おうち時間充実してますか?|映画、ドラマ、アニメが今なら31日間無料で視聴できます!詳しくはこちら!

西山嘉克の家族構成|嫁2人との馴れ初めや子供6人はどっちが母親か調査

西山嘉克のロゴ画像

2020531日、13:4014:35、フジテレビで、『ザ・ノンフィクション 家族のカタチ~ふたりのお母さんがいる家~』が放送されることになっています。

タイトルに思わず目を惹かれますが、文字通り、この番組で取り上げられるのは、お母さんが2人存在するという、異色の家。

ドラマのストーリーならともかく、実話だといいますからビックリですが、どういう家庭なのでしょうか。

ここでは、そんな家族の主である西山嘉克さんを取り上げていきたいと思います。

西山嘉克さんの驚異の家族構成、嫁2人との馴れ初めを見ていきましょう。

子供6人は、嫁2人のうち、どっちが母親なのかも調べてみました。

1.西山嘉克の経歴

西山嘉克さんは、生年月日、出身地は明らかになっていません。

在住しているのは佐賀県で、世界のいやさか村というところ。

気になる西山嘉克さんの職業ですが、言霊師という、あまり聞きなれない、めずらしい感じのものでした。

具体的な職業内容は、インスピレーションを感じた言葉を独自の詩にした「いのちの詩」を手掛けるというもの。

色紙、屏風、看板、のれん、日めくりカレンダー、ポストカードなど、これまでに手掛けてきたものは、数知れずとなっていました。

しかも、西山嘉克さんは、ただ作品を作るだけではなく、日本はおろか、世界中をめぐって、作品を発信し続けていたのです。

ずいぶん、ワールドワイドなクリエイターだったのですね。

商品のイメージとしては、独特のメッセージにもとづいて作られた書画といった感じでした。

価格は、色紙が4000円、カラー色紙が6000円、額縁入り色紙が12000円、カラー額縁入り色紙が12000円、屏風が5000円、カラー屏風が7000円といったところです。

ほか、西山嘉克さんは、いのちのセッションというものも実施していました。

こちらは、60分につき20000円で、作品までセットになっているとのこと。

しかも、作品送料に1000円を足した額から、電話によるセッションも実施しているとのことでした。

そうとうサービス精神が旺盛な感じですから、ファンにはたまらないような内容といえますね。

このように、西山嘉克さんは、創作とヒーリングをあわせた独特の活動を展開してきたわけでした。

しかし、独特といえば、西山嘉克さんは、仕事だけではなく、家庭のほうも、さらに目をみはるような感じになっていたのです。

いったい、どういうことなのかについては、これからじっくり取り上げていきますので、ぜひ、ご覧ください。

2.西山嘉克の家族構成

仕事をはるかに超えるような西山嘉克さんの独特なものとは、その家族構成なのでした。

どなたであってもご存知であるように、日本では一夫一婦制となっており、重婚はできません。

ところが、西山嘉克さんには、嫁が2人もいて、一般的な重婚でも不倫関係でもなく、あくまでもふつうの家族として成り立っていたというのですね。

にわかには信じられませんが、家族構成は、本人にくわえ、れっきとした嫁が2人、おまけに、子供はなんと6人というもので、トータル9人家族。

それでは、そんな西山嘉克さんの嫁、子供について、引き続き、迫っていきましょう。

3.西山嘉克の嫁2人との馴れ初め

西山嘉克さんの2人の嫁とは、どういった人たちだったのでしょうか。

1夫人はゆかりさん、第2夫人は裕子さんといいます。

馴れ初めは不明ですが、西山嘉克さんは、まず、ゆかりさんと結婚したものの、裕子さんにもほれてしまったとのこと。

その後、トラブルにならないよう、3人で話し合った結果、2人とも嫁としていっしょにやっていくという、おどろきの決着を見ることになりました。

しかし、法的に重婚はできないため、西山嘉克さんは、ゆかりさん、裕子さんと、それぞれ、結婚、離婚という手続きを踏み、法的にはみんな独身状態というかたちの事実婚をしていたのですね。

このような婚姻形態(?)はあまり聞きませんので、衝撃的でしょう。

が、西山嘉克さんは、ゆかりさん、裕子さんとのあいだに、それぞれ別々に子供ももうけていたといいますから、さらに驚愕なのでした。

4.西山嘉克の子供6人はどっちが母親か

西山嘉克さんの6人の子供たちとは、それぞれ、母親はどういった感じになっていたのでしょう。

ゆかりさんの子供は、天晴、弥栄といい、裕子さんの子供は、涼英、泰地、ひより、仁人といいます。

このうち、涼英という子供は、裕子さんの連れ子とのこと。

みんなでいっしょに入浴している画像がありますが、実に壮観ですね。

賛否両論はありそうですが、それはともかく、みなさん和気あいあいとしていて、実に家庭円満な感じでした。


西山嘉克さんは、クリエイターとしても、旦那としても、父親としても、魅力的な人ですね。

いずれも、ふつうの人にはまねできないような生き方ですから、男性であっても、女性であってもあこがれてしまいそうです。

2020531日は、『ザ・ノンフィクション 家族のカタチ~ふたりのお母さんがいる家~』をお見逃しなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です