TENTIALのマスク|仕事用マスクの決定版が購入可能になりました

河田総一郎の作詞作曲家経歴|楽曲提供アーティストと代表曲一覧

河田総一朗のロゴ画像

2020719日、23:1000:05、『関ジャム 完全燃SHOW』が放送されます。

 

さまざまな作曲家が登場しますので、音楽が好きな方はとくに、チェックしておきたいですね。

ということで、ここで取り上げていきたい『関ジャム 完全燃SHOW』に登場する作曲家が、河田総一郎さんです。

河田総一郎さんとは、はたして、どういったプロフィールの人物だったのか、とても興味深いですよね。

そこで、この記事では、河田総一郎さんの作詞家、作曲家としての経歴をまとめてみました。

さらに、河田総一郎さんが楽曲を提供してきたアーティストにはどういった人々がいたのか、そして代表曲にはどういった作品があったのかも、確認してまいりましょう。

【関連】

1.河田総一郎の作詞作曲家経歴

河田総一郎さんは、716日、岡山県の出身です。

生年が分かっていないため、2020年現在、年齢がいくつなのかは不明でした。

河田総一郎さんは、佐々木望さんとともに、Soulifeを結成して、2006年、シングル「アゲハ」のリリースによって、インディーズデビュー。

そしてSoulifeは、2010年、シングル「きらり」のリリースによって、メジャーデビューをはたしています。

しかしその後、きわめてめずらしいことに、Soulifeは、自分たちの音楽活動よりも、他のアーティストへの楽曲の提供によって、キャリアを築いていくことになりました。

Soulifeから楽曲の提供を受けたアーティスト、代表曲については、後ほどあらためてご紹介していきたいと思います。

なお、自分たちの音楽活動としては、2007年にシングル「春カナタ」、「Curve」、2010年にシングル「きらり」、2011年にシングル「風ノユクテ」をあいついでリリースして、注目を集めてきました。

一方、Soulifeといえば、他のアーティストのサポートでも有名。

これまでにコラボしてきたアーティストは、リトルグリーモンスターをはじめ、多数となっています。

そんななか、河田総一郎さんは、Soulifeにおいては、ヴォーカル、ギターを担当。

ほかにも、作詞、作曲も手掛けるなど、活躍を見せてきました。

中原中也、谷川俊太郎さん、ボブ・ディランさんのファンで、好物はワイン、趣味はひとり豚しゃぶ、サイクリング、お笑い鑑賞とのこと。

好きな人物、飲食物的には、なんとなく、芸術志向が強そうな印象を受けますね。

これからも、そんな河田総一郎さんのさらなる活躍を願いたいものです。

2.河田総一郎の学歴

それでは、河田総一郎さんの学歴は、どうなっていたのでしょうか。

さっそく探ってみたところ、出身の高校、大学が明らかになっていたのです。

河田総一郎さんの高校は金光学園中学・高校、大学は和光大学でした。

金光学園中学・高校は中高一貫校ですから、中学校もここだった可能性もありそうですね。

金光学園中学・高校からは、中田秀夫さん、加藤六月さん、菅伸子さんなど。

和光大学からは、江原啓之さん、鈴木杏さん、石崎ひゅーいさん、笠井潔さん、前田司郎さんなどといった人々が輩出されています。

映画監督、政治家、ファーストレディー、スピリチュアル、女優、ミュージシャン、作家など、河田総一郎さんもふくめ、多彩な人材が育っていたのですね。

 

3.河田総一郎の楽曲提供アーティスト

続いては、河田総一郎さんが楽曲を提供してきたアーティストを確認していきましょう。

男性ソロでは遊助さん、女性ソロでは家入レオさん。

男性グループではKing&Prince、女性グループではNMB48、欅坂46、乃木坂46、リトルグリーモンスターなど。

いずれも、誰でも知っているようなメジャーなアーティストばかりですから、おどろきますよね。

ジャンル的には、King&PrinceNMB48、欅坂46、乃木坂46など、アイドルグループが多めなのが特色といえるでしょう。

 

4.河田総一郎の代表曲一覧

それでは、河田総一郎さんがアーティストに提供してきた数えきれない曲のうち、代表曲を見ていきたいと思います。

家入レオさんは「春風」、「祈りのメロディー」。

アルバム「TIME」に収録されています。

King&Princeは記念すべきCDデビュー曲となった「シンデレラガール」。

NMB48は「初恋至上主義」。

欅坂46は「乗り遅れたバス」、「キミガイナイ」、「語るなら未来を」、「二人セゾン」。

乃木坂46は「孤独兄弟」、「Tender days」、「あらかじめ語られるロマンス」。

遊助さんは「VIVA! Nossa Nossa」、「Earth Child」、「銀座線」、「Sunshine」、「僕のパパ」、「宴」、「愛して 愛して」、「きみ」、「ひとつ」。

リトルグリーモンスターは「Happy Gate」などとなっていました。

ソロ歌手、アイドルグループ、ヴォーカルグループと、ここまで多様なジャンルに対応できるとは、河田総一郎さんの才能にはおどろかざるをえません。

ましてや、以上はあくまで一部であって、ほかにもまだまだ提供曲があるわけですから、なおさらというものでしょう。

【関連】

河田総一郎さんのマルチな才能には、心底、ビックリさせられました。

今後もさらに日本の音楽を盛り上げていただきたいものですね。

2020719日には、『関ジャム 完全燃SHOW』をぜひ、ご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です