>> 【注目】本は聴こう!今なら無料トライアル!詳しくはこちらをクリック <<

天才 二階堂ふみはどんな人?オーディションでヒロインを勝ち取り続ける稀代の女優

天才二階堂ふみ

NHK連続テレビ小説「エール」のヒロイン役「二階堂ふみ」さん。二階堂ふみさんといえば、天才的な感性を持っていると話題になりました。

最近では、「歌がうまい」とSNS等で噂になっています。

 

今回は天才「二階堂ふみ」さんのプロフィールや出演歴についてお話していきます。

1.二階堂ふみさんのプロフィール

芸名:二階堂ふみ(ニカイドウ フミ)

出身地:沖縄県

生年月日:1994年9月21日(2020年現在 26歳)

身長:157cm

血液型:O型

活動期間:2007年~

所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

二階堂ふみさんは音楽好きで16歳の頃に「ガラスの十代」を聞いて以来、「光GENJI」のファンになりグッズを集めているそうです。この他にも洋楽も聞きますが、ももいろクローバーZのファンでもあります。

本人曰く、「アイドルが好きなんじゃない、ももいろクローバーZが好き」なんだそうで、ももいろクローバーZが無名だった頃からライブに通っていたそうです。

2.経歴

二階堂ふみさんが芸能界にデビューする前から女優を夢みてきました。幼い頃、映画が好きな母親に連れられて映画を見た事が女優を志したきっかけになったようです。

彼女がフリーペーパーの「沖縄美少女図鑑」掲載のグラビアに載った時が芸能界デビューでした。この雑誌を見たマネージャーさんが沖縄県にまでスカウトに、、、。

その後、「ニコラ」というローティーン向けファッション雑誌の専属モデルを務め、二階堂ふみさんはファッションモデルとして多くの雑誌や広告に掲載されたのでした。

2007年 日本テレビ系列で放送されたドラマ「受験の神様」に出演し、女優デビューを果たしました。初主演は、2008年 ソニーミュージックプレゼンツ「ケータイ音楽ドラマ「DOR@MO」」の「キミに歌ったラブソング」でした。

2009年 「ガマの油」ではオーディションを勝ち抜き、ヒロイン役として映画初出演となりました。当時は沖縄県から撮影の度に東京に来ていた二階堂ふみさん。高校に進学するのを目処に、上京しました。

2011年 「神聖かまってちゃん」というロックバンドを中心に、若者たちの青春を描いた「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まない」にて映画の初主演を果たしました。

これをきっかけに第3回TAMA映画賞最優秀新進女優賞や第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞などの受賞を果たしました。

また、翌年公開の「ヒミズ」にも出演していたため、共演した染谷将太さんと、第68回ヴェネチア国際映画祭の最優秀新人賞とも言われている「マルチェロ・マストロヤンニ賞」を受賞しました。これは日本人初の受賞でもあります。

2012年から2013年にかけては多くのテレビドラマや映画に出演していたため高校3年生だった二階堂ふみさんは大学受験を断念します。しかし、その分多くの受賞を果たしました。

大学も一浪で無事合格されました。

2016年 金曜ロードショー特別ドラマ「がっぱ先生!」でテレビドラマ初主演を務め、2018年には大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛の2人目の妻を演じました。その時、主演の鈴木亮平さんから「感性のバケモノ」と評されていました。

2019年 フジテレビ系列で放送されたドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」にて連続ドラマ初主演を務めました。

徐々に活躍の場が増えている二階堂ふみさん。今度の活躍に期待したいですね!!

3.朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」はNHK連続テレビ小説第102作目の話になります。

あらすじは、主演の窪田正孝さん演じる老舗呉服屋さんの跡取り息子「古山祐一」は幼いころは内気で取り柄がない子供でしたが、音楽と出会い作曲の才能を伸ばしていきます。

その後、二階堂ふみさん演じる「関内音」と出会い、めでたく結ばれます。

時代は平和なものから戦争の波にのまれていきます。古山夫妻は、様々な苦難に立ち無才ながらも、音楽を使い人々を元気づけていくのでした。

4.歌も上手い!

朝ドラ「エール」では演者さんが歌うシーンが多く見られます。この歌うシーンは演者さん本人が実際に歌っています。

二階堂ふみさんも「関内音」という歌手を目指している学生を演じているため歌うシーンは沢山ありました。するとSNSでは二階堂ふみさんの噂で持ちきりになりました。

「歌が上手い!」「歌の経験あるのか?」なんてことから「あんまり上手くない」といったコメントが寄せられていました。実際のところはどうなのでしょうか。

二階堂ふみさんの音楽歴は朝ドラ「エール」からではありませんでした。2014年の「日々ロック」という映画ではトップアイドル「宇田川咲」役を演じていました。

また、大河ドラマ「西郷どん」に出演した際は「島唄」を歌っていました。二階堂ふみさん自身も「とても難しかった」とお話していましたが、その歌はとてもお上手でした。

歌の場面の度にボーカルレッスンを積み重ねていたそうで、今回の「エール」オーディションの時も相当なレッスンを受けたようです。

そして、見事に2000人以上の応募から合格を勝ち取りました。

引用:maidigitv(https://www.youtube.com/c/maidigitv)

さて、ここまで二階堂ふみさんについてお話してきましたが、 「歌が上手い」のも「歌の経験がある」のも本当でしたね。

知ってました?

なんと0円で、当サイトでご紹介した作品を視聴する方法があるんです!!

それはネット配信サイト・ネットレンタルの無料トライアルを利用することです。

 

 

無料トライアル期間中に解約してもお金はかかりません!!

対象の作品だけでいいという方は、作品を見てから無料トライアル期間中に解約をするようにしてください。

 

 

作品ごとにサイトが異なるため、当サイトで調べておきました!!

なお作品への直接リンクではない場合にはアクセス先のサイトで作品名で検索をすることでご利用いただけます。

 

>>無料で「エール」を見る

>>無料で「日々ロック」を見る

>>無料で「受験の神様」を見る

>>無料で「ガマの油」を見る

>>無料で「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まない」を見る

>>無料で「ヒミズ」で見る

>>無料で「がっぱ先生!」を見る

>>無料で「西郷どん」を見る

>>無料で「ストロベリーナイト・サーガ」を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です