オードリータンの経歴学歴|職業や年収と両親の年齢や仕事|IQ180の凄さと真偽を調査

オードリータンのロゴ画像有名人

今回は、台湾の政治家であるオードリー・タンさんという人物をご紹介していきたいと思います。

実は、オードリー・タンさんは、ただの政治家ではなく、天才。

こういうこともあって、そんなオードリー・タンさんの経歴、職業、学歴も気になりますが、こちらはいろんな意味でおどろかざるを得ないものでした。

そこで、オードリー・タンさんの年収がいくらなのかも知りたいですので、調べてみましたよ。

さらにこの記事では、オードリー・タンさんの両親の年齢や仕事、IQ180の凄さと真偽についても、見ていきましょう。

それではさっそく、ご覧ください。

[tagpost id=”610″ num=”20″]

1.オードリータンの経歴|職業と学歴

オードリー・タンさんは、1981418日、台湾出身の39歳歳

台湾の行政院政務委員で、日本の国務大臣にあたり、担当はデジタル。

つまりITを担当する蔡英文政権の閣僚なのでした。

そんなオードリー・タンさんは、なにからなにまで異色ずくめの人物で、その人となりは、見ていておどろきを禁じ得ないものだったのですね。

オードリー・タンさんは、もともとの職業はプログラマーで、19歳だったときに、アメリカのシリコンバレーで会社を設立しました。

以後、IT界において実力を発揮し、世界中で有名な存在となっていった、オードリー・タンさん。

プログラミング言語であるPerl 6を開発し、アップルの顧問に就任したほか、アメリカの『フォーリン・ポリシー』で、2019年のグローバル思想家100人に選ばれることに。

こうして、若くして、台湾のコンピューター界における偉大な10人の中の1人とまで称されるようになったのです。

そして、このような功績によって、オードリー・タンさんは、2016年、当時35歳にして、台湾の蔡英文政権でデジタル担当の行政院政務委員に就任したのでした。

35歳という年齢は、台湾の行政院政務委員としては史上最年少とのこと。

こうした経歴だけでもすごすぎるオードリー・タンさんですが、ただ閣僚になっただけではなく、世界中で流行っているコロナウイルスへの対策でも実力を発揮して、称賛されていたのです。

オードリー・タンさんは、日本でも起こった買い占め現象を防ぐため、マスクの購入を制限したり、購入履歴を管理するなどといった対応にあたって、結果的に台湾では、感染者が少数にとどまるという、めざましい成果を出したのでした。

こんな政治家が日本にもいてくれたらと思わずにはいられませんね。

が、そんなオードリー・タンさんがすごかったのは、キャリアや危機管理だけではありません。

自身がトランスジェンダーであり、最終学歴は中学中退だったのです。

心は女性でありながら、体は男性として成長していったとのこと。

その対応については、2005年、男性から女性への性転換をスタートさせたとのこと。

また、最終学歴は中学中退とはいえ、その後、ドイツに留学して学んでいますが、いずれにしましても、実際の頭脳と学歴は必ずしも同一ではないことをあらわした顕著な例だといえるでしょう。

このように、とにかく、オードリー・タンさんは特筆すべきことが多く、表現がまだまだ足りないような、そんな人物だったということですね。

2.オードリータンの年収

さて、こんなオードリー・タンさんの年収はどれくらいだったのでしょうか。

IT長者以外の何物でもないかと思いきや、以外にも、その実態は異なっていました。

調べてみてビックリだったのですが、なんと、700万円くらいだったというのです。

日本の一流企業のサラリーマンのほうが高いですから、なかなか信じられませんよね。

でも、もともと台湾では、平均年収は200万円くらいのため、高収入であることに変わりはないようですよ。

3.オードリータンの両親の年齢や仕事

オードリー・タンさんのような天才となれば、両親のことも気になってくるところ。

はたして、個人情報は分かっていたのでしょうか?

父親は唐光華さん、母親は李雅卿さんといって、年齢は不明ながらも、職業はジャーナリストだったとのこと。

オードリー・タンさんは、幼少時からコンピューター好きで、12歳からPerlを学び出し、14歳で中学を中退したといいますから、両親はきっと、子供への理解が高かったのでしょうね。

4.オードリータンのIQ180の凄さと真偽

オードリー・タンさんは、天才的な人物だったわけですが、なんと、IQ180という、文字通りの大天才といわれていたのでした。

なんともすごい限りですが、その真偽はどうなのでしょうね。

これについては、本人が質問に答えていますが、成人後のIQを議論することは無意味とのこと。

謙遜なのか、否定なのかはともかく、オードリー・タンさんは、9歳にしてコンピューターのプログラムを書いていたといいますから、いずれにせよ凡人ではないことは確かでしょう。

[tagpost id=”610″ num=”20″]


もしあなたがこの記事でオードリー・タンさんのことを初めて知ったとしたら、目からウロコだったのではないでしょうか。

こんな人が存在すること自体が奇跡的だといえますからね。

日本にもIT界に天才的な人物はいると思いますので、政府が人材を積極登用することに期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました