映画、ドラマ、アニメ、電子書籍も写真集も今なら31日間無料

シシドカフカの経歴|両親の国籍や父親の職業と年収|出演ドラマや映画とハムラアキラ役どころ

シシドカフカのゴロ画像

音楽や演技など、はばひろいジャンルで活躍しているシシドカフカさんについて、取り上げていきたいと思います。

あまりにもマルチな芸能人だったシシドカフカさんですが、そのプロフィールがどうなっているのか、とても興味深いですので、これからチェックしていきましょう。

また、シシドカフカさんといえば、芸名的に何人なのかが気になりますから、両親の国籍、父親の職業と年収も調べてみました。

ここでは、シシドカフカさんの出演ドラマや映画、ドラマ『ハムラアキラ』での役どころもご紹介いたします。

 

1.シシドカフカのプロフィール

シシドカフカさんのプロフィールはどのようなものだったのか、まずはご確認ください。

シシドカフカさんは、1985623日生まれで、現在の年齢は35歳となっています。

THE NEWSのドラマーとして活動したシシドカフカさんは、2012年、配信シングル「デイドリームライダー」のリリースによって、デビュー。

同年には、シングル「愛する覚悟」もリリースしました。

さらに、SUMMER SONICに出演をはたしたほか、モデルとしても、神戸コレクションに出演。

以後、音楽では、シングルを4枚、アルバムを3枚、ミニアルバムを2枚リリース。

モデルとしては、名古屋コレクション、福岡アジアコレクション、札幌コレクションなどに精力的に出演していきます。

タレントとしても、2013年に、『新・堂本兄弟』、『しゃべくり007』や、江崎グリコのプリッツのCMに出演し、活動をスタートすることになった、シシドカフカさん。

2014年になると、『王様のブランチ』、『行列のできる法律相談所』、『SMAP×SMAP』、2015年になると、『アナザースカイ』、2016年になると、『痛快TVスカッとジャパン』へ出演するなど、次々とメディア露出が増えていきました。

そして、女優としても、2012年、映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』への出演によって、デビュー。

2014年には、ドラマ『ファーストクラス』への出演によって、ドラマデビューします。

以後、くわしくは後述しますが、シシドカフカさんは、さまざまな話題のドラマや映画に出演していきました。

これだけ多方面にわたって活躍していたシシドカフカさんに、今後も注目していきましょう。

2.シシドカフカの両親の国籍や父親の職業と年収

さて、シシドカフカさんといえば、外見が日本人には見えないことでも有名ですよね。

身長も175センチという女性離れした高身長で、芸名も外国風ですので、外国系の人物だったのでしょうか?

そこで、シシドカフカさんの両親の国籍について調べてみたのですが、父親も母親も、ともに日本人とのこと。

もっとも、シシドカフカさんは、中学時代は、父親の仕事の関係でアルゼンチンで暮らしたという、帰国子女なのでした。

となりますと、父親の職業や年収も気になりますが、こちらは分かりませんでした。

もっとも、海外で暮らしていたところを見れば、商社マンとかだったのではないでしょうか。

ちなみに、シシドカフカさんがドラムをし始めたのは、両親からドラムをプレゼントされたことがキッカケで、プロの先生までつけてもらったといいます。

ここまでできたということは、父親の収入はけっこう高かったものと推測できますね。

3.シシドカフカの出演ドラマや映画

では、シシドカフカさんが、これまでに女優として出演してきたドラマや映画も確認したいと思います。

まずは、ドラマ。

2017年には、『視覚探偵 日暮旅人』、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、『カンナさーん!』。

2019年には、『わたし、定時で帰ります。』。

そして2020年には、『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』に出演していましたが、この作品については、次でくわしく取り上げます。

続いては映画。

2015年には、『Zアイランド』。

2016年には、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に出演。

さらに2018年には、『リメンバー・ミー』で吹き替えを担当していました。

シシドカフカさんは、女優としても多様なジャンルでご活躍のようですね。

4.シシドカフカのドラマ『ハムラアキラ』での役どころ

シシドカフカさんは、20202月現在、『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』で、ドラマ初主演中です。

同作は、若竹七海さんのミステリー小説『葉村晶』シリーズが原作。

共演者は、間宮祥太朗さん、大後寿々花さんなど、豪華な顔ぶれになっています。

そんな同作でのシシドカフカさんの役どころは、主人公の葉村晶役。

こちらは、MURDER BEAR BOOKSHOPという古本屋でアルバイトしつつ、白熊探偵社の調査員をしているという、ユニークな女性でした。

主演もうれしいですが、さらにシシドカフカさんの演技の幅が広がっていくのが楽しみですね。


ドラマー、モデル、タレント、女優と、八面六臂の活躍を見せていた、シシドカフカさん。

仕事は増えていくばかりですので、これからも各ジャンルでの活躍が、それぞれ待たれますね。

2020年も、シシドカフカさんの動きがますます見逃せなくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です