>> 【注目】本は聴こう!今なら無料トライアル!詳しくはこちらをクリック <<

二階堂ふみ どうやって歌がうまくなったのか?実は地道な努力のたまものだった!?

二階堂ふみ歌うまい

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第102作「エール」で、作曲家古関裕而の妻・金子さんをモデルにしたヒロイン・古山音を演じている二階堂ふみさんが歌声を披露し、その歌声がすごいと話題になっています。

古関裕而の妻・金子さんは、声楽の才能がありオペラ歌手を目指し、結婚後に音楽学校の声楽部に編入した方です。
今回は、二階堂ふみさんの歌声について朝ドラ「エール」での評判や、過去に出演した番組や映画などからも紹介したいと思います。

1.【驚愕】朝ドラ「エール」ヒロインの二階堂ふみの歌声がすごい!!歌声を披露した回とは?

 

朝ドラ「エール」で5月25から29日にかけて放送された「東京恋物語」の中でヒロイン・古山音を演じている二階堂ふみさんはオペラのハイトーンを自身の声で披露しました。

二階堂ふみさんが歌声を披露した「東京恋物語」のあらすじは、音楽学校で記念公演の2次審査が行われ、最終選考で音と千鶴子(小南満佑子さん)が残りましたが、審査終了後に音は憧れの双浦環(柴咲コウさん)から厳しい言葉を投げかけられ落ち込みます。
久志が「椿姫」の世界を理解するようアドバイスし、音は男女の社交場でもあるカフェで女給として働きながら勉強することを決めます。カフェで働き始めた音は、先輩の女給・希穂子(入山法子さん)と交流していく中で、希穂子と村野鉄男(中村蒼さん)が元恋人同士だったことを知ることになります。
数日後、記念公演の最終選考会が開かれました。音は村野鉄男と希穂子の切なすぎる悲恋と「椿姫」の薄幸の娼婦と青年貴族との許されない悲恋がシンクロし、その想いを胸に抱え涙を溢れさせながら椿姫を歌いきりました。夕方帰ってきた裕一に、音は満面の笑みで「椿姫」のヴィオレッタ役に選ばれたことを伝えるという内容です。

二階堂ふみさんは「音楽学校で行われる記念公演出演をかけたオーディションのシーンは、かなり気合を入れて歌いました。練習も沢山しましたし、もう少しうまく歌えたんじゃないかと、悔しさもまだ残っています。歌に関しては、昨年の夏辺りからレッスンを始めました。自分の体が楽器になるという全く経験がないことだったので、毎回学びがあってとても楽しいです。練習時間を設けていただきながら、歌うシーンの前は声帯を開くためにスタジオでも声出しをしていて、毎回120%の力でやったつもりでも納得できなかったり、自分の技術が追いついていかないところがあったり、難しいなと思う部分もありました。ですが、そういう姿も反映することができる、成長していく役でもありますので、設定と周りの方々に助けていただきながら歌のシーンに挑んでいます」とコメントしています

視聴者からは「二階堂ふみさんってこんなに歌唱力高かったんだ」「二階堂ふみさん、かなり前からボイトレ頑張ったみたいだけど、素直な歌い方して好きだな」との声があがっています。

二階堂ふみさんの歌声は、ミュージカル女優と比べると、プロ並みにうまいとはいえないのかもしれませんが、練習をつんだり、成長していく役にのせた歌を伝えようという気持ちが歌声にあらわれるのは素晴らしいと思います。

2.朝ドラ「エール」ヒロインの二階堂ふみはどうして歌がうまくなったの?

 

二階堂ふみさんは沖縄出身であることから「戦前・戦中・戦後にわたる物語という部分に特にひかれました。悲しい時代を経て今の明るい日本を作った人たちを、役者として表現できたらという気持ちがありました。それから沖縄で戦争を経験した私の祖母に見てもらいたい」という思いがありオーデションに参加したそうです。

オーデション参加総数2802人の中から朝ドラ「エール」のヒロイン・関根音役を勝ち取った二階堂ふみさんですが、実は役に向けて一生懸命に努力していたことが分かっています。

二階堂ふみさんがオペラ歌手を目指し、才能あるヒロインの音を演じるには、本人の歌唱力も重要なポイントになります。二階堂ふみさんは過去に「歌が下手」といわれたこともあったそうで、選ばれたときには不安視する声もありました。

朝ドラ「エール」では歌うシーンが予定されていたことから、オーディションでは何度も歌の審査があり、通常より難易度が高く厳しいオーディションとなったようですが、二階堂ふみさんは「たくさん練習しました。一次のときは行ったら台本をいただきまして、それをやりました。2人1組で隣にいる女性と姉妹役。2次は事前にいただいた台本のお芝居で、そこで初めて歌を歌うシーンがあった。そこでは「長崎の鐘」を歌わせていただいた。凄く緊張しました」と自主練をして本番に挑んでいたことを明かしました。

また「すごく貴重な経験をさせていただいた。だからこそ、この役を絶対にやりたいと思いました」と役への熱い思いも語っています。

二階堂ふみさんは女優の仕事をこなしながら、発声練習などのボイストレーニングに自腹で通い、歌うために今までと違う発声方法を学び、オーディションに臨みました。
制作側の担当者は「オーディション全部で渾身の演技を見せてくれた。音という役より、音さんがいるかのような感じがした。二階堂さんをおいて他にいない。歌も抜群のできだった。単に歌うだけじゃなくて気持ちを込めて歌っていただいた。グッと来ました」とヒロインに抜擢した理由をのべています。

朝ドラ「エール」での二階堂ふみさんの歌声に関しては視聴者からも「二階堂ふみさん表情がクルクル変わるし歌も上手いし素敵な女優さんだな」「二階堂ふみさん歌上手い。聞き惚れた」と絶賛する声があがりました。

また、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演したときの二階堂ふみさんの歌声も大反響をよびました。二階堂ふみさんは、鈴木亮平さん演じる西郷隆盛が島流しにあった先の奄美大島で出会った生命力溢れる実在の女性「愛加那」役を演じました。

ドラマの中で「島唄」を歌った二階堂ふみさんに、西郷隆盛を演じた主演の鈴木亮平さんからは「感性のバケモノ」と絶賛され、視聴者からも「西郷星を見ながら西郷を思って島唄を歌う愛加那。二階堂ふみちゃんの声の透明感が切なかった」「二階堂ふみという人間が歌ってるんじゃなく、劇中の役から発せられた歌と気持ちと景色なんだな」など、感動した!という声が多くあがっていました。

二階堂ふみさんは、カラオケにもよく行くそうなので、本当に歌うことが好きなのでしょう。「西郷どん」でも「エール」でも二階堂ふみさんの役にかける情熱や意気込みが凄く伝わってくるエピソードだと思います。

3.朝ドラ「エール」ヒロインの二階堂ふみはバラエティ番組でも歌を披露していた!

 

二階堂ふみさんは2016年に「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」パート17にコーナー史上最年少の新メンバーとしてバラエティ番組に初のレギュラー出演をしています。

出演を引き受けた理由について二階堂ふみさんは「知名度を広めたいと思いまして」と答え、2017年の番組卒業のときにも「お芝居の方に集中させていただきたい」とコメントしました。自分の意見をはっきりいえる二階堂ふみさんは素敵だと思います。

二階堂ふみさんは、2017年1月「新春ぐるナイ!ゴチ新メンバー超大物2名発表SP!」にてカラオケでJUDY AND MARYの「そばかす」を披露しました。この時は視聴者から「二階堂ふみさん、歌ヘタすぎませんか?全体的にズレてる」「二階堂ふみ歌ヘタだったけど、可愛いからよし」と多少不評な声もあがりましたが、JUDY AND MARYの「そばかす」が高音が続く難しい曲といわれているので、歌うのに少し大変な部分があったのだと思います。

4.映画「日々ロック」で二階堂ふみがトップアイドルを熱演!

映画「日々ロック」予告編・二階堂ふみが凶暴トップアイドルを熱演

トップアイドル二階堂ふみが歌って踊る!映画「日々ロック」特別映像

「日々ロック」二階堂ふみ演じるアイドル歌手・宇田川咲が歌う「ラブリーサマータイム」

映画「日々ロック」は、さえない高校生活をおくっていた拓郎(野村周平さん)が友人とバンドを結成し、卒業後は舞台を東京に移して伝説のライブハウスで活動を始めるなか、世界的な人気を誇る宇田川咲との出会いによって運命が大きく変わっていく姿を描いています。

二階堂ふみさんが演じる咲は、トップアイドルでありながら相当な酒好きという破天荒な役柄です。二階堂ふみさんが演技で本格的な歌を披露したのは「日々ロック」が初めてとなりますが、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱するシーンもあります。

動画で初披露された咲(二階堂ふみさん)のライブパフォーマンスシーンは、レーザービームが彩る会場で、テクノポップに合わせてダンスや歌で観客を魅了していたり、着用している衣装がきらびやかで物凄く可愛いところが見どころです。

二階堂ふみさんは「お客さんも一緒にのっているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当にのせなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく気持ちよく演じることができました」とコメントしています。

今回は、二階堂ふみさんの歌声について朝ドラ「エール」での評判や、過去に出演した番組や映画などからも紹介しました。バラエティ番組で歌を披露してから朝ドラ「エール」に出演するまで、歌のレッスンを地道に努力してきた結果、二階堂ふみさんの歌唱力は確実にあがっていることが分かりますね。今後の朝ドラ「エール」で歌を披露するシーンがあるのか楽しみにしたいと思います。

知ってました?

なんと0円で、当サイトでご紹介した作品を視聴する方法があるんです!!

それはネット配信サイト・ネットレンタルの無料トライアルを利用することです。

 

 

無料トライアル期間中に解約してもお金はかかりません!!

対象の作品だけでいいという方は、作品を見てから無料トライアル期間中に解約をするようにしてください。

 

 

作品ごとにサイトが異なるため、当サイトで調べておきました!!

なお作品への直接リンクではない場合にはアクセス先のサイトで作品名で検索をすることでご利用いただけます。

 

>>無料で「西郷どん」を見る

>>無料で「エール」を見る

>>無料で「日々ロック」を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です