映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

矢沢永吉の経歴|主演ドラマや映画と人気アルバム一覧をランキング順に確認

矢沢永吉の顔画像

2020912日、16502254、日本テレビで、『THE MUSIC DAY』が放送されることになっています。

あの矢沢永吉さんに関する秘話がドラマになるといいますから、とても楽しみですよね。

そこで、この記事では、矢沢永吉さんに関するいろんなことを見ていくことにしましょう。

矢沢永吉さんのプロフィールとは、どのような感じになっていたのでしょうか。

また、矢沢永吉さんといえば、音楽だけではなく、俳優としての活動でも有名な存在。

そこで、これまでの矢沢永吉さんの主演ドラマ、映画をチェックしていきましょう。

さらに、矢沢永吉さんの人気アルバム一覧を、ランキング順に確認していきますので、こちらもあわせてご覧ください。

1.矢沢永吉の経歴

矢沢永吉さんは、1949914日、広島県の出身で、20209月現在の年齢は、61歳となっています。

1972年、ジョニー大倉さんなどとともに、キャロルを結成した、矢沢永吉さん。

キャロルは1975年には解散してしまうものの、日本のロックに多大な影響を与えることになり、矢沢永吉さんは同年、シングル「アイ・ラヴ・ユー、OK」とアルバム『I LOVE YOU, OK』のリリースによって、ソロデビューすることとなりました。

そして1977年には、日本のソロのロックミュージシャンとして初めてのことである日本武道館における単独公演を達成したのです。

そんな矢沢永吉さんは、1978年には、「時間よ止まれ」がヒットすることになり、長者番付歌手部門でトップになって、これは以降も続いていきました。

1980年代に入ると、海外にも進出して、ますます、そのいきおいを増していくことに。

1981年には、アルバム『YAZAWA』を世界でリリースしたほか、1982年には、シングル「ROCKIN’ MY HEART」がビルボードに推薦されることになります。

さらに、1992年には、アルバム『Anytime Woman』において、ザック・スターキーさんが「Anytime Woman」と「銀のネックレス」に参加して、話題をさらいました。

そして矢沢永吉さんは1997年、ウェンブリー・スタジアムで開催されたロックフェスティバルの「songs and visions」に出場をはたします。

songs and visions」では、ロッド・スチュワートさん、ジョン・ボン・ジョヴィさん、ロバート・パーマーさん、チャカ・カーンさんといったミュージシャンたちと共演しました。

2000年には、ナラダ・マイケルウォールデンさんがプロデュースするアルバム『music of lovefor tomorrow’s children~』に、スティーヴィー・ワンダーさん、スティングさん、エンヤさんなどといったアーティストといっしょに加わっています。

さらに2003年には、アニメ映画『ピノキオ』の主題歌である『星に願いを』を手がけて、注目を集めることに。

しかし、矢沢永吉さんの活躍はとどまるところを知らず、2004年には、POCARI SWEAT BLUE WAVE THE ROCK ODYSSEY 2004において、エアロスミス、ザ・フー、ブラック・アイド・ピーズ、レニー・クラヴィッツさん、レッド・ホット・チリ・ペッパーズといった世界的な面々とともに参加することになりました。

また、2016年には、SPACE SHOWER MUSIC AWARDSにおいて、BEST RESPECT ARTISTを受賞しています。

このように、1975年にソロデビューしてからというもの、矢沢永吉さんは、半世紀近くにもわたって活躍していたのですね。

今後もまだまだその雄姿を見ることができるよう、願いましょう。

2.矢沢永吉の主演ドラマ

ミュージシャンとしての実績がすごすぎた、矢沢永吉さん。

しかし、実は、矢沢永吉さんは、俳優としても活動していました。

そこで、矢沢永吉さんの出演してきたドラマを見ていきましょう。

ドラマデビューしたのは、1974年の『夜明けの刑事』で、本人役でした。

次作は、1994年の『アリよさらば』で、安部良太役。

そして1995年には、『戦後五十年特別企画』で、吉村直之役。

2000年には、『雨に眠れ SLEEP IN THE RAIN』で、小野静夫役を好演。

そして約20年のブランクを経て、2018年、『BG~身辺警護人~』で、本人役を演じています。

ちなみに、主演作はありませんでした。

3.矢沢永吉の主演映画

一方、矢沢永吉さんは、映画にも複数、出演しています。

スクリーンデビューとなったのは、1973年の『番格ロック』。

1974年には『キャロル』、1980年には『RUN&RUN』に出演するものの、いずれも役名はありませんでした。

が、1999年には『お受験』で富樫真澄役を演じ、2009年の『E.YAZAWA ROCK』では、本人役で主演となっています。

4.矢沢永吉の人気アルバム一覧をランキング順に確認

おしまいに、矢沢永吉さんの人気アルバムについて、確認していきましょう。

ランキング順で調べてみました。

トップは『FLASH IN JAPAN』で、次点は『YES』。

以下、『あの日のように』、『チャイナタウン』、『E.Y 90’s』、『サブウェイ特急』、『永吉』、『東京』、『黄昏に捨てて』、『the NAME IS…』、『ニューグランドホテル』となっています。

たとえ矢沢永吉さんのファンでなくても、一度は聴いてみてはいかがでしょうか。


矢沢永吉さんは、やはり、群を抜いてすごいミュージシャンでした。

もはや存在自体が伝説といってもいいでしょうね。

それだけに、『THE MUSIC DAY』の矢沢永吉さんに関する秘話のドラマを期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です