サチモス(Suchmos)ヨンスの経歴|本名や出身中学校高校|英語の発音良いが喋れないは本当か調査

ヨンス(サチモス)のロゴ画像バンド

今日本で注目されているロックバンドSuchmos(サチモス)。

そのメンバーの中で今回はセンターボーカルをつとめているヨンスについてご紹介したいと思います。

本名や経歴、出身中学校・高校など、気になることを全てまとめました!

[tagpost id=”733″ num=”20″]

ヨンス(サチモス)のプロフィール

名前河西洋介 (かさい ようすけ)
生年月日1991年8月28日(29歳歳)
出身地神奈川県茅ケ崎元町
身長184cm
血液型非公表
所属事務所SPACE SHOWER MUSIC
特技サッカー

 

ヨンスさんのすきな食べ物・飲み物はハーゲンダッツ(アルフォンソマンゴー&クリーム)とソフトカツゲンらしいです。

ソフトカツゲンてご存知でしょうか。

北海道で売られているメグミルクの商品なんです。

濃くて美味しい乳酸菌飲料だということなので、北海道に行ったら飲んでみて下さい。
ヨンスさんは小さい頃から音楽に触れ、高校時代にバンドを始めました。

もともとの遊び友達だったサチモスメンバーのKCEE(ケイシー)さんと・TAIHEI(タイヘイ)さんに影響を受けてブラックミュージックを聞き始めます。

それがサチモスの音楽の元になってます。

サチモスは2013年にドラムのOK(オーケー)さんがみんなを誘って結成しました。

サチモスはヨンスさんの透き通るような声とかっこいいサウンドが相まって大ブレイクしていますよね。

ヨンスさんの英語もキレイでネイティブっぽくて素敵ですよね。

今回はその秘密についても見てみたいと思います。

ヨンス(サチモス)の本名は?

ヨンスさんの本名は河西洋介と純日本人の名前です。

実際、日本人ですね。

活動しているヨンス(YONCE)という名前から、ハーフや韓国人と勘違いされることも多いようですね。

ですがこういう韓国っぽいと感じるのって日本人だけですよね?

本場韓国の方が「ヨンス」という名前について韓国いっぽいと感じるのかどうか知りたいです。

しかし、なぜヨンスというのでしょうか?

調べてみたら、全く予想と違った答えがありました。

ヨンスさんはもともと「ヨンスケ」というあだなだったそうで、普段メンバーからはヨンスケと呼ばれているみたいです。

活動名はより覚えられやすいように、ヨンスケから「ケ」を取って「ヨンス」にしたそうですよ。

普通、洋介(ようすけ)というなまえなら、単に「ようすけ」か「ようちゃん」「ようすけくん」あたりが普通です。

どうして「ヨンスケ」というふうに「ン」がついたんでしょうね。

謎です。

ヨンス(サチモス)の出身中学校・高校は?

ヨンスさんの出身中学校・高校をみてみましょう。

ヨンスの出身中学校は?

ヨンスさんは地元の

茅ヶ崎市立梅田中学校

を卒業されました。

中学時代はバレー部でした。

背が高いし、顔もバレーっぽいです(偏見)。

しかし、単なるスポーツマンだったわけではなく、この頃の友達と高校時代にバンド「OLD JOE」を組んでます。

由来は分かりませんが、何となくネーミングセンスありますよね。

ヨンスの出身高等学校は?

ヨンスさんは神奈川県内の公立高校を卒業しています。

高校時代には軽音部に所属していいましたが、中退していますね。

軽音部のある茅ヶ崎市の高校は多数あり、どちらの高校に通っていたかは分かりませんでした。

高校については気になっている方も多いので、もし分かったら追記したいと思います。

ヨンス(サチモス)は英語の発音良いけど喋れない?

中学時一年生の時にニュージーランドへホームステイしていた経験があります。

そこで音楽にあわせて踊る学生に刺激を受けて、様々な音楽を聞くようになったそうです。

そしてMaroon5の音楽と出会い、バンド音楽の面白さに目覚めました。

気になる英語力については、ヨンスがゲスト出演したラジオ番組でリスナーから「英語の発音がいいけれど、英語はペラペラなんですか?」との質問を受けた際、ヨンスさんは

「英語は全くほぼ喋れない」と答えたそうです!

ヨンスさんのおじいさんは北欧とのクウォーターで、若い時に横浜基地で通訳の仕事をされていたそうで、幼少期から家の中では英語を自然に耳で聞いていた環境だったと、ヨンス自身が語っています。

ホームステイの他にもそういった経験があり、ヨンスの流れるような英語の発音につながっているようですね。
[tagpost id=”733″ num=”20″]

 


以上、今回はサチモスのヨンスさんについてでした。

ハーフや外国人に思われることの多いヨンスですが、正真正銘の純日本人の方でした。

そして、曲中の英語の歌詞と発音からのイメージでは、英語が話せないという点にはびっくりしましたよね!

これからもヨンス率いるサチモスの活躍には大注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました