涎もののサービスが始まりました。

これは、佐藤健さんのファンならずとも、ぜひ利用してみたいものですよね。

しかも、LINEは、佐藤健さん本人が既読と返信?などといわれていますが、本当なのでしょうか。

そこでここでは、佐藤健さんのLINEへの登録方法、期間、料金を調べてみました。

また、電話できるシュガーとは何なのかも確認しておきましょう。

それではさっそく、ご覧ください。

1.佐藤健のプロフィール

佐藤健さんは、1989321日、埼玉県の出身で、現在の年齢は31歳となっています。

高校生だったころ、スカウトされたことによって、芸能界に入った、佐藤健さん。

記念すべき俳優デビューは、2006年の、ドラマ『プリンセス・プリンセスD』への出演でした。

佐藤健さんが俳優としてブレイクしたキッカケは、2007年に主演した、ドラマ『仮面ライダー電王』で、同年には、映画『仮面ライダー電王 俺、誕生!』への主演によって、映画デビューもはたすという、めぐまれたスタートを切っていきます。

その後、佐藤健さんは、映画では、『BECK』、『るろうに剣心』、『バクマン。』、『何者』、『億男』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『龍馬伝』、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、『ブラッディ・マンデイ』、『天皇の料理番』、『義母と娘のブルース』などといった人気作に出演し、すっかりトレンディー俳優に。

20202月現在も、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』に主演しています。

それ以外では、映画では、『リアル~完全なる首長竜の日~』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『世界から猫が消えたなら』、『亜人』、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、『サムライマラソン』、『ひとよ』など。

ドラマでは、『メイちゃんの執事』、『Q10(キュート)』、『冬のサクラ』、『とんび』、『ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~』などに出演してきました。

受賞歴も、エランドール賞新人賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、日本映画批評家大賞新人男優賞、ジャパンアクションアワードベストアクション男優部門最優秀賞、ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演男優賞など、実に輝かしいものとなっています。

2020年も、そんな佐藤健さんの動きに、おおいに注目ですね。

2.佐藤健のLINEは本人が既読と返信

このように、めざましい活躍を見せていた、佐藤健さん。

当然、ファンもおおぜいとなっているわけですが、そんな方々にとってはとてもうれしいことに、佐藤健さんとLINEできることになっていたのです。

さて、芸能人でこうしたサービスを提供している人はほかにもいるものの、本当に佐藤健さん本人がかかわっていたのでしょうか?

ここはどうしても、気になってくるところではないかと思われます。

あくまでそういう設定だけなのかと思いきや、佐藤健さんいわく、ファンからの返信はチェックしているとのこと。

もちろん、すべてとは思えませんが、本人がちゃんと目を通していたのは、朗報ですよね。

なお、佐藤健さんのLINEについては、本人が既読と返信?ということも話題のようですが、一方で、実際、本人と会話が成り立ったという報告も。

しかし、あれだけ多忙な佐藤健さんがファンと日常的にやり取りというのは考えにくいため、そういう仕組みになっている可能性が高そうですね。

 

3.佐藤健のLINEの登録方法、期間、料金

では、佐藤健さんのLINEを利用するために知っておきたい諸事項を確認してみましょう。

まず、登録方法は、拍子抜けしてしまうほど、かんたん。

LINE公式アプリで佐藤健さんの公式アカウントを探し、あとは、友達登録するだけだったのです。

一方、利用できる期間、利用料金は不明でした。

こちらも詳細が明らかになればいいですね。

 

4.佐藤健のLINEで電話できるシュガーとは

LINEといえば、メッセージだけではなく、電話も欠かせません。

さて、佐藤健さんのLINEでも電話ができるというのですが、これにはシュガーというアプリが必要とのこと。

シュガーは、フォローした著名人とテレビ電話ができるという、夢のようなアプリ。

使い方ですが、スマホにインストールし、会員登録し、著名人をフォローし、参加方法を選択すれば、OKです。

あとは、佐藤健さんと通話できるチャンスを、楽しみに待ちましょう。

 


まさか、あの佐藤健さんが、LINEで電話まで応じてくれていたとは、ビックリですね。

もちろん、利用者全員が必ずできるわけではありませんが、それでもたいしたサービス精神だといえるのではないでしょうか。

あなたもぜひ、佐藤健さんのLINEに登録して、本人とコミュニケーションできる機会を狙ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です