おうち時間充実してますか?|映画、ドラマ、アニメが今なら31日間無料で視聴できます!詳しくはこちら!

パンデミックの意味や定義と過去の歴史|関連映画のおすすめリストも調査

パンデミックのロゴ画像

2020年に入ってからというもの、連日、新型コロナウイルスのことで、話題が一色に染まっていますよね。

さて、そんななか、WHO2020311日、パンデミック宣言なるものを出したことが注目されています。

それでは、このパンデミック宣言とは、いったい、どのような意味、定義があったというのでしょうか。

そこでさっそく、過去のパンデミックの歴史についても、調べてみました。

さらに、この記事においては、パンデミックに関連した映画としておすすめしたい、『カメラを止めるな!』、『感染』、『感染列島』の3作についても取り上げていきますので、こちらもあわせてご覧ください。

新型ブニヤウイルスを伝搬する可能性があるマダニの画像新型ブニヤウイルスの原因や人から人へうつるのか感染方法とルートを調査福士申樹の経歴|入所日やMADE加入経緯と解散後のソロ活動内容|グループに所属しない理由坂本勇人の彼女のロゴ画像坂本勇人の彼女や結婚相手|髪型遍歴と私服画像|弟二人のイケメン顔写真三菱UFJ銀行の学生バイトの期間や時給と給与支払い日から仕事内容と勤務地まで調査古森重隆富士フイルム会長の経歴|年収やV字回復の方法とアビガン製造のきっかけを調査鈴木直道北海道知事のロゴ画像鈴木直道北海道知事の経歴学歴|嫁と子供の名前と顔画像|年齢や夕張市長時代の逸話田崎史郎の経歴学歴|職業と年収と評判に自宅の場所|安倍の犬と言われる理由を調査西浦博士教授のロゴ画像西浦博教授の経歴学歴|年齢や自宅と結婚相手|あだ名の8割おじさんの由来と名付け親アビガンのロゴ画像アビガンはどこで買える?処方する病院や新型コロナへの効果と飲んではダメなケースを調査三鴨廣繁のロゴ画像三鴨廣繁教授の医師経歴と学歴|勤務先の病院や評判と出演テレビ番組から妻や子供の有無までラジバンダリ西井の経歴|嫁や子供とダブルダッチ元相方の現在|芸風をものまね動画で確認住吉美紀アナの経歴|元旦那との離婚原因は性格のクレーマー体質か|現夫との馴れ初めと子供赤江珠緒アナのロゴ画像赤江珠緒と夫(報道ステーションディレクター)との馴れ初め|子供の年齢や若い頃の顔画像石田純一の沖縄のお店「J-chan冷麺」のロゴ画像石田純一の沖縄の店J-chan冷麺の場所や東京からの行き方と従業員数に客席数を調査石田純一と東尾理子のロゴ画像石田純一と東尾理子の馴れ初めや長谷川理恵との現在の関係|不倫は文化と言ってない件の真相石田純一のロゴ画像石田純一の経歴|家系図ですみれといしだ壱成の関係を確認|松原千明と星川まりとの時系列片岡篤史のロゴ画像片岡篤史の経歴|嫁や子供の名前と年齢に藤原紀香との関係|現役時代の成績や年俸と応援歌与座よしあきのロゴ画像与座よしあきの経歴|嫁の米田弥央との馴れ初め|所属事務所や芸風と元ホームチーム相方の現在報道ステーションのロゴ画像報道ステーションの代わりの番組は?ドラマ再放送と映画と別のニュース番組を検証森川夕貴のロゴ画像森川夕貴アナの経歴学歴|出身地や実家の場所と両親等の家族構成|May J.との激似比較画像

1.パンデミックの意味や定義と過去の歴史

2020311日、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、新型コロナウイルスがパンデミックであると宣言しました。

では、このパンデミックとは何なのでしょうか?

パンデミックの意味とは、「世界的な大流行」です。

こう聞けば、とても怖い気もしますし、実際に死者も多数、出てしまいましたが、もちろん、人類が絶滅するようなレベルというわけではありません。

後述しますが、WHOがパンデミック宣言をしたのは、今回が初めてではなく、過去には沈静化したこともありましたから、慌てないでいただきたいものです。

さて、このパンデミックの定義ですが、決まったものはなく、複数存在しました。

特定の病気が一つの国や全世界で流行すること、被害がひどい状況を想定しての全世界での感染症の流行、などなど。

いずれにしましても、病気、とくに感染症がある程度流行するということに変わりはないようですね。

一方、このパンデミックの過去の歴史なのですが、記憶に新しいところでは、20022003年のSARS20092010年の2009年新型インフルエンザがあります。

もっとも、2009年新型インフルエンザにはともかく、SARSには、WHOはパンデミック宣言をしていません。

ご覧のように、いずれも1年で収束していますから、新型コロナウイルスも一刻も早く事態が打開されることを祈りましょう。

2.パンデミックの関連映画『カメラを止めるな!』

パンデミックの関連映画といえば、まっさきに連想されるのは、2017年の上田慎一郎監督作品『カメラを止めるな!』ではないでしょうか?

ずばり、近年の日本のゾンビ映画の代表格です。

舞台となるのは、どこかの廃墟。

ここにて、ゾンビ映画の撮影が進行していました。

しかし、そこの建物には、旧日本軍が実験で死体を復活させていたという、にわかには信じられないような都市伝説がささやかれていたのです。

そんななか、監督はキャストの1人である女優の演技に納得がいかず、イライラしていきました。

ところが、この後、予測不能な異常事態が発生してしまいます。

なんと、カメラマンがゾンビ化してしまって、スタッフが次々に死んでしまったのでした。

このような状況下にありながら、監督は正気を失っていって、撮影をやめるどころか、一連の様子を撮影し続けるのでしたが

本作にはこのあと、大どんでん返しがありますので、ご自身の目で確かめてください。

3.パンデミックの関連映画『感染』

続いては、やや昔の作品になりますが、パンデミックの関連映画ではぜひ、観ておきたい、『感染』。

2004年に公開された清水崇監督作品です。

環境が極限状態にあった古びた病院にて、医師やスタッフたちが、ひどい労働を強いられていました。

さて、全身を火傷している患者の容体が悪化してしまって、医師たちはなんとか救おうと尽力したものの、残念ながら、医療ミスを起こしてしまって、患者はそのまま助かりませんでした。

しかしながら、医師たちは、自分たちに責任が及ぶことを恐れて、事実を闇に葬り去ることに。

すると、正体不明のウイルスに侵された急患が搬送されてきます。

やがてこの急患のウイルスが病院中を襲っていき、現場はすっかり地獄絵図と化していくのでした。

4.パンデミックの関連映画『感染列島』

最後にご紹介させていただくパンデミックの関連映画は、『感染列島』。

2009年に公開された瀬々敬久監督作品です。

病院に急患が搬送されてきました。

新型インフルエンザが疑われ、病院では患者への対処がされていきます。

ところが、結局、どれだけ手をつくしても患者を救うことはできませんでした。

しかも、それだけでは収まらず、患者のウイルスが病院内に広がっていってしまいます。

その後、WHOから派遣されてきた専門家は、このままでは人類が滅亡しかねないという最悪の予想を立てていくのでした。

新型ブニヤウイルスを伝搬する可能性があるマダニの画像新型ブニヤウイルスの原因や人から人へうつるのか感染方法とルートを調査福士申樹の経歴|入所日やMADE加入経緯と解散後のソロ活動内容|グループに所属しない理由坂本勇人の彼女のロゴ画像坂本勇人の彼女や結婚相手|髪型遍歴と私服画像|弟二人のイケメン顔写真三菱UFJ銀行の学生バイトの期間や時給と給与支払い日から仕事内容と勤務地まで調査古森重隆富士フイルム会長の経歴|年収やV字回復の方法とアビガン製造のきっかけを調査鈴木直道北海道知事のロゴ画像鈴木直道北海道知事の経歴学歴|嫁と子供の名前と顔画像|年齢や夕張市長時代の逸話田崎史郎の経歴学歴|職業と年収と評判に自宅の場所|安倍の犬と言われる理由を調査西浦博士教授のロゴ画像西浦博教授の経歴学歴|年齢や自宅と結婚相手|あだ名の8割おじさんの由来と名付け親アビガンのロゴ画像アビガンはどこで買える?処方する病院や新型コロナへの効果と飲んではダメなケースを調査三鴨廣繁のロゴ画像三鴨廣繁教授の医師経歴と学歴|勤務先の病院や評判と出演テレビ番組から妻や子供の有無までラジバンダリ西井の経歴|嫁や子供とダブルダッチ元相方の現在|芸風をものまね動画で確認住吉美紀アナの経歴|元旦那との離婚原因は性格のクレーマー体質か|現夫との馴れ初めと子供赤江珠緒アナのロゴ画像赤江珠緒と夫(報道ステーションディレクター)との馴れ初め|子供の年齢や若い頃の顔画像石田純一の沖縄のお店「J-chan冷麺」のロゴ画像石田純一の沖縄の店J-chan冷麺の場所や東京からの行き方と従業員数に客席数を調査石田純一と東尾理子のロゴ画像石田純一と東尾理子の馴れ初めや長谷川理恵との現在の関係|不倫は文化と言ってない件の真相石田純一のロゴ画像石田純一の経歴|家系図ですみれといしだ壱成の関係を確認|松原千明と星川まりとの時系列片岡篤史のロゴ画像片岡篤史の経歴|嫁や子供の名前と年齢に藤原紀香との関係|現役時代の成績や年俸と応援歌与座よしあきのロゴ画像与座よしあきの経歴|嫁の米田弥央との馴れ初め|所属事務所や芸風と元ホームチーム相方の現在報道ステーションのロゴ画像報道ステーションの代わりの番組は?ドラマ再放送と映画と別のニュース番組を検証森川夕貴のロゴ画像森川夕貴アナの経歴学歴|出身地や実家の場所と両親等の家族構成|May J.との激似比較画像

以上、パンデミックと、その関連映画について、見てまいりました。

映画はもちろん、今回のWHOのパンデミック宣言とは、まったく関係ございません。

参考程度に鑑賞していただいたとしても、あまりにも深刻に考える必要はないですので、ご安心を。

ともあれ、早期の新型コロナウイルスの終息宣言に期待したいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です