西浦博教授の経歴学歴|年齢や自宅と結婚相手|あだ名の8割おじさんの由来と名付け親

西浦博士教授のロゴ画像有名人

最近の新型コロナウイルスをめぐっては、各方面の専門家が多数メディア出演をしていて、すっかりおなじみになった顔ぶれもありますね。

そんななかでも注目すべき人物として、「8割おじさん」として知られている、西浦博さんがいます。

そこで、ここでは、西浦博さんについて取り上げていきたいと思います。

西浦博さんのこれまでの経歴や学歴とは、どういったものだったのでしょうか。

年齢はいくつなのか、自宅がどこにあるのか、結婚相手はだれなのかについても、調べてみました。

また、西浦博さんのあだ名の「8割おじさん」の由来や、名付け親がだれだったのかも見てまいりましょう。

[tagpost id=”644″ num=”20″]

1.西浦博教授の経歴と年齢

西浦博さんは、1977年、大阪府の出身で、2020年現在の年齢は、43歳となっています。

西浦博さんは、子供のころからロボットコンテスト、ソーラーカー開発に関心があるという、理系趣味だったといいます。

このころから将来の萌芽が見られていたのですね。

が、そんななか、阪神淡路大震災が発生してしまい、被災者を助ける医師に影響を受けたことによって、医師をめざすことになりました。

そして見事、医学部を卒業し、医師国家試験に合格して、医師免許を得た西浦博さんは、2002年、東京都立荏原病院に非常勤で勤務。

2004年には、イギリスで、インペリアル・カレッジ・ロンドン客員研究員、2005年には、ドイツで、エバーハルト・カール大学テュービンゲン研究員となり、2006年には、長崎大学特任准教授となります。

さらに2007年には、オランダで、ユトレヒト大学博士研究員に、2011年には、香港大学公衆衛生大学院助理教授になりました。

このように、海外経験が豊富だった西浦博さんは、2013年には、東京大学大学院准教授、2016年には、北海道大学大学院教授となって、もっぱら日本を活動拠点として、現在に至っています。

専門分野は理論疫学、医療管理学、衛生学で、2020年以降、新型コロナウイルスの流行にともなって、そのメディア露出が増えて、すっかりお茶の間でも有名になりました。

著書には、編纂した『感染症数理モデルの実用化と産業及び政策での活用のための新たな展開』があります。

2.西浦博教授の学歴

さて、これだけのあまりにも立派すぎる経歴を持っていた西浦博さんは、学歴はどうなっていたのでしょうね。

もはや想像するまでもないかもしれませんが、こちらも立派すぎるものとなっておりました。

医師を志す前は、医学とは関係がない神戸市立工業高等専門学校に進学していたという、西浦博さん。

しかし、阪神淡路大震災後、医師を志すようになってからは、1996年、宮崎医科大学医学部に進学。

2002年、宮崎医科大学医学部を卒業し、就職しますが、その後も、複数の学校で学んでいきました。

2003年には、マヒドン大学大学院に進学し、2004年には、広島大学大学院に進学し、2006年には、広島大学大学院博士課程を修了しています。

高名な西浦博さんですが、まさか、これだけ国内外で学問、研究に励んでいたとは、まったくもって、頭が下がるばかりでしょう。

3.西浦博教授の自宅と結婚相手

あれだけ著名な西浦博さんだけに、自宅がどこなのかや、結婚した嫁はどういう人物なのかも気になるところです。

しかし、こちらは、調べても明らかになっていませんでした。

もっとも、西浦博さんは、北海道大学大学院教授ですから、自宅は北海道内にある可能性が高いのではないでしょうか。

また、年齢的、経歴的に見ても、嫁はいるとみたほうが普通でしょうし、いたとしたら、医療関係者である可能性も高そうですね。

4.西浦博教授のあだ名の8割おじさんの由来と名付け親

西浦博さんといえば、あだ名の「8割おじさん」でも有名な存在。

では、この「8割おじさん」の由来、名付け親は、それぞれ、どうなっていたのでしょうか。

8割おじさん」の由来は、新型コロナウイルスの流行拡大予防のために、人との接触を8割削減することが必要だと主張したことでした。

ちなみに、西浦博さんは、他人からそう呼ばれるだけではなく、自称してもいます。

一方、そんな「8割おじさん」の名付け親は、おなじく医学者である押谷仁さんでした。

押谷仁さんは、1959429日、東京都の出身で、2020年現在の年齢は、43歳となっています。

学歴は、東北大学医学部卒業、テキサス大学公衆衛生大学院卒業。

国立仙台病院研修医、新潟大学医学部講師、世界保健機関西太平洋地域事務局感染症対策アドバイザーを経て、2005年に、東北大学大学院教授に就任し、現在に至っています。

名付けられたほうも、名づけたほうも、2人とも、学歴、経歴ともに一流で、すごすぎますね。

[tagpost id=”644″ num=”20″]


西浦博さんは、想像以上にすごい人物だったようですね。

これからもさらなる活躍が期待されるでしょう。

そして、こういった人たちの尽力によって、新型コロナウイルスが早期に収まることを祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました