無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

幸せの行方(映画)のネタバレあらすじや実話事件との登場人物対応表|主人公や妻の現在

幸せの行方のロゴ画像

今回は、『幸せの行方...』という映画をご紹介したいと思います。

 

この作品は、ロバート・ダーストという、実在した殺人鬼をモチーフにした、大変、迫力あるサスペンス映画となっていました。

そこで、この記事では、そんな映画『幸せの行方...』やロバート・ダーストに、迫っていきたいと思います。

はたして、映画『幸せの行方...』とは、どういったあらすじ、ネタバレだったのでしょうか?

さらに、ロバート・ダーストが起こしたとされる事件との登場人物の対応や、主人公のモデルのロバート・ダーストや、彼の嫁が現在、どうなっているのかも、チェックしていきましょう。

【関連】

1.幸せの行方(映画)のあらすじ

デヴィッド・マークスは、ニューヨークで巨万の富を持っているサンフォード・マークスの長男。

そんなデヴィッド・マークスは、ケイティ・マークスという、平凡な女性と結婚しました。

サンフォード・マークスは、デヴィッド・マークスとケイティ・マークスの結婚に否定的でしたが、これを押し切ってのことだったのです。

やがてデヴィッド・マークスは、サンフォード・マークスの事業とは無縁に、食品店経営者として暮らすことになります。

その後、サンフォード・マークスに説き伏せられ、デヴィッド・マークスは事業に関わりますが、向いていなかったため、出世できませんでした。

一方、家庭では、デヴィッド・マークスは、ケイティ・マークスが子供を欲しがるのに対して、幼少時に母親が自殺していたことが影響して、消極的で、ケイティ・マークスが妊娠したのに降ろさせます。

その後、ケイティ・マークスは、大学の医学部に合格しますが、夫婦仲は悪くなっていきました。

そして、ケイティ・マークスは謎の失踪を遂げてしまったのです。

2.幸せの行方(映画)のネタバレ

ケイティ・マークスが失踪を遂げてから、18年という歳月が流れ去りました。

そんななか、デボラ・ラーマンという女性の小説が、ケイティ・マークスの失踪にあまりにも似ていたため、またしても捜査が開始されることになります。

しかし、デボラ・ラーマンとは、実は、デヴィッド・マークスの友人なのでした。

しかも、失踪直前のケイティ・マークスと見られていた女性も、デボラ・ラーマンの変装したものだったのです。

デヴィッド・マークスは、口封じに、デボラ・ラーマンを殺害させ、その犯人までも手にかけます。

結果、デヴィッド・マークスは、犯人殺害のみ発覚しますが、無罪となって、殺人罪で裁かれることはありませんでした。

一方、ケイティ・マークスの失踪については、迷宮入りとなってしまいます。

 

3.幸せの行方(映画)の実話事件との登場人物対応表

このような映画『幸せの行方...』なのですが、すでに申し上げたように、ロバート・ダーストという実在の人物が、主人公のモデル。

そう、デヴィッド・マークスが、ロバート・ダーストに当たるのですね。

そして映画の内容は、このロバート・ダーストが疑われている事件の内容とほぼいっしょなのでした。

失踪したケイティ・マークスに当たるのは、キャサリン・ダーストさん。

殺したことになっているデボラ・ラーマンに当たるのは、スーザン・バーマンさん。

また、おなじく殺した犯人に当たるのは、モーリス・ブラックさん。

父親のサンフォード・マークスに当たるのは、シーモア・ダーストさん。

なお、映画『幸せの行方...』が公開されたのは、2010年でしたが、その後、2015年になって、この事件は急展開を見せます。

信じられないことに、ロバート・ダーストが、ドキュメンタリー番組『THE JINX』の収録中に、ついうっかり、ひとりごととして3人の殺害を口走ってしまい、逮捕されたのです。

むしろ、こっちのほうが映画みたいな結末ですから、映画製作にかかわったスタッフ、キャストたちも、さぞかし驚愕したことでしょう。

 

4.幸せの行方(映画)の主人公や妻の現在

では、映画『幸せの行方...』の主人公のデヴィッド・マークスのモデル、ロバート・ダーストや、ケイティ・マークスのモデル、キャサリン・ダーストさんは、2020年現在、どうなっていたのでしょう。

キャサリン・ダーストさんは、遺体こそ見つかっていないものの、ロバート・ダーストの話が事実なら、殺害されたことになります。

一方、肝心のロバート・ダーストは、まだ裁判が続いていました。

事件といい、ロバート・ダーストといい、最終的に、どのように決着がつくというのか、実に興味深いところですね。

キャサリン・ダーストさんの行方も気になります。

【関連】

 

 

実在の事件を扱った映画は多いものの、『幸せの行方...』は、なかでも、印象的。

モデルとなったのが、アメリカ犯罪史上、もっとも全米を騒がせた事件の1つですからね。

なお、ロバート・ダーストについては、2020年5月24日に、フジテレビの『日曜THEリアル!』で取り上げられますから、お見逃しなく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です