半沢直樹が一挙配信中!今なら2週間無料で視聴!詳しくはこちら!

チクリン鉄拳プロの格ゲー経歴|パキスタン遠征結果と世界大会の優勝賞金を調査

みなさんは、チクリンさんというプロゲーマーのことをご存知でしょうか?

チクリンさんは、格闘ゲームの鉄拳で活躍しているプロゲーマーで、なんと、世界王者にまでなったという、ただものではない人物でした。

そこで、ここでは、そんなチクリンさんについて、さまざまなことを取り上げていきたいと思います。

はたして、チクリンさんとは、どのような経歴の持ち主だったのでしょうか?

チクリンさんのパキスタン遠征の結果がどうなっていたのかや、世界大会について、そして世界大会における優勝賞金がいくらだったのかも調べてみましたので、ご覧ください。

1.チクリン鉄拳プロの格ゲー経歴

チクリンさんは、格闘ゲームの鉄拳で活躍しているプロゲーマー。

2020年6月8日、22:00~22:45、NHKで放送される『逆転人生』に登場する予定となっています。

この回の『逆転人生』のテーマは、「eスポーツ大逆転!長崎のゲーセンから世界に挑む」というもの。

ずいぶん変わった印象を受けますが、その内容は、チクリンさんが目の前に登場してきた世界中のプロゲーマーたちとデッドヒートを繰り広げてきたようすを伝えていくというものになっていました。

出演者は、ゲストがチクリンさん、司会が山里亮太さん、杉浦友紀さん、その他、関根勤さん、佐藤かよさんなどとなっています。

まず、プロゲーマーという職業自体におどろきですから、チクリンさんの経歴がとても興味深いところでしょう。

そこで、これからさっそく、確認していきたいと思います。

チクリンさんは、1988年2月3日、長崎県の出身で、2020年6月現在の年齢は、32歳となっていました。

本名は「嵩裕太」です。

子供だったころからゲーム好きだったというチクリンさんは、ゲームセンターで鉄拳の修業に勤しんできたとのこと。

あまりにもゲームの世界に没頭するがあまり、高校を中退するという、熱の入れようだったとか。

2016年から、プロゲーマーとしての活動をスタートさせるものの、当初はなかなかうまくいかなかったという、チクリンさん。

しかし、チクリンさんは、逆境にあっても、けっしてあきらめることなく、MASTERCUP TRY TOKYO 2018に出場して、見事、優勝。

同年には、日本eスポーツ連合のプロライセンスを取得することとなって、プロゲーマーとして頭角を現すこととなったのですね。

その一方で、チクリンさんは、2019年には、ひぐちグループ遊ING営業部に入社し、会社勤めをしながら、引き続き、プロゲーマーとしても活躍を見せていたのでした。

これまでにチクリンさんが鉄拳で優勝してきた大会は、数え切れないくらいになっています。

続いては、そんなチクリンさんのパキスタン遠征の結果がどうなっていたのかについて、見ていくことにしましょう。

2.チクリン鉄拳プロのパキスタン遠征結果

このように、チクリンさんは、プロゲーマーとして、鉄拳で活躍していたわけですが、とくに注目されていたのが、パキスタン遠征でした。

パキスタン遠征は、2019年7月23日~7月28日に実施され、チクリンさんのほか、やはりプロゲーマーの黒黒さんが、パキスタンのプロゲーマーたちと熱いバトルを展開しています。

さて、そんなパキスタン遠征の結果ですが、1日目は2勝4敗、2日目は4勝1敗、3日目は1勝1敗、4日目は5勝1敗。

つまり、総合では12勝7敗となっていました。

なお、チクリンさんの順位は、19人中7位というものになっています。

海外まで遠征して戦って、この結果を出すとは、チクリンさんもさすがですよね。

3.チクリン鉄拳プロの世界大会

そんなチクリンさんですが、世界大会での活躍も話題になっています。

ゲームにも、世界大会というものがあったことに、まずはおどろいてしまいました。

さて、そんなチクリンさんが出場した世界大会とは、2019年に実施されたTEKKEN World Tour 2019 Finals。

TEKKEN World Tour 2019 Finalsはタイで行われ、チクリンさんは見事、優勝を決めていました。

チクリンさん同様、戦いに挑んだのは、2位のUlsanさん、3位のKneeさん、4位のAnakinさんなど。

当然のことながら、みんな猛者ぞろいですから、いかにチクリンさんがすごいのかを再認識させられますよね。

4.チクリン鉄拳プロの世界大会の優勝賞金

それでは、TEKKEN World Tour 2019 Finalsで見事、優勝を勝ち取ったチクリンさんは、優勝賞金は、いくらくらいゲットしたというのでしょうか?

それは、なんと、5万ドルという、途方もない額でした。

ちなみに、2位のUlsanさんは3万5000ドル、3位のKneeさんは2万5000ドル、そして4位のAnakinさんは2万ドルとのこと。

やはり、この賞金の額をみても、チクリンさんのその圧倒的な存在感を認めざるを得ないでしょう。


プロゲーマーという職業自体、なかなかなじみがありませんから、こういう世界があったということが、まず、衝撃的ですよね。

それに、好きなゲームのプレイでこれだけ稼げるとは羨ましい限りでしょう。

なにはともあれ、チクリンさんのさらなる飛躍を願いたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です