映画、ドラマ、アニメが31日間無料│ドラマ見逃したらこちらへ

コクリコ坂からの風間と海はその後付き合ったのか考察|ネタバレあらすじと声優キャスト

コクリコ坂からのカバー画像

アニメ映画『コクリコ坂から』は、2011年に公開されたスタジオジブリ作品です。

スタジオジブリ作品といえば、宮崎駿監督作品のイメージが強いものの、本作は宮崎吾朗監督作品で、アニメ映画『ゲド戦記』に続くかたちとなっていました。

そこで、アニメ映画『ゲド戦記』も名作だっただけに、アニメ映画『コクリコ坂から』がどういった内容だったのか、ご存知ない方のために、ご紹介していきたいと思います。

それではさっそく、アニメ映画『コクリコ坂から』の声優キャスト、あらすじ、ネタバレ、風間俊と松崎海はその後付き合ったのかを、それぞれ確認していきましょう。

1.アニメ映画『コクリコ坂から』の声優キャスト

アニメ映画『コクリコ坂から』の声優キャストのうち、主人公の松崎海役を演じているのは長澤まさみさんです。

長澤まさみさんは、198763日、静岡県の出身で、20208月現在の年齢は、33歳となっていました。

これまでに出演してきた映画には、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『海街diary』、『銀魂』、『キングダム』、『コンフィデンスマンJP』などがあります。

その他、松崎花役は竹下景子さん、松崎空役は白石晴香さん、松崎陸役は小林翼さん、松崎良子役は風吹ジュンさん、風間俊役は岡田准一さん、風間明雄役は大森南朋さん、北斗美樹役は石田ゆり子さん、広小路幸子役は柊瑠美さん、小野寺善雄役は内藤剛志さん、水沼史郎役は風間俊介さん、徳丸役は香川照之さん、悠子役は手嶌葵さん、信子役は冠野智美さん、全校討論会壇上の発言者役は桝太一さん、徳丸ビル受付係役は藤巻直哉さん、徳丸の秘書役は伊藤綾子さん。

役名がない声優キャストには、さらに、村山喜彦さん、菅谷大介さん、藤田大介さん、増岡裕子さん、蟹江一平さん、石田圭祐さん、金沢映子さん、藤側宏大さん、清水圭吾さん、木津誠之さん、西岡野人さん、柳橋朋典さん、亀田佳明さん、斉藤祐一さん、吉澤宙彦さん、植田真介さん、城全能成さん、寺尾たかひろさん、嶋田翔平さん、田中宏樹さん、反田孝幸さん、上川路啓志さん、原田大輔さん、高塚慎太郎さん、加藤満さん、玉野井直樹さん、粟野史浩さん、松尾勝久さん、佐川和正さん、神野崇さん、茶花健太さん、前田一世さん、宮下ともみさん、下池沙知さん、金松彩夏さん、館めぐみさん、坂田真裕子さん、杉浦慶子さん、菊池啓介さん、木山廉彬さん、永尾斎さん、國松卓さん、佐藤俊介さん、酒井扇治郎さん、翠真平さん、橘洋司さん、相馬一貴さん、千葉勇佑さん、櫨山俊介さん、石黒光さん、藤井和馬さん、真鍋良彦さん、諸岡貴人さんがいました。

2.アニメ映画『コクリコ坂から』のあらすじ

物語の舞台となっていくのは、1960年代の横浜です。

松崎海は高校生で、コクリコ荘というところを盛り上げていました。

そんな松崎海は、父親が朝鮮戦争で亡くなっていたため、船員だった父親のために、いつも庭に旗を揚げていたのです。

そんななか、高校の学級新聞に、旗を上げる少女の詩が掲載されたことによって、松崎海は、自分じゃないかと期待することになるのでした。

さて、松崎海の高校では、男子文化部の部室棟であるカルチェラタンが老朽化したことで、取り壊すべきか否か、議論がなされています。

そんななか、松崎海は、学級新聞で取り壊しに反対する記事を書いていた風間俊と出会って、やがてともに惹かれていくようになるのでした。

3.アニメ映画『コクリコ坂から』のネタバレ

結局、カルチェラタンは取り壊されないことに決まりました。

理事長の徳丸がカルチェラタンにやって来たうえで約束してくれたのです。

松崎海の高校は喝采に包まれました。

さて、松崎海と風間俊は、風間俊のことを昔からよく知っていたという人物が近くにいると知り、港にあった船に行きます。

相手はその船の船長で、小野寺善雄という男性。

松崎海の父親と風間俊の父親とは親友でした。

そして松崎海はそれ以降も、庭に旗を上げ続けることにするのでした。

4.アニメ映画『コクリコ坂から』の風間と海はその後付き合ったのか考察

さて、アニメ映画『コクリコ坂から』のストーリーといえば、風間俊と松崎海の関係も気になるところ。

はたして、風間俊と松崎海は、交際することになったのでしょうか?

結論からいうと、劇中において、風間俊と松崎海の関係がどうなったのかは描写されておりません。

したがって、その後どうなったのかは分からないわけですが、両想いのうえ、告白もしていることから、交際に発展したものとみていいでしょう。

出来れば、ここの描写も見てみたい気がしますね。


アニメ映画『コクリコ坂から』は、スタジオジブリ作品のなかでも、とくに文化性が高い内容でした。

これまでに観てこなかった方は、ぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

2020821日、2100~、日本テレビ系の『金曜ロードSHOW!』で放送されますので、ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です