TENTIALのマスク|仕事用マスクの決定版が購入可能になりました

岡田健史の経歴|兄弟がカルマか岡田将生説の真相と本名|高校野球時代のイケメン過ぎる画像

岡田健史のロゴ画像

今回は、俳優の岡田健史さんについて、取り上げていきたいと思います。

 

岡田健史さんはまだデビューしてからそこまで経っていない俳優ではありますが、どういった作品に登場してきたのか、その経歴が注目ですよね。

また、岡田健史さんといえば、兄弟がカルマさん、岡田将生さんという、おどろくべき説もあったようですが、その真相とはどうなっていたのでしょうか。

本名についても調べてみました。

なお、岡田健史さんは高校野球でも知られていたため、その当時のイケメン過ぎる画像も見ていきたいと思います。

それでは、さっそくご覧ください。

1.岡田健史の経歴

岡田健史さんは、1999512日、福岡県の出身で、20204月現在の年齢は、20歳です。

中学時代、現在所属している芸能事務所からスカウトされたという岡田健史さんは、このときは断っていました。

しかし、その後、きわめてめずらしいパターンながら、スカウトを断った芸能事務所に入ったことで、芸能界入り。

俳優としてのデビュー作となったのは、2018年のドラマ『中学聖日記』です。

なお、ドラマ『中学聖日記』では、有村架純さん演じる女性教諭の相手役である中学生という、そうとうむずかしい役どころを演じて、話題になりました。

デビュー作でいきなり有村架純さんの相手役とは、大変なインパクトですし、岡田健史さんにとっては、好発進となったわけですね。

そんな岡田健史さんは2019年には、ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』への出演によって、ドラマでの初主演をはたすことに。

そして2020年、映画『弥生、三月君を愛した30』への出演によって、映画デビューとなったのでした。

これまでに出演してきた作品は、ほかに、ドラマでは、『ドクターX~外科医・大門未知子~』、『MIU404』など。

さらに20207月クールからは、ドラマ『大江戸もののけ物語』において、2作目となる主演が決まっているほか、おなじく2020年には、映画のほうも、『劇場版 奥様は、取り扱い注意』、『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』への出演が予定されています。

受賞歴は、ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞、TV LIFE年間ドラマ大賞新人賞となっていました。

たったの2年でこの実績とは、すばらしい限りでしょう。

きっと岡田健史さんは、2021年以降も、まだまだその雄姿を見せてくれるに違いありません。

彼の俳優としての成長がますます楽しみになっていくことでしょう。

2.岡田健史の本名

岡田健史さんについては、本名は何というのかについても、ずいぶん話題になっていたようですね。

いっけん、「岡田健史」なんて、本名そのもののように思えるのですが、実は芸名だったのでしょうか

これはそうとう意外なことでしたが、実は、「岡田健史」というのは本名ではなく、芸名だったのでした。

岡田健史さんの本名とは、「水上恒司」だったのです。

とはいえども、すっかり、「岡田健史」で定着していますから、「水上恒司」といわれても、なかなかピンときませんけどね。

それにしましても、「岡田健史」よりも「水上恒司」のほうが俳優っぽい感じがしなくもないため、どうして芸名にしたのか、謎が残ります。

 

3.岡田健史の兄弟がカルマか岡田将生説の真相

岡田健史さんには、本名ではなく芸名だったこともそうですが、もっとおどろくような情報もありました。

YouTuberのカルマさん、おなじく俳優の岡田将生さんが兄弟ではないか?という説があったのです。

はたして、その真相とは

名前は芸名だったものの、この噂のほうは、あいにく事実ではありませんでした。

カルマさんは、弟がモザイク入りながら動画に登場しており、岡田健史さんに似ていなくもなかったこと、そして出身地がおなじく福岡県だったことから、誤解されてしまったもよう。

一方、岡田将生さんは、名字がいっしょで、顔がやはり似ていたため、そう思われただけだったみたいです。

顔が似ている人はいくらでもいますから、少し短絡的な気がしてしまいますね。

たとえかん違いであっても、岡田将生さんの兄弟にされるのは、うらやましい気もするのですが。

 

4.岡田健史の高校野球時代のイケメン過ぎる画像

岡田健史さんのエピソードには、欠かせないものとして、中学、高校と、野球で活躍していたというものがありました。

中学時代、芸能事務所からスカウトされたのに断ったのも、野球をしていたからだったのですね。

もっとも、高校時代、演劇のすばらしさに目覚め、転向したといいます。

さて、高校野球時代の岡田健史さんは、イケメン過ぎるといわれていましたが、画像を見てみると、本当に精悍なイケメンそのものでした。

これなら、処女作で有村架純さんの相手役に選ばれるわけですね。

今後も、元球児というパワフルさを生かした演技を披露してくれるのではないでしょうか。


岡田健史さんは、間違いなく、もっとも期待されている若手俳優の1人。

俳優としての評価は高まっていますから、どこまで成長していくのか、とても楽しみですね。

2020年、放送、公開予定の作品も心待ちにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です