映画、ドラマ、アニメ、電子書籍も写真集も今なら31日間無料

藤井靖明星大学准教授の臨床心理士経歴とかつら疑惑を最近の顔画像で確認

藤井靖のロゴ画像

明星大学准教授で臨床心理士の藤井靖さんについて、いろんな話題を見ていきたいと思います。

はたして、藤井靖さんとは、どういったプロフィールの人物だったのでしょうか?

職業が固い感じであるだけに、藤井靖さんの経歴、学歴が、とても気になって来ますよね。

しかし、藤井靖さんをめぐっては、おどろくべき疑惑がありました。

なんと、藤井靖さんには、かつら疑惑なるものがあったというのですね。

藤井靖さんのかつら疑惑の真偽はどうだったのか、ここでは、藤井靖さんの最近の顔画像で確認していきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

1.藤井靖明星大学准教授の経歴

藤井靖さんは、明星大学准教授で、臨床心理士です。

都道府県のスクールカウンセラー、心療内科や精神科の心理カウンセラーも務めるなど、その活躍は多岐に及んでいました。

そんな藤井靖さんは、197929日、秋田県の出身で、20206月現在の年齢は、41歳となっています。

これまでに、野村忍さん、菅野純さんのもとで学び、心理学者として研鑽に励んできた、藤井靖さん。

取り扱っている領域は、臨床心理学はもちろんのこと、臨床ストレス科学、脳科学、心身医学、応用健康科学、教育学、学校カウンセリング学など、かなり多岐にわたっていました。

専門は認知行動療法であるものの、精神疾患、心身症、発達障害、ストレス、不登校、いじめなど、医学的、教育的な問題に造詣が深く、さらに、犯罪心理、恋愛心理、スポーツ心理など、さまざまなジャンルに食い込んでいたのですね。

さて、意外にも、そんな藤井靖さんの実家は和菓子屋で、これが原因で経済を学ぶものの、大学時代に家庭教師をしたことで教育に関心を持っていき、臨床心理学に進むことになったといいます。

なかなか聞いたことがないような流れですから、とても興味深い話ですよね。

そんな藤井靖さんは、これまでの職歴もすごいものでした。

臨床心理士としては、2012年に東京都教職員互助会三楽病院非常勤臨床心理士、2015年に国立精神・神経医療研究センター病院総合内科部心療内科非常勤臨床心理士。

スクールカウンセラーとしては、2005年に群馬県教育委員会スクールカウンセラー、2007年に東京都教育委員会スクールカウンセラー。

学者としては、2008年に早稲田大学人間科学学術院学校カウンセリング学研究室助手、2011年に早稲田大学人間科学学術院臨床心理学系助教、2015年に国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学研究部研究員、早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員、2016年に国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学研究部客員研究員、明星大学人文学部心理学科准教授、2017年に明星大学心理学部心理学科准教授を務めてきたのです。

これまでに出演してきた番組も、『報道ステーション』、『news23』、『スーパーJチャンネル』、『大下容子ワイド!スクランブル』、『情報プレゼンター とくダネ!』、『Nスタ』、『スッキリ』、『あさチャン!』、『ビートたけしのTVタックル』、『バイキング』、『真相報道バンキシャ!』など、多数になっていました。

2.藤井靖明星大学准教授の学歴

これだけすばらしい経歴だった藤井靖さんですが、学歴はどうなっていたのでしょうか。

藤井靖さんの学歴は小学校、中学校、高校、大学、大学院と、すべて分かっていました。

小学校は秋田市立中通小学校、中学校は秋田大学教育文化学部附属中学校、高校は秋田県立秋田高校、大学は早稲田大学人間科学部、大学院は早稲田大学大学院博士後期課程修了だったのです。

いくら学者とはいえ、博士号まで取得していたとは、実にすごい学歴でした。

3.藤井靖明星大学准教授のかつら疑惑

しかし、藤井靖さんには、輝かしい経歴、学歴とは裏腹に、かつら疑惑があったとか。

ネット上の意見を見ていくと、いかにも被せてあるといった、なかなか辛辣なものもあるようですね。

結論としては、藤井靖さんが確実にかつらだという根拠は、もちろんありません。

しかし、仮にかつらだったとしても、それは悪いことではありませんし、これまでの藤井靖さんの業績を考えれば、じゅうぶん許容範囲内ではないでしょうか。

4.藤井靖明星大学准教授のかつら疑惑を最近の顔画像で確認

とはいえ、やはり気になってしまう、藤井靖さんのかつら疑惑。

そこで、藤井靖さんの最近の顔画像で、実際、どうなのか確認していきましょう。

あくまで個人的な感想ですが、たしかに、色が真っ黒すぎて、被せてあるような感じがしなくもありませんね。

もっとも、繰り返しになりますが、藤井靖さんの仕事には何ら関係がないことですけどね。


藤井靖さんは、臨床心理士といっても、活動内容が広すぎて、圧巻でしたね。

おそらく、日本一多忙な臨床心理士ではないでしょうか。

とにかく、これからもいろんな分野での活躍をお祈りしたいと思います。

藤井靖明星大学准教授の臨床心理士経歴とかつら疑惑を最近の顔画像で確認

明星大学准教授で臨床心理士の藤井靖さんについて、いろんな話題を見ていきたいと思います。

はたして、藤井靖さんとは、どういったプロフィールの人物だったのでしょうか?

職業が固い感じであるだけに、藤井靖さんの経歴、学歴が、とても気になって来ますよね。

しかし、藤井靖さんをめぐっては、おどろくべき疑惑がありました。

なんと、藤井靖さんには、かつら疑惑なるものがあったというのですね。

藤井靖さんのかつら疑惑の真偽はどうだったのか、ここでは、藤井靖さんの最近の顔画像で確認していきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

1.藤井靖明星大学准教授の経歴

藤井靖さんは、明星大学准教授で、臨床心理士です。

都道府県のスクールカウンセラー、心療内科や精神科の心理カウンセラーも務めるなど、その活躍は多岐に及んでいました。

そんな藤井靖さんは、197929日、秋田県の出身で、20206月現在の年齢は、41歳となっています。

これまでに、野村忍さん、菅野純さんのもとで学び、心理学者として研鑽に励んできた、藤井靖さん。

取り扱っている領域は、臨床心理学はもちろんのこと、臨床ストレス科学、脳科学、心身医学、応用健康科学、教育学、学校カウンセリング学など、かなり多岐にわたっていました。

専門は認知行動療法であるものの、精神疾患、心身症、発達障害、ストレス、不登校、いじめなど、医学的、教育的な問題に造詣が深く、さらに、犯罪心理、恋愛心理、スポーツ心理など、さまざまなジャンルに食い込んでいたのですね。

さて、意外にも、そんな藤井靖さんの実家は和菓子屋で、これが原因で経済を学ぶものの、大学時代に家庭教師をしたことで教育に関心を持っていき、臨床心理学に進むことになったといいます。

なかなか聞いたことがないような流れですから、とても興味深い話ですよね。

そんな藤井靖さんは、これまでの職歴もすごいものでした。

臨床心理士としては、2012年に東京都教職員互助会三楽病院非常勤臨床心理士、2015年に国立精神・神経医療研究センター病院総合内科部心療内科非常勤臨床心理士。

スクールカウンセラーとしては、2005年に群馬県教育委員会スクールカウンセラー、2007年に東京都教育委員会スクールカウンセラー。

学者としては、2008年に早稲田大学人間科学学術院学校カウンセリング学研究室助手、2011年に早稲田大学人間科学学術院臨床心理学系助教、2015年に国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学研究部研究員、早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員、2016年に国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学研究部客員研究員、明星大学人文学部心理学科准教授、2017年に明星大学心理学部心理学科准教授を務めてきたのです。

これまでに出演してきた番組も、『報道ステーション』、『news23』、『スーパーJチャンネル』、『大下容子ワイド!スクランブル』、『情報プレゼンター とくダネ!』、『Nスタ』、『スッキリ』、『あさチャン!』、『ビートたけしのTVタックル』、『バイキング』、『真相報道バンキシャ!』など、多数になっていました。

2.藤井靖明星大学准教授の学歴

これだけすばらしい経歴だった藤井靖さんですが、学歴はどうなっていたのでしょうか。

藤井靖さんの学歴は小学校、中学校、高校、大学、大学院と、すべて分かっていました。

小学校は秋田市立中通小学校、中学校は秋田大学教育文化学部附属中学校、高校は秋田県立秋田高校、大学は早稲田大学人間科学部、大学院は早稲田大学大学院博士後期課程修了だったのです。

いくら学者とはいえ、博士号まで取得していたとは、実にすごい学歴でした。

3.藤井靖明星大学准教授のかつら疑惑

しかし、藤井靖さんには、輝かしい経歴、学歴とは裏腹に、かつら疑惑があったとか。

ネット上の意見を見ていくと、いかにも被せてあるといった、なかなか辛辣なものもあるようですね。

結論としては、藤井靖さんが確実にかつらだという根拠は、もちろんありません。

しかし、仮にかつらだったとしても、それは悪いことではありませんし、これまでの藤井靖さんの業績を考えれば、じゅうぶん許容範囲内ではないでしょうか。

4.藤井靖明星大学准教授のかつら疑惑を最近の顔画像で確認

とはいえ、やはり気になってしまう、藤井靖さんのかつら疑惑。

そこで、藤井靖さんの最近の顔画像で、実際、どうなのか確認していきましょう。

あくまで個人的な感想ですが、たしかに、色が真っ黒すぎて、被せてあるような感じがしなくもありませんね。

もっとも、繰り返しになりますが、藤井靖さんの仕事には何ら関係がないことですけどね。

まとめ

藤井靖さんは、臨床心理士といっても、活動内容が広すぎて、圧巻でしたね。

おそらく、日本一多忙な臨床心理士ではないでしょうか。

とにかく、これからもいろんな分野での活躍をお祈りしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です