志田 未来さんの経歴|代表作や女優としての経歴について

映画ドラマ動画

女優の志田未来さんが、連続テレビ小説『エール』に出演し話題を呼んでいます。

2019年1月から放送された『ハケン占い師アタル』に出演した以降、テレビドラマにレギュラー出演していなかったので、朝ドラで見たファンの方はホッとしたのではないでしょうか?

今回はそんな志田未来さんのプロフィールや過去の出演作についてまとめていきます。

志田未来のプロフィール

名前志田 未来(しだ みらい)
生年月日1993年5月10日 28歳
出身地神奈川県
所属事務所研音

志田未来さんは6歳の頃に『セントラル子供劇団』に入団し、子役として芸能界で活動し始めます。子役時代を知っている人のほうが少ないのではないでしょうか?

2000年、2002年とテレビドラマ、映画に初出演を果たし、2005年にはドラマ『女王の教室』で連ドラ初レギュラー出演。2006年に現在の事務所・研音に移籍し、同年10月から放送の『14才の母』で連続ドラマ初主演に抜擢されました。

志田未来さんと言えば名作ドラマ『14才の母』ですよね。当時は相当話題になり、周りで見ていなかった知人はいなかったと思います。

同作で一躍有名になった志田未来さんは、その後も話題作に出演し続けますが、2015年頃からテレビドラマにレギュラー出演することがほとんどなくなりました。2013年に開設したYouTubeチャンネル『志田ちゃんねる』が関係しているのかと思いきや、チャンネルも現在はほとんど更新されていません。

不祥事やスキャンダルもありませんので、視聴率が伸びず脇役的ポジションで起用されることが多くなったと考えるのが普通でしょう。

志田未来さんのプライベート・性格

プライベートでは2018年9月に一般男性と結婚されたので、すこしオフの期間をつくったのかもしれませんね。ゆくゆくお子様出産するとなると、今年あたりでドラマ出演が一つ区切りを迎えるかもしません。

そんな志田未来さん、実は性格が悪いと言われていて、ネット上で相当叩かれているのです。バラエティ番組でのわがままっぷりや、番組スタッフ、ファンに対しての横暴な態度は有名な話で、志田未来=性格悪いが定着しているようです。

ドラマのレギュラー出演が減ったのは、性格の悪さが絡んでいるかもしれませんね。今後の女優生活に影響されなければいいですが。

志田未来の出演作

志田未来さんが出演した代表作を2つ厳選したので、簡単に紹介していきましょう。

14才の母・一ノ瀬 未希役

前述にもあるように、志田未来さんと言えば『14才の母』ですよね。未成年の出産に関して描いたドラマで、一時は社会現象にまでなりました。

あまりにも視聴率が良かったのか、全10話の予定が11話になり、最終話は20分拡大で放送されました。志田未来さんは当時のことを振り返り、

「当時13歳の私が、14歳で妊娠し母になる、どうゆう感情で演じればいいか必死だった」

と語っています。確かに、高校生くらいになれば考えも大人になってくるので演じやすかったかもしれませんが、当時13歳の志田未来さんにとってはハードルが高い役でしたね。

誰も守ってくれない・船村 沙織役

2009年1月に上映された映画『誰も守ってくれない』は、志田未来さんの映画初主演作品です。第32回モントリオール世界映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、話題になりました。

映画の撮影に入る際、君塚監督から「役作りはしなくていい。自由にやればいい」と言われ、役作りしなかったそうです。逆にそれがプレッシャーで、どうすればいいか分からなかったと、志田未来さんは振り返っています。

現在出演中のドラマ

志田未来さんは現在2つのドラマに出演中なので、その役柄やネットでの反響を調査していこうと思います。

エール・畠山 まき子役

NHK連続テレビ小説『エール』の11月12日放送分に出演した志田未来さん。畠山まき子の役名でリンゴ農家の娘を演じたのですが、まさかの今年春に出演したドラマでもリンゴ農家の娘を演じていました。

こんな偶然あるんですね。『14才の母』のイメージとはガラリと変わり、見た目も演技も一皮剥けた志田未来さんを見ることが出来ました。

ネットでの反響

今回の放送で志田未来さん演じるまき子と佐久本宝さん演じる浩二が結婚することになるのですが、それについてネット上では、

「浩二さん、まき子さん結婚おめでとうございます!」「今日は祝酒!」「志田未来ちゃん花嫁姿かわいかった」

など、大反響でした。特に志田未来さんの花嫁姿を絶賛するコメントが多く見られました。この反響っぷり、このまま女優として再ブレイクすればいいのですが…。

監察医 朝顔・安岡 光子役

11月2日から放送されている『監察医 朝顔 第2シーズン』に安岡光子役で出演している志田未来さん。空気の読めないアルバイト役がどハマりで、志田未来さんの演技力がまた注目されているんです。

志田未来さんにとって今年2本目のドラマ出演で、視聴率もそれなりです。

ネットでの反響

今回破茶滅茶なアルバイト役を演じてることに関して、ネット上では

「光子キャラ濃すぎて毎回楽しみ」「視聴者目線で親近感湧く」「普通だったらイラつくけど、志田未来だからイラつかない」

など、役柄とは違い志田未来さんに好感が寄せられています。『エール』と言い『監察医 朝顔』と言い、演技力が注目され志田未来さん自身も喜んでいるのではないでしょうか。

まとめ

今回は女優・志田未来さんにスポットを当てていきました。

童顔で可愛らしい顔をしている志田未来さんですが、個性的な役が多く、どんな役でもこなす演技派女優だと改めて認識しました。

今後どんな役を演じるのか、非常に楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました