無料で「8時だョ!全員集合!」全144回が今すぐU-NEXTで見れる!

東京事変メンバーの脱退者含む紹介|浮雲(ギター)の由来やドラム逮捕理由|解散と復活の伏線とは

東京事変のメンバーの画像

今回は、椎名林檎さんが加わっていたロックバンド・東京事変について、ピックアップしていきたいと思います。

 

数々の名曲を世に贈りつつ、2012年に惜しまれながら解散した、東京事変。

ところが、2020年、実に8年ぶりに復活が決まり、おおいに話題となりました。

そんな東京事変とは、どんなロックバンドで、メンバーの構成はどうなっていたのでしょうか。

脱退した元メンバーたちも含めて、見ていきましょう。

そのほか、ギタリストの浮雲さんの名前の由来、ドラマーの刄田綴色さんが逮捕された理由、東京事変の解散と復活の伏線もご覧ください。

1. 東京事変メンバーの脱退者含む紹介

東京事変は、椎名林檎さんをメインメンバーとして、2003年に結成されました。

結成時のメンバーは、椎名林檎さんをはじめ、亀田誠治さん、刄田綴色さん、H ZETT Mさん、ひらまみきおさん。

2004年、シングル「群青日和」のリリースによって、メジャーデビュー。

その後、2005年に、H ZETT Mさん、ひらまみきおさんが脱退し、浮雲さん、伊澤一葉さんが加入しました。

そんな東京事変は、2012年に解散してしまいましたが、2020年になって、8年のブランクを経て、復活が決定しています。

復活決定時のメンバーは、脱退した2人を除いたメンバーです。

それでは、そんな東京事変のメンバーたちの顔ぶれをチェックしていきましょう。

復活決定のメンバーは、椎名林檎さん、亀田誠治さん、浮雲さん、刄田綴色さん、伊澤一葉さん。

椎名林檎

椎名林檎の顔画像

椎名林檎(しいな りんご)さんは、19781125日、埼玉県の出身で、現在の年齢は、41歳となっています。

ヴォーカル、ギター、ピアノ、ドラムスを担当しています。

亀田誠治

亀田誠治の顔画像

亀田誠治(かめだ せいじ)さんは、196463日、アメリカの出身で、現在の年齢は、55歳となっています。

ベースを担当しています。

浮雲

浮雲の顔画像

浮雲(うきぐも)さんは、1978107日、千葉県の出身で、現在の年齢は、41歳となっています。

ギターを担当しています。

刄田綴色

刄田綴色の顔画像

刄田綴色(はた としき)さんは、1976105日、島根県の出身で、現在の年齢は、43歳となっています。

本名は畑利樹(はた としき)。

ドラムス、パーカッション、コーラスを担当しています。

伊澤一葉

伊澤一葉の顔画像

伊澤一葉(いざわ いちよう)さんは、197674日、岡山県の出身で、現在の年齢は、43歳となっています。

キーボード、ピアノ、ギター、ヴォーカル、コーラスを担当しています。

 

脱退メンバー

脱退した元メンバーは、H ZETT Mさん、ひらまみきおさん。

H ZETT M

H ZETT Mの顔画像

H ZETT M(エイチゼットエム)さんは、1978年2月12日生まれで神戸出身の42歳。

「Akatsuki」で有名なジャズインストゥルメントバンド「PE’Z」の元メンバーです。

東京事変脱退後はバンド「H ZETTORIO」で活動中。

キーボード、ピアノ、コーラスを担当していました。

ひらまみきお

ひらまみきおの顔画像

ひらまみきおさんは、197655日、北海道の出身で、20201月現在の年齢は、44歳となっています。

ギター、ヴォーカル、コーラスを担当していました。

東京事変以外にも、PEPPERMINTS KISS CAFEやoh sunshine、nigiri、oni session、SABAHといったグループに参加。

ソロシンガーソングライターとしても活動しています。

2. 東京事変メンバーの浮雲(ギター)の由来

このように、歴代メンバーには、個性的なネーミングの人物も複数いた、東京事変。

なかでも注目なのが、ギタリストの浮雲さんですよね。

浮雲さんは本名を長岡亮介と言いますが、はたしてその芸名の由来は、何だったのでしょうか?

実は、浮雲という芸名を名付けたのは、椎名林檎さんでした。

その由来とは、雲のようにほわーっとしているから、だったとか。

つまり、彼の醸し出す雰囲気によって芸名が決められたわけですので、これは異例だといえますね。

 

3. 東京事変メンバーのドラム逮捕理由

東京事変のメンバーといえば、ドラマーの刄田綴色さんが逮捕されたということも話題になっています。

この種のネタはガセも多いですが、残念ながらこれは事実でした。

刄田綴色さんが逮捕されてしまった理由とは、何だったのでしょう。

実は、公務執行妨害という、おだやかならぬものだったのです。

刄田綴色さんは、2011年、泥酔状態になって、警察に通報され、やってきた警察官に体当たりしてしまったとのこと。

凶悪犯罪ではありませんでしたが、これはこれで大変な事態となってしまいました。

警察官が大事に至らず、本人も脱退せずに済んだことだけが救いだったといえるでしょう。

 

4. 東京事変の解散と復活の伏線とは

このたび、2012年の解散から8年の歳月を経て復活となった、東京事変。

そんな東京事変が解散したのは、椎名林檎さんいわく、役割はやり果たしたからだとか。

そもそも、東京事変が結成されたのは、スランプになっていた椎名林檎さんが、バンドのメンバーたちのために書くつもりで曲を書いたらモチベーションアップにつながると考えたからでした。

とてもめずらしい理由ですが、その役割が不要になったということは、椎名林檎さんがスランプを脱したということでしょう。

が、それなのに東京事変が復活することについては、伏線があったといいます。

解散したのが2012229日の閏日だったのですが、その後、2016年という閏年に一夜限定ながら復活していたのです。

そして2020年の復活も、229日の閏日だったため、伏線があったといわれていたのですね。

これらが偶然ではなかったとすると、解散時から再結成を視野に入れていたことになるため、解散理由との矛盾が生じますが、今後、詳細が明らかになればいいですね。


東京事変は、思っていた以上に、ミステリアスなロックバンドだったのですね。

そこのところは椎名林檎さんもいっしょですが。

とにかく、あらたな幕を開ける東京事変の展開を、椎名林檎さんともども見守っていきましょう。

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です