>> 【注目】本は聴こう!今なら無料トライアル!詳しくはこちらをクリック <<

ウエンツ瑛士 新作映画キャラ「ブランチ」の吹き替えも担当!ジャックと天空の巨人との比較も

ウエンツ瑛士ブランチ

4歳でモデルデビューしたウエンツ瑛士さんは、天使系美少年と呼ばれ雑誌CMなどで子役としてキャリアをつみ、現在はテレビ番組のMC、声優、役者としても数多くのドラマや映画に出演しマルチな才能を見せています。


ウエンツ瑛士さんは、「ジャックと天空の巨人」で主人公・ジャックを演じ、新作映画「トロールズ ミュージック★パワー」でブランチの吹き替えも担当しています。
今回は、ウエンツ瑛士さんの魅力や「ジャックと天空の巨人」と「トロールズ ミュージック★パワー」の比較などについても紹介したいと思います。

1.【注目】新作映画キャラ「ブランチ」はウエンツ瑛士が吹き替えを担当!

ウエンツ瑛士さんと上白石萌音さんがW主演で吹き替えを担当する最新3Dアニメーション映画「トロールズ ミュージック★パワー」は10月2日公開予定です。

「シュレック」「ボス・ベイビー」のドリームワークス・アニメーションの最新作「トロールズ」シリーズは、ハグを愛する妖精トロールズが歌って踊る様子を描いた作品です。「トロールズ ミュージック★パワー」は、かつては王国として繁栄していたが、現在は音楽のジャンルごとに6つに分裂しているトロールズの村(ポップ村・テクノ・リーフ・シンフォニー村・ロンサム・フラッツ・ヴァイブシティ・ボルケーノ・ロックシティ)を舞台に、ロック村のクィーン・バーブの「全ての村を乗っ取る」という企みを知ったトロールたちの女王ポピーが、仲間たちと共に世界を守る旅に出る姿が描かれています。

女王役・ポピー(アナ・ケンドリック)の吹き替えを演じたのは上白石萌音さんで、ポピーに思いを寄せる幼なじみで親友のブランチ(ジャスティン・ティンバーレイク)の吹き替えを演じたのがウエンツ瑛士さんです。
ウエンツ瑛士さんは「ポピーの親友としてブランチのもどかしさもあり、また少し切ない気持ちを感じてもらいながら楽しんでほしいです。この愛に溢れた作品に参加させてもらえる事にとてもとても感謝してます。自分の内なる声に耳を傾けて、勇気を持って一歩踏み出す!素敵なメッセージが沢山散りばめられていて、台本読んでるだけでワクワクが止まりません!早くみんなの前で歌いたい!」とコメントされています。

2.ウエンツ瑛士の魅力とは?共演者の声をまとめました!

ロンドンに留学、帰国後に出演した番組は50本
イギリスの芸能界は契約社会でマネジャーがおらず、自分で仕事を取らなければならないという厳しい状況を目にし、留学中もマネジャーに連絡を取り続け手紙を贈り、社長への誕生日プレゼントは欠かさないなど、事務所からゴリ押しされるための努力をしていたそうです。
その結果「帰国後に仕事があるようにいっぱい動いてくれた」と日本の芸能界の温かさを実感したと明かしました。

②芸能生活30年以上
4歳から芸能活動をしてきているので周りをよく観察するため、出演者だけでなくスタッフにも気遣いができ、芸能界一の努力家で決してポジションに甘んじることはないと評判です。また「イギリスでも頑張ってね!」と叫んだファンの方に、ウエンツ瑛士さんは車からおりてファンの前に立ち、涙ながらに挨拶し手を振るなど、素直で誰からも好かれる性格のようです。

バラエティタレントとしての才能
ウエンツ瑛士さんはどの芸人とも違和感なく絡み、トークを繰り広げる話術を持っています。加藤浩次さんが「それだけ、ウエンツがバラエティで待ち望まれてるってこと。結局この1年半、ウエンツが空けた椅子に座れたタレントはいませんでした。彼ほどバランス感覚に優れた人はなかなかいない。毒とフォロー、抜けっぷりと抜け目のなさ、それぞれを両立させているんです。芸人がコンビでやる仕事を1人でやりきってしまうというか。しかも30歳を超えたとはいえ、まだまだイケメン。替えの効かない存在なんです」と話しています。

④愛されるいじられキャラ
今ではイジられキャラのイケメンはジャニーズにもいますが、20年前はイケメンで「こんなにハーフ顔なのに英語をしゃべれない」など天然なところを見せて、芸人にイジられるのは珍しい存在でした。更に現在まで約20年、ウエンツ瑛士さんはイジられ続けていますが、これが逆にゲストとして呼びやすいそうです。

⑤芸人界での人脈の広さ
松本人志さんやヒロミさんとの交流は有名ですが、他にも今田耕司さん、田中裕二さん、藤森慎吾さんとプライベートで遊んでいるので、意識しなくてもトーク力がつくようです。
ウエンツ瑛士さんがロンドンに留学する前は、東方神起やミュージカル女優のキアラ・セトルさん、中居正広さんたちからメッセージが送られていました。

⑥芸能人としての魅力
ウエンツ瑛士さんは、俳優として「ゲゲゲの鬼太郎」「のだめカンタービレ」「タイガーマスク」などに出演し、演技力が高いと評価されています。また、ハーフというルックス面で役柄が制限されてしまうこともありましたが、「禅と骨」で和装に身を包んだ鬼太郎を演じきれたのは、俳優としての実力があるからでしょう。
ウエンツ瑛士さんは「あいのり」で加藤晴彦さんの後任としてMCを務め上げ、視聴者から面白いと評価されていました。

 

3.「ジャックと天空の巨人」でウエンツ瑛士の役柄は?「ジャックと天空の巨人」と「トロールズ ミュージック★パワー」の比較も紹介



2013年のアドベンチャー大作「ジャックと天空の巨人」は、1700年代初頭の民話「ジャック・ザ・ジャイアント・キラー」とイギリスの代表的童話「ジャックと豆の木」をもとにブライアン・シンガー監督と脚本家クリストファー・マッカリーが映画化しました。

「ジャックと天空の巨人」は、人間界と巨人界を隔てる開かずの扉が開けられたことから、巨人たちの人間への逆襲が繰り広げられるというストーリーで、巨大な豆の木の映像や100人の巨人対300人の人間の壮絶なバトルが見ものです。
主人公のジャックをニコラス・ホルトが演じ、スタンリー・トゥッチやユアン・マクレガーなど実力派俳優が共演しています。


日本語吹き替え版声優としてウエンツ瑛士さんが主人公・ジャック役に抜擢され「ものすごいヒーローというわけではなく、割とフラットな役柄。吹替えでは珍しいことですが、ディレクターさんから「とにかくフラットで」とご指示をいただいたほどで、普通を演じることに苦労しました」とのべました。

「ジャックと天空の巨人」と「トロールズ ミュージック★パワー」の比較をしてみましょう!!

●ジャックと天空の巨人

実際の俳優の動きを取り入れた巨人達の造形や動きはダイナミック。子供からお年寄りまで楽しめそうな単純明快なストーリーで、血も全く出ない(でも人はそれなりにいっぱい死にますけど)ザ・ハリウッドといった感じの超大作で、無難に万人が楽しめる映画

●トロールズ ミュージック★パワー

とてもカラフルで可愛らしいアニメなので、子ども向けの作品に見えるのですが、最近のヒットソングから懐かしのヒットソングまでさまざまなジャンルの音楽が使われていて、むしろ大人向けじゃないかとも思える要素が詰まっています。音楽に詳しい人にとってはあるあるな話題もふんだんに入っていて、音楽談義に華が咲く内容


どちらも大人から子供まで楽しめる内容ですが、ザ・ハリウッド的な映画を選ぶなら「ジャックと天空の巨人」で、アニメと音楽を楽しむなら「トロールズ ミュージック★パワー」なのでしょうね。

4.ウエンツ瑛士がロンドン生活で学んだこととは?


ウエンツ瑛士さんの1年半のロンドン生活は「ハーフタレント」として活動してきた自分のアイデンティティーや考え方と向き合うきっかけにもなったそうです。

ウエンツ瑛士さんは「僕は日本にいた時、すごく楽な立場にいた。日本語を話しても、珍しがられることは少なかったから。でも、現実はそうじゃない人がいっぱいいるということは忘れてはいけないと思います。本当に様々な人が住んでるので、相手のことをいかに考えられるかということが重要で。日本でも思いやりが大事だというけれど、海外にいる時の方が、もっと思いやらないとと感じていました。相手がどんなルーツを持っているか分からない、宗教も分からない。イギリス人だけじゃなくて、中東、アジア、ヨーロッパ、色々なルーツを持った人がいる。 だから人と話すとき、毎回緊張するというか相手を思いやりながら丁寧に本音や自分の意見を伝える。その作業をするようにしました」と話しています。

また「自分を好きになってもいいんだってことに気付かせてもらったんです。日本では自分でやったというのはおこがましいという考え方が強いと思うんですよ。それはある種大事なことで、自分で達成したと思うなと、人の力を借りてできたと。もちろんその通りなんだけど、まずは自分が頑張った。自分を認めてあげて褒めてもいいんじゃないか」とも語りました。

今回の留学経験を通していろいろなことを学び、価値観が変化したというウエンツ瑛士さんは、今後どのようなキャリアをつんでいくことになるのか楽しみですね。



今回は、10月2日公開予定の最新3Dアニメーション映画「トロールズ ミュージック★パワー」でブランチの吹き替えを担当したウエンツ瑛士さんの魅力や、作品の見どころ、「ジャックと天空の巨人」との比較について紹介しました。
仕事ができて人脈が広く、陽気な人柄が魅力のウエンツ瑛士さんがトロールズ ミュージック★パワー」のブランチをどのように演じるのか公開が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です