無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

小野寺力社長の経歴|会社の名前や場所と肩書餃子ジョッキーの意味|お取り寄せ餃子トップ5

小野寺力社長のロゴ画像

2020331日、20572200TBSで、『マツコの知らない世界』が放送されることになっています。

 

今回、『マツコの知らない世界』に登場する一般人は、小野寺力さんという社長でした。

そこで、この記事では、小野寺力さんとはどういう人物なのか、ご紹介していきたいと思います。

小野寺力さんの経歴はどうなっていたのでしょうか。

また、小野寺力さんの経営している会社の名前や場所、小野寺力さんが餃子ジョッキーと呼ばれていた意味、そして、小野寺力さんのお取り寄せ餃子トップ5についても、取り上げてまいります。

それではさっそく、ご覧ください。

高橋昌太郎のロゴ画像高橋昌太郎の経歴|父親は高橋昌弘(作曲家)でさにーは彼女?バンドやDJ等音楽活動を調査 真子茂のロゴ画像真子茂ゲンダイ出版社長の経歴|年収や事業内容と商品|デザイン印鑑やキレイに押せる印鑑を調査 角田修一のロゴ画像角田修一(ハリネズミのあずき著者)の経歴|年齢や結婚相手と家族|出版した写真集一覧

1.小野寺力社長の経歴

2020331日、20572200TBSで放送される予定となっている、『マツコの知らない世界』。

みなさんもご存知のことと思いますが、この番組では、これまでに数々の個性ある一般人たちが取り上げられてきました。

そして今回出演する一般人は、小野寺力さんという社長です。

「お家で楽しく!お取り寄せ餃子の世界」と題して、月額10万円ものお金をお取り寄せ餃子につぎ込む夫婦として、嫁の小野寺いつかさんといっしょに紹介されるとのこと。

これはそうとう関心を持たざるを得ない内容ですよね。

お取り寄せ餃子とは、在宅で日本中の餃子が食べられるものだといいますので、グルメ好きの方にとっても、とくにそうではない方にとっても、たまらない内容だといえるでしょう。

それでは、小野寺力さんとは、どのような人物だったのでしょうか?

小野寺力さんは、くわしくは次でご紹介しますが、とある会社の経営者。

19763月生まれで、生まれた日付は不明であるものの、20203月現在の年齢は、44歳となっていました。

生まれは静岡県ですが、幼少期は山形県で、それ以降は宮城県で過ごし、その後、上京したとのこと。

今回は、お取り寄せ餃子ということで取り上げられる小野寺力さんではありますが、その経歴は意外にも理系でした。

もともとは携帯電話の販売、それもコンテンツ制作を担当していて、京セラコミュニケーションシステム、次いで、サイバードに勤務していたといいます。

が、その後、携帯電話よりもITへの関心が高まっていき、ライブドアを経て、インフィニタと勤務していきます。

そして2009年、次でご紹介する会社を起業し、やがて2013年以降、お取り寄せ餃子のイベントをスタート。

その後、2018年、一般社団法人焼き餃子協会を設立して、現在に至っていました。

このように、ずいぶんさまざまな経歴をもっていた、小野寺力さん。

携帯電話→IT餃子というのは、なかなか聞きませんから、斬新すぎますよね。

続いては、小野寺力さんの経営する会社の名前や場所について、確認していきましょう。

2.小野寺力社長の会社の名前や場所

小野寺力さんが社長を務めていた会社とは、しかけ株式会社。

場所は、オフィスが2ヶ所あって、高輪オフィスが東京都港区高輪2164STOCK、勝野オフィスが東京都文京区西片1149西片町アパートメント301となっていました。

資本金は100万円。

事業内容は、デジタルマーケティング関係、クラウドコンピューティング関係、オープンイノベーション関係、イベント関係。

この最後のイベント関係というのが、お取り寄せ餃子につながっていたものとみられますね。

これらをご覧になれば一目瞭然ですが、小野寺力さんの本質は、やはり、ITにあったようでした。

 

3.小野寺力社長の肩書が餃子ジョッキーの意味

小野寺力さんは、このように、しかけ株式会社と一般社団法人焼き餃子協会の経営者。

しかし、その一方で、餃子ジョッキーという、聞きなれない肩書きも持っていたのですね。

この餃子ジョッキーとは、どういうものだったのか気になります。

そこで意味を調べてみたものの、分かりませんでした。

ただ、お取り寄せ餃子に関係していることは間違いないでしょう。

お取り寄せ餃子のビジネスを営むうえで、こういった肩書きのほうが、社長よりもインパクトがありますしね。

 

4.小野寺力社長のお取り寄せ餃子トップ5

小野寺力さんのお取り寄せ餃子のトップ5は、はたして、どうなっていたのでしょうか。

まずは、宮崎県のぎょうざのまるおか。

元は肉屋だったため、豚肉が新鮮です。

続いては、茨城県の常陸手うち餃子。

ニンニクが入っていないため、臭いが気になる方にはもってこい。

続いては、宮崎県の餃子の馬渡もっちり餃子。

自家製ラードが売りとなっています。

続いては、栃木県の宇都宮みんみん。

餃子のお店としては老舗として知られています。

そして最後は、栃木県の餃子専門店正嗣。

大変な人気店で、中毒性も高いお店です。

高橋昌太郎のロゴ画像高橋昌太郎の経歴|父親は高橋昌弘(作曲家)でさにーは彼女?バンドやDJ等音楽活動を調査 真子茂のロゴ画像真子茂ゲンダイ出版社長の経歴|年収や事業内容と商品|デザイン印鑑やキレイに押せる印鑑を調査 角田修一のロゴ画像角田修一(ハリネズミのあずき著者)の経歴|年齢や結婚相手と家族|出版した写真集一覧

本当に、いろんな知られざるジャンルで活躍する人々がいるものなのですね。

小野寺力さんやお取り寄せ餃子への興味も収まりません。

それでは、2020331日の『マツコの知らない世界』をお見逃しなく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です